スマホでなくスマーホ?iPhoneで暮らしをコントロールするスマートホーム実現が今年のWWDCの目玉? #wwdc

WWDCのはなし。

どうやらAppleさんはスマホには飽きたらず
スマートホーム、そう家までもモノにする様子らしい。

スマホならぬスマーホ?なんでしょうかね…w

オヤジギャグの域に入ろうとしているようなこの話題ですが
実際にはそんなにアホくさい話ではなく
クルマのコントトールの次にはやっぱり家だろ!
ということのようで。

家電製品を操る!
という夢の様な話が日本にもかつて有りましたが
冷蔵庫の可視化とかそういうスマート家電的な見地ではなく
調光やテレビのコントロールなど「家」といっても
スイッチングが多い部門からまずは対応をしていくという
塩梅になりそうで。

あと、iBeaconがそのまま使われるようになるのか
Suicaなどの上位にあるNFCが採用されるのかは
まだまだわからないところ。

Apple本社のPOSがらみでNFCが採用されるなんて話もありましたし、
一度「使用しない」と否定したということは、Apple的には採用されるというフラグが立ったのかな?という穿った見方もw

iBeaconなどBluetooth系の技術とNFCの技術は
距離的にはそこまで競合しないのでは?
という気もしますので、採用されたら便利かな?と思うのだけど
NFCは来ないような気がします。(勘ですが)

iPhoneでヘルスケア、とかiPhoneで電気の調光とか
既に実現しているところをOSレベルで対応していくという
ところがWWDCでは発表されるのでしょうけれど
Passbookみたいに、なんとな~く採用しづらい
アメリカ国内向けの規格にならないことを祈るのみ。

 

ネタ元

アップル、iPhoneでスマートホームを実現するソフトウェアをWWDCで発表?

ギズモード・ジャパンさん.

 

コメントは受け付けていません。