Apple創成期のキラキラを今のiPhone iPadに感る。 #nenet

記事を共有

iMac発売のときの驚きはiPod mini発売のときの驚きと喚起によく似ていた。

今感じているこのキラキラ感は、ちょうど20数年前のApple創成期直後の
100万Macを見ていたころに似ているように思う。

Apple自体がなにかイノベーティブなことをはじめようとしているのに合わせ
そのソフトウエアの作り手たちが萌えているからだ。(萌え本来の意味で)

iMacやiPod miniにはそれほど広がりは無かったが、
iPadやMacintosh SEあたりには何かとんでもないことが始まりそうな
そんなドキドキがあるし、自由そうな空気と、その空気を吸って生きてる人がいる。

ネタ元のLife is beautifulさんで見た「あっ、このApp知ってる」っていう
開発者のムービーは何かこうノーブルで、キラキラを感じさせるものがある。


件のビデオ

 

もう一度時代を作ろう。

そんな勢いや熱を感じる。

Andoroid?熱を感じないレプリカント共が横行する時代は
まだやってこないんじゃないかな?(ネタ元に賛同。)

 

 

ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray] レプリカントのことでも勉強しておこうかな。

 

ネタ元
Life is beautifulさん
http://satoshi.blogs.com/life/2010/06/android.html

記事を共有
 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください