【噂】Appleのサブスクサービスの値段がわかってきた。 

記事を共有

風のうわさ。

Appleさんは製品よりもゲームや動画サービスの提供にご執心。

それも日本で言うところの見放題。やり放題。な月額料金固定のサブスクリプションサービスだ。

一つは「Apple TV+」月額9.99ドル(約1,100円)で11月からスタート

もう一つは「Apple Arcade」月額4.99ドル(約600円)

家族6人まで遊べる。

個人的に動画サービスはツール・ド・フランスとアニメ番組が見えればいいのでAmazonプライム・ビデオとJスカイスポーツと好きなゲームを買って遊べば御の字。

無料ゲームを遊んでる層を取り込むことも難しいし有料ゲームを筐体で遊ぶ層を取り込むことも中々シンドイのではないかな?と思ったり。

奥の手としてはApple TV(筐体)のコントローラーをゲームように再デビューさせてゲームマシンとして定義して行くことでしょうか。

音楽のサブスクが当たっているので、その延長と考えるのが正しいのか。

3ヶ月無料とかで攻めてくるのかな?

好きなときに好きなだけ。っていう言葉に乗っけてどんどんサービスを提供してくる感じ。(もちろんクレジットカードから請求は必須)

もしくは、Apple MusicとApple ArcadeとAppleTV+のトリプルパックとか?

パック商品はアリかも知れない。

 

情報源: Apple TV+は9.99ドルで11月に始まる? | ギズモード・ジャパン

情報源: ASCII.jp:Apple Arcade、月額600円で家族も利用可能か|篠原修司のアップルうわさ情報局

記事を共有
 

コメントは受け付けていません。