「iPhone 5c」まだ生産していたのか… #iphone

アップル iPhone 5c 32GB blue/ブルー/青色 docomo/ドコモ
デザインはいいのだが2年間コレで耐えろというのは結構な荒行だったのでは?

2013年に華々しくデビューをした
プラスチッキーなiPhone、iPhone5C。
このほど、2015年に生産終了のお知らせが。

果たして低価格iPhoneの道はここで途絶えるのだろうか?

なぜか「Touch ID」を省略したり、プロセッサも前世代のものだったり。
将来的なテクノロジーのロードマップに水を指すような仕様…
チャームポイントは5色展開だったり、
角張ったデザインが当たり前の時代に丸っこいデザインだったり。
意外とデザイン面では目をみはるところが有ったのだけれど、
友人に聞かれた際など正直どうしたものかって感じで、
新製品なのにオススメしづらい端末でもあった。

更にアメリカさんでは今年の3月には
8Gバイト版が、2年間キャリア縛りありで無料だったり。
(iOS入れ替えとか大変だろうな…)

iPhone 5のマイナーチェンジバージョと捉えると積極的に購入する層がわからないところもあり、メモリ周りとか先程もあげたようにTouch IDを外したりiPhoneの製品ライフサイクルを歪める一員になるのかな?と生暖かく見守っていたのですが、コレにて終了。

調査会社CIRPが発表した調査結果では
2013年第4四半期に売れたiPhoneの内訳は、

iPhone 5sが59%
iPhone 5cは27%

だったとか。

敗因はそこまで安くなかったということでは?

まぁ、Appleに安売りを求めても
あまり興示さないのかもしれないがね。

まぁ、iPhone5C、君のことわ忘れないよ。
さらば、荒野 角川文庫
ネタ元

「iPhone 5c」、2015年に生産中止か–米報道 – CNET Japan.

 

コメントは受け付けていません。