Mac用のアプリ「Final Cut Pro 」がバージョンアップしてホッとしている #mac #app

記事を共有

映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
「Final Cut Pro 」がめでたくバージョンアップだ。

ずっと放置プレイ気味だったけど少しホッとしている。

Mac用写真アプリのApertureがOSX10.10 Yosemiteか
その次辺りで遂に姿を消すなんてまことしやかな噂もあり
Apertureを持っていてFinal Cut Proを仕事でたまにいじる
さとーとしてはここ数ヶ月かなり微妙な気分にさせられていたところだ。

今回のバージョン「 10.1.4 」 の新機能は

 

  • プロビデオフォーマット 2.0 、MXF を
    ネイティブで読込、編集、書き出し可能

  • AVC-Intra の MXF ファイルの書き出しオプション

  • Panasonic の AVC-LongG メディアの
    読み込みおよび編集をサポート

  • 自動ライブラリバックアップの問題を修正

  • Canon 製および Sanyo 製カメラの一部の
    フレームレートのクリップを正しく読み込めない問題を修正

  • App Nap が有効になっているときに
    長時間の読み込みが中断する問題を修正

  • 手ぶれ補正およびローリングシャッターの
    軽減が 240 fps のビデオで正しく動作

など大きな変更というよりはバグフィックスの部分が大きいけど
プロジェクト自体がきちんと進行していて将来的に
プロダクトが延命していくようなのでまぁよしかなと。

本当はプロツールらしく数値入力を元に
ギチギチに決め込んでいくようなインターフェイスとか
書き出しのオプションアプリの機能向上など
大胆な改編を要求したいところだけど
そこまで僕も動画をいじることはないので
まぁこのままiMovie Pro的な立ち位置で問題ないかな?とも。

 
 【国内正規品】 Go Pro ウェアラブルカメラ HERO3+ シルバーエディション CHDHN-302-JP
GoProを3台位装備してスキーとか、学生時代だったら飛びついてたんだろうなぁ。
そういうの編集するためMac買ったりしてたはずが、気づいたらアプリ作ってたでござる。

ネタ元

【MacApp】Apple、MXFファイルにネイティブ対応した「Final Cut Pro 10.1.4」と「Pro Video Formats 2.0」をリリース。(12/3)

Apple Brothers + Mac Newsさん.

記事を共有
 

コメントは受け付けていません。