AppleさんMacOSXの camera RAW をアップデート。 #mac #RAW

カメラの新製品ラッシュがCP+前で一段落しているこのタイミングに
カメラRAWのサポート機種をアップデートしたご様子。

今回の対応機種は

  • Canon PowerShot G7 X
  • Canon PowerShot SX60 HS
  • Fujifilm X100T
  • Nikon 1 J4
  • Olympus PEN Lite E-PL7
  • Panasonic LUMIX DMC-GM5
  • Sony Alpha ILCE-5100

といったところ。

各メーカーがAppleに申請するのを実装するのだとか。

ただ、AppleのCamera RAWは対応機種が
ちょっと微妙で抜け落ちが多い。

特に各メーカーのフラッグシップ機とかを買わない限り
ずーっと対応されないなんてことも。

僕、さとーは鬼っ子な扱いになるカメラが好きなので
たとえば、

PENTAX K-01
PENTAX ミラーレス一眼カメラ K-01ダブルズームレンズキット ブラック/ブラック K-01WZK BK/BK

とか

フジフイルムのXQ1
FUJIFILM プレミアムコンパクトデジタルカメラ XQ1 シルバー F FX-XQ1S
とか

知る人ぞ知る機種を買ってつかい倒すので
Apertureを買ったのは個人的に失敗だったなぁと
毎回アップデートで思う次第。

まぁAppleに非はないはずなんだが、どうにも…。

Lightroomに乗り換えるかなぁ…。

 Adobe Photoshop Lightroom 5.0 日本語版 Windows/Macintosh版
 macの何がヤバイってプロ用を謳ったApertureとどっちがいいのかなぁ。

ネタ元

OS X Yosemite: Supported digital camera RAW formats – Apple Support.

 

コメントは受け付けていません。