SONYも参戦。「どこの書店で買うか?」が電子書籍で問題に。 #nenet

記事を共有

★電子書籍周りがSONYの参戦で暑くなってきました★

iOS周りの電子書籍の購入場所が出揃い始め
中々問題になってきましたね。

雑誌の多いマガストアや
まだ日本語の本が無いAmazonのKindle、iBooksなど。
ボイジャーの理想書店、My本棚、Yahoo!やパブリ、ebookJapanなども。
これに、SONYが加わるカタチですね。(シャープも参戦予定)

書籍アプリて中々問題でビューアーが使いにくいとイライラするし
かといって、勢力的に弱いと新刊が出ないし。

リアル書籍を購入するスタイルも書店やAmazon、ブックオフなど
さまざまになってますが、電子書籍は実際のものがないので
選択しづらいのじゃないかなとも思います。

気になったので今判断できるポイントをあげてみました。

 

★判断ポイント★

・自分が欲しいコンテンツがある。

・使いやすい。

・自分が買った本がどのデバイスでも見れる。

・サービス会社が潰れない。

・自分の好きなデバイスでサービスが受けられる。

・決済がしやすい。

・ユーザーを排除した前科が無い。

 

以上の様な感じじゃないでしょうか?

 

★一生ものを選ぶ★

新しいデバイスが出ても同じライセンスを使い
どのデバイスでも見れるようにしておけば
永久に自分の本棚として使えるし、プラットフォーム戦争に
巻き込まれて、自分の押しているプラットフォームが負けて
プラットフォームごと本がつかえなくなると言う憂き目には
最悪会わないようにしないといけない。
(たとえばSONYなんてClie向けに買ったソフトは全滅ですからね
あと、セガ製品を使ってた人とかも結構えらい目にあってますよね。)

なので、マイナー趣味の人もプラットフォーム選びでは
メジャーどころを選んでおくといいのではと思います。

自分が欲しいコンテンツが提供されてるサービスを
その都度活用するってスタンスもしばらくはいいんですが
ホンネを言うと、利権争いは置いておいて
使いやすいスタンダードな本アプリが出るといいなぁと思います。

今の段階では、どれも及第点じゃないですよね。

 

★単体アプリ本も問題がある★

単体アプリスタイルの本を購入ってのも
一瞬考えましたが、リスクと言う面ではほぼ同じ。
たとえばiOS⇒Androidってなると将来のデバイスプラットフォームを
縛ることに繋がりますし、ある程はじめに腹を決めて
選択をしてしまうと言うのはいいことだと思います。

 

★自炊の先、汎用形式★

汎用形式で情報を提供してくれるところって言うのも
本当はいいかもしれませんね。

いまのところePub形式は日本語対応に微妙ですが
それに変わる形式が出てくればどうにかなるんじゃ?
ともおもいます。

再配布が自由になってしまうと版元はオジャンなので
中々そうもいかないでしょうけれど、所有権が
デバイス間で移行できる汎用形式なんてのが出てくると
中々いいかもしれません。(今はない。)

悩み尽きないところですが、いま、この記事を書いてるさとーは
無料のアプリを読んでいるにとどまっています。

文庫本を読む習慣があるので、ボイジャーの理想書店か
モリサワのMy本棚あたりの本を買おうかと思っています。
(拡大縮小が自由なのっていいですよね。)

ではでは~。

プラットフォーム戦略 プラットフォーム戦略の話が紙ベースという矛盾w

記事を共有
 

コメント

SONYも参戦。「どこの書店で買うか?」が電子書籍で問題に。 #nenet — 1件のコメント

  1. ピンバック: 紀伊國屋書店さんが立つ!Androidスマホ向け電子書籍サービスを5/20に開始。 #nenet #Androidjp | ねねっとTechDiner #ねねっと

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください