レノボのLePadはヨーロッパ人のハートを射止めるか? #nenet #iPadjp #Applejp

AppleのiPadがタブレットでは一人勝ちの状態。

そんななか、2011年になってしまうがレノボがTabletデバイス
発売するそうだ。

Lenovo Notebook ThinkPad X100eシリーズ 11.6インチワイド液晶 ブラック 287637J
レノボのタブレット、Think Padがあるだけに期待は高まる?

 

タブレットこそPCとは違う価値をどう未来の購買層に
提案していくかと言うことが注目になる端末だと思う。

「Flashがうごきます」じゃダメだと思う。
PCの代替端末ではなく、もっとラグジュアリーで
家族で使ったり、ちょっと気の利いたメニューボードになったり。

そんな提案がメーカーごとにあっていい端末ジャンルだと思う。

だが、現状青コーナーの選手はiPadに無いものを
必至にアピールしているにとどまっている。

今回発表のあったレノボのアプローチもほぼAppleアンチなやり方だが
タブレットの名前をフランス語風にしたと言うのは面白い。

Think Padを出してきたレノボといえばアメリカフレイバーな
中国端末といったイメージだったけど
「Le」Padだ。
明らかにラテン語圏をイメージ。

シンビアンを存続させたり 色々立場とかを考えたり
WeTabが話題になったり

 

 

アメリカさん=Appleさんの大勝利!
と言う構図が面白くない欧州にうまく取り入って
Tablet界でのシェアを広げようと言う算段なのだろう。

ただ、中国産のトロイの木馬たるLePadはフランス人をはじめ
欧州のおめがねにかなうのでしょうか?
ちょっとネーミングが面白いなと思ったのでね。

ただ、重要なのはそんなことじゃなくて
ヨーロッパ人にとって重要なポイントは
ジョブズ御大よりも素敵な夢をEUの方々に
プレゼンテーションできるかどうかだと思うんだけどね。

まずは名前からなのかな?

 

 

パリのアメリカ人 パリのアメリカ系中国人的な。

 

ネタ元
Cnetさん
レノボの「Android」ベースタブレット「LePad」、発売は2011年に–米紙報道
http://japan.cnet.com/news/service/story/0,3800104747,20422829,00.htm

WirelessWire Newsさん
シンビアン財団にEUが救いの手 – 影響力を増すグーグル「Android」へ対抗か
http://wirelesswire.jp/Watching_World/201011041819.html
シンビアン、OS開発をノキアに移管 – 財団はライセンス管理団体として存続
http://wirelesswire.jp/Watching_World/201011090938.html

GAPSIS.jpさん
1.66GHzのCPU搭載Androidタブレット「Neofonie WeTab」が9月発売。正式発表
http://www.gapsis.jp/2010/08/166ghzcpuandroidneofonie-wetab9.html

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください