ホリエモンが登壇していた講演会であがっていた本の名前をメモメモ。 #本 #就活廃止論

#就活廃止論 】という項目で作成されていたTogetter
載っていた「ホリエモンがあげていたと思われる本」を
気になったのでメモと軽く調べた内容を掲載☆

なお、就活廃止論の講演イベントレポはTogetterにまとまってるので就活前の大学生はご覧になってみては?とも

 

まずは堀江貴文氏の本『ゼロ』です。

読んでください。とズバッと言ってたようで。

Togetterを追っていてさっぱりしていて好印象でした。

 

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

『ゼロ』

ライブドアの社長だった堀江貴文氏が
逮捕の後も希望?を捨てず「ゼロ」から

ということらしい。

謳い文句では「はじめて素直に」

と強調されてるけど、堀江氏の言ってることは
いつも素直な(本音が出てしまうというか…)気がするので
更にわかりやすく伝えているのかも。

「働くこと」の意味と、そこから生まれる「希望」

ということですが、一般社会人の気力を引き出す
自己啓発本ではないような気もしますので、
「ホリエモン的に生きたい」、
もしくは「自分とは違う意見が欲しい」タイミングで
手にすると良い本のようです。

理系の子―高校生科学オリンピックの青春

 

『理系の子』

場所はアメリカ、年に1度開かれる理科自由研究の発表の場「国際学生科学技術フェア」。

その予選を勝ち抜いた中高生の人生ドラマをそれぞれの
エピソードと共に迫るドキュメンタリー。
理科、科学が好きになるようなそんな要素がいっぱい
…だそうだが若い時に出会いたい本ですねw
まぁ、このイベントは大学生向けなのでギリなのかなw
(大学生だともう遅そうな気もするけど。)

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

『嫌われる勇気』

心理学三大巨匠の一人、
アドラー(フロイト、ユングが後の2人らしい)の思想を
「哲学者」と「青年」の対話形式でおくる思想のレクチャー本。

多くの自己啓発本の源流!とか欧米で大人気!(日本ではなぜか無名らしい…)とかちょっと気になる一冊では有りますね。

ってか「嫌われる勇気!」(キリッ

って、八九寺真宵っぽいw
[物語]シリーズ 八九寺真宵 -リペイント版- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)<噛みまみた

 
で、Togetterに乗ってた最後がこちら。
ディズニーランドが日本に来た! 「エンタメ」の夜明け (講談社プラスアルファ文庫)

『「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た!』

うん、ホイチョイ・プロダクションズさんですねw

なんとなく僕、さとー自身はマーケティング界隈の話に
耳をかしている部分もあるのでこの表紙に何度か
遭遇しているんですが、遂にここでご対面。
(それもそのはず、前職の頃に買おうと思ってた形跡を
Amazonで発見w)

東京ディズニーランドの開園1983年に向けた『日本のエンタメ史』的なおもしろさと「大人も子供も熱狂する世界=ディズニーランド」がいかに生まれたか?という「夢」を形にしていく工程が読者に勇気とヒントを提供してく。そんな一冊だそうです。

 

 

引用元: 【 #就活廃止論 】ホリエモンが本音で語った就活のくだらなさ – Togetterまとめ.

記事を共有
 

コメントは受け付けていません。