Googleは風呂敷を広げ、Appleはほころびを正した。 #nenet #applejp

記事を共有

Google、今年は本気でイク!と宣言してましたが
(してない?)

一方のAppleは情報セキュリティのエキスパート
自社に招き入れる方向だそうだ。

GoogleはWindows95の頃のMSさんを髣髴とさせる展開をしており
AppleはApple的にAppleだ。潔い。

 

恐らく、同じ業域で交戦状態にあり比較されがちな両社ですが
全然違うことをやってるんだろうなぁと。

 

未だにWindowsはWindowsなまま。
家に帰ってまで立ち上げたくないOSのままだが
Androidは本気の一年を経過した後どんなになってるのでしょうか?

Googleの怖さと素晴らしさは「気づいたらえらいところまで成長している」
ところだとも思います。

Androidの理想的な成長はこの先もしばらくは止まらないでしょうし
(切り捨てられるデバイスは相当多いと思う)
来年のこのタイミングで、OSの進化がどうなってるのかが
とても楽しみです。

もちろん、AppleはそのときもAppleとして
人々を驚かせ、On My Way。といった感じで悠々と前進していてほしい。

 

さとーはAppleがかつて大好きだったが
またApple製品を買おうと考えている。

AndroidもWindowsも必要になったときに買えばいいと思うんでね。
(それらは現状道具の域を出ていないし、何となくドキドキしないんでね)

 

 

Appleの製品はなんだか愉しんだ。

 

ネタ元
slashdotさん
http://slashdot.jp/apple/article.pl?sid=11/01/24/0657209

記事を共有
 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください