IBMのWeb上お試しSwift実行環境「IBM Swift Sandbox」がちょっぴりバージョンアップv0.4へ。iPhone、iPadでも快適に☆ #ibm #swift

以前に紹介してましたIBMのSwiftのサンドボックス実行環境がちょっぴりバージョンアップ。

iPhone、iPadで活用できるよう、レスポンシ対応。

sandbox_devices-1024x546

また「Clear Code」ボタンや、書きかけのコードを自動保存する「Draft Autosave」機能も追加。(もちろんAutoSaveは無効にもできます)

また、新機能のチュートリアル「What’s New?」も追加。

Swift使ってみたいって人は、iPhoneやiPadでもってことで触ってみては?

 

情報源: What’s New in the IBM Swift Sandbox v0.4 – Swift

情報源: IBM、Web上でSwiftを実行できるテスト環境「IBM Swift Sandbox」をv0.4へアップデート。iPhoneなどでも最適に利用できるようレスポンシブデザインを採用。

情報源: IBM Swift Sandbox

 

コメントは受け付けていません。