Appleの新言語「Swift」の生みの親のひとりがテスラの自動運転プログラム開発担当へ #自動運転 #テスラ #Apple #Swift

1/32 TMC Tesla Model S テスラ (ホワイト) 2016年モデル ミニカー 1 32

Appleのプログラミング言語「Swift」を作った際の責任者Chris Lattner氏がアップルを退職したそうだ。

転職先はテスラ。

自動運転ソフトウェアを統括する予定だそうで。

Swiftのプロジェクトマネージャーは現在のシニアマネージャーTed Kremenek氏に引き継がれるそう。

(シニアマネージャーが受け持つということで、コミットが上がるのかも?)

 

AppleはTitanのために多くの人員をテスラから引き抜いていたので、なんとなく行ったり来たりしている感じですねw

 

情報源: プログラミング言語「Swift」の生みの親がアップルを退社、テスラの自動運転を担当へ

 

コメントは受け付けていません。