米情報サイト「Tech Crunch」さん、AOLに買収される。 #nenet

ネタ元は当のTech Crunchさん

中小企業がよい評価を得て買収されることはアメリカさんでは
良く有ることのように映画なんかでの印象では有りますが
講演会後の談笑で「君の会社買うよ」的な話が出るとは驚き。

結構長い文章だったので要約すると

「書くことに集中したい」という理由と

「イベントやシステム強化が容易」

ということと

「CEOはじめ経営陣の方向性にブレが無い」

ということが主な理由のようです。

今まで機動力が売りだった会社が成長し
大企業化すると急に風通しが悪くなったりする。

さとー自身以前にそういった企業の成長と動脈硬化が起こる
さまを体験しているのですが、海の向こうのTech Crunchさんは
そうならないで、今までどおり理想的な会社として活動して
いただければなぁ、なんて思います。

面白いのはそういった成熟とか腐敗とか癒着とかが
起こらないようにAOLを批判してもOKということを
契約書に盛り込んだのだとか。
(また、そいうことが起こらないように願ってもいるし
AOL批判が顕在化しないようにとも書いている。)
なるほど、法治国家アメリカだな。とうならされた。

(さとー個人としてはTech Dinerのネーミングをした際に
目指すべきサイトとして見ていただけに微妙な心境です)

 

ユー・ガット・メール 特別版 [DVD] ハッピーエンドへのルートだと祈りつつ。

 

ネタ元
Tech Crunchさん
http://jp.techcrunch.com/archives/20100928why-we-sold-techcrunch-to-aol-and-where-we-go-from-here/

記事を共有
 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください