Windows XpでHDDの増設してみた。哀戦士外付けHDD編 #nenet

シゴトで使ってるWindowsのHDDが数百MBしか空きがなくなった。

このままだと仕事にならないので、バルクのハードディスクを買って
HDDのクローンを作成、そのまま仕事を続行しようと画策してみた。

で、今回のレポはHDDを買ってきたわけだが、クローン作成とは全く関係のない
HDDのフォーマットをしてしまった…ので、間違えたは間違えたなりに
HDDを利用できるようにするという意味ではある種正しいので
HDDのフォーマットの仕方をメモとして華麗に残しておきます。
(もうかなりの開き直りwww)

なお、HDDのクローン作成は⇒後日公開予定。

まずは、PCの規格に合うHDDをお近くのショップで購入。
さとーのはSATAの2.0(3GB)

最近のバルクはリテール用に箱詰めされてるんですね~

 

日立 HGST Deskstar パッケージ版 3.5inch 1TB 32MB 7200rpm 0S02601たぶんコレと同じ。

 

で、私物のお立ち台をセット。

センチュリー SATAハードディスク用クレードル裸族のお立台 CROSU2こんなの。

HDDご開帳!開封するってのは何だかドキドキ☆

よくあるバルクの図

くぱぁ

フェードイン!

コレで準備完了。

マイコンピュータを右クリック⇒管理

 

ディスクの管理

 

で、未割り当てを右クリックし

新しいパーティッションを選択。

パーテって?って言う人はプライマリでOK!

で、全部割り当て。

ディスクの割り当て。てきとうに実施。

漢はNTFS(権限やらパスが掛けられて便利)

てきとうに対応すれば何となく出来上がります。

で、パーティッションの設定ができたらフォーマット。

結構時間が掛かります。1TBで1時間は掛かるから心して夕飯にでも行くとよろし。

ついに

できあがりだぁ!

これで、フォーマット完了

とまぁ、フォーマットして気づいたんだけど
これって外付けハードディスクを使うときの手順であって
内蔵ディスクのクローンを作成する手順と全然違うわけで

「悲しいけど、コレ戦争なのよね。」

はぃ、初期化に時間掛かったけど全く意味なし。
最初からやり直しだ!

というわけで、時間ができたらクローンディスクをつくる
クローンの逆襲編をお届けします。

実はそっちの方がかなり便利なので、乞うご期待。

 

哀 戦士 < うえぇ…。(1時間半がパー。)

記事を共有
 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください