Mozillaがスマホ向けWebAppOS "Boot to Gecko"開発を表明。 #nenet

Creating Applications With Mozilla
Google支配下ではない、メーカーの思惑からも自由な
完全なスタンドアロンなOSをMozillaが開発すると明らかに。

プロジェクト名は”Boot to Gecko”(B2G)。

スマホ、タブレットなどで動くOSであり、Google chromeの
ブラウザ主体のOSと言う性格とAndroid的な
小さめのハードと高い親和性をとることを狙ってるようで。

HTML5で書かれたウェブアプリが動作
電話、SMS、カメラ、USB、Bluetooth、NFCなど
APIを用意する計画で、ウェブアプリでありながら
通常OSのApp的に動くことを目指すそうです。

開発成果を標準化団体に提出、対応アプリはB2G / Firefox 専用ではなく他社のHTML5準拠ブラウザでも動作、オープンなものにしていく。

端末メーカーがAndoidに注目している現状を踏まえ
カーネルやドライバは Android の資産を流用するそうで。
オープンソースのOSというとLinuxを思い浮かべますが
B2G OSが成功すれば、Android端末にとってのLinux的に
扱われていくことになるんでしょうね。

iOSとAndroid以外にも自由なイメージの
OSの選択肢が出てくると言うことは喜ばしいことかもしれません。

 

 

 

ネタ元
Mozilla、ウェブアプリ用OS “Boot to Gecko” の開発を発表。スマートフォン & タブレット向け
Engadgetさん

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください