日本のSF代表作家、小松左京氏死去 #nenet


SF作家の日本代表、小松左京氏が
2011年7月26日亡くなられた。

「日本沈没」を地で行くような事件が各所で発生する
現代を予見していたかのような面もあり
最近不思議なもんだと思うようになってはいるのですが

「いつ死んでもええテ思てたんやけどな。
ほんまやで。
でもこれから日本がどうなるのんか、もうちょっと長生きして、
見てみたいいう気にいまなっとんのや」
(平成23年5月11日、産経MSNニュース引用
と生前話していたそうで

「日本の復興を信じている」と
未来にかける情熱は捨てていなかったようで

氏は天国へ逝かれたわけだが…

このイカレた世界へようこそな現状は
ヒーロー不在なままヌルヌルと進むわけで
自分たちが何とかしなきゃならないってのが現実なのかな?
なんて思ったりしています。

日本がどうなるのか?ではなく、どうして行くのか
バトンは僕らの手の中にやっと渡ったわけで…

奇跡のカーニバルの開幕まりだ!

と、悪ふざけでもしてみようじゃないか?ってね。

 

 

ネタ元
【小松左京さん死去】「マルチ人間」の元祖 東日本大震災、日本の復興信じ…
MSN産経ニュースさん

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください