BlackBerryのネット使用料(BIS)が3分の1以下に!だが、BlackBerryは未だ庶民の持ち物ではないようだ…の巻き #nenet #docomo

記事を共有

カナダのRIM社が誇る「BlackBerry」のキーボードは秀逸だ。

あの小ささであの打ちやすさ。

そして、今度の冬春も出るには110グラムをきる軽量端末
BlackBerry® CurveTM 9300が登場。

Willcomからdocomoへの鞍替えを画策するさとー、
軽量端末マニアな俺にはまたとないBlackBerry購入のチャンスだ!

 

くしくもdocomoさんが12/1よりブラックベリーの運用料金体系を変更し
ブラックベリーインターネットサービス1,575円⇒490円
にネット接続料金を変更。

を!!!!!!!!!!!!!!1111111111111111111

おいらが待ち望んだ瞬間なう。

Willcomの京ぽんシリーズWX320KRもそろそろガタが来たので
乗りかえるなら「今なんじゃない?」的な。

もう、明日朝はdocomoショップ直行?的な???

だが、そのとき運良く「※5」が視界にはいったのですよ。

 

「あぶない!それは孔明の罠だぁ!!!」

 

  • 5 BlackBerryでは、spモードの一部機能のみご利用いただけます。
    「メール使いホーダイ」には非対応です。
  • 「メール使いホーダイ」には非対応です。
  • 「メール使いホーダイ」には非対応です。

    「メール使いホーダイ」には非対応です。

    「メール使いホーダイ」には非対応です。

    「メール使いホーダイ」には非対応です。

    「メール使いホーダイ」には非対応です。

    !

    !!!!!!!!!!!!!1111111111111

    えぇぇ…。

     

    さとーの野望2010冬「BlackBerryオーナー編 ~完~ 」

    あいかわらず、BlackBerryは金持ち向けの端末のようです。

     

    さて、年末も近いし、掛けそば食べるため貯金を頑張るかなぁ。

    記事を共有

    Androidはケータイ電話制覇の夢を見る。 #nenet #Androidjp

    記事を共有

    Androidに関する情報がにわかに活気付いてきた。

    どれも、市場を席巻しそうだという予測や、いやいやiOSが
    まだまだ優勢だ、というような牽制を含むものを含め
    ここ数日ボリュームが過多になってきている。

    日曜も読んでくれてありがとう。そんな意識もこめて
    この投稿をしようと思う。

    ★数字編

    まずは下のリンクの記事にあるグラフをザザッと見てほしい。

    モバイル・アプリ市場、Appleは「99.4%のシェア」
    WIRED VISIONさんの記事を見る限り
    いままさに「iOS時代」真っ盛り。Apple万歳。

    だけど、市場は次のスターを欲しているようにも見えるし
    そう見せたい市場関係者が画策して色々グラフをこねくり回し
    Android優勢と言うニオイを撒いてきている感じ。

     

    ★将来を語りたい人々

    Android躍進:スマートフォン市場のシェア・トレンド

    数字で見る「Android対Apple」
    (ともにWIRED VISIONさんの記事)

    この二つの記事を見てみたところ将来はAndroidが
    来るんじゃないかということと、各社がAndroidを押しているので
    物理的にAndroidが売れてきていると言うことが語られてる。

    あと、プラットフォーム戦争は最終的に1強状態になるとも。

    ビジネスを考える上でどの勝ち馬に乗るかを各業界の
    勇が高みの見物をしているところと思う。

    そして、どうも乗りやすそうなウマはWebOSでもWindows7でも
    ましてやカナダのRIM社でもなくAndroidだ。と思い始めている
    ことがこれら記事の裏にはあるのではと付加読み。

    Appleはプラットフォームとしてみたときジョブズ御大の神通力
    頼みなところもあるし、締め付けもフリーダムなAndroidからすると
    かなり厳しいものだと思う。

    ただ、勝ち馬に乗ろうとしている輩のギャンブルが必ずしも
    当たるとは思えない。あと、先行者利益と言うのものが
    かならず最近のビジネスにはあるし、Appleのデバイスすべてを
    上の記事に反映させているわけではないところも中々ニクイ。
    (要するに誰かの意思が明らかに
    介在して書かれている記事だということ)

    また
    モバイルアプリ開発者は『Android』がお好き
    (japan internetさんの記事)
    なんかも後押しをしているが、そもそも、モバイルアプリ開発者は
    それほど将来像を予見していないだろうし、
    Appleの以前は見えなかったレギュレーションやリジェクトに
    うんざりしているところもあり「Apple?」って感じなんじゃと邪推。

    なんにせよ、ここ数日、急に「Android万歳!」な記事が
    多くなっているのは事実。

     

     

    ★瓢箪から駒

    現状Appleが出しているiOSのデバイスは優勢かどうかは
    別としてモバイルと言うのもに関して新しい地平を気づき
    プラットフォームとして有るべき姿を示している時代の寵児と
    いった感は有る。

    ただだ、「Android優勢」と旗を振り続けるのは悪いことじゃない。
    Linuxのように、何となく刺さらない状態に落ち着くかもしれないし
    Googleの神通力で大スターとしてAndroidが成長するかもしれない
    今いえることは、Androidはどこかで化けるだろう。

    Windows95のデキよりAndroidは良いんじゃないか?

    そう考えれば未来は明るいだろう。

    でも、GoogleさんがすべてITライフの基盤にある生活って
    気持ちがいいものなのかね?
    まぁ、MSやAppleだからいいというわけじゃないんだけど。
    多様性が無い未来に生理的にペンが反発しているのかな?

     

     

     


    ポケモンみたいに多様性が有るのがいいんじゃないか?

     

    ネタ元
    WIRED VISIONさん
    http://wiredvision.jp/news/201010/2010100121.html

    http://wiredvision.jp/news/201008/2010080320.html

    http://wiredvision.jp/news/201008/2010080222.html

    japan.internetさん
    http://japan.internet.com/allnet/20101001/12.html

    記事を共有

    ブラックベリーがキーボードなしのタブレットを発表。 #nenet

    記事を共有

    カナダのRIM社(リサーチインモーション)が展開する
    独自OSのケータイデバイスブラックベリー(BlackBerry)の
    タブレット版が登場すると言う話がGIZMODOさんに出てます。

    iOS、Andoroid、ChromeOS、WebOS、BlackBerry、
    Windows 7 Phoneと汎用タブレットOSが出揃った感じですが
    決め手がまだ解からない部分があるので
    しばらくはアプリの多さがクリティカルな違いになるんでしょう。

     

    iOSデバイスがFlashがみれないとかいう話はありますが、
    あれは微々たる問題で、しばらくすればFlashが過去のものに
    なってくるとも思います。
    (Flashは想定ハードがPCだし、組む人次第では、タブレットで
    受けきれない処理を要求したりAndoroidであってもNGなものも
    出てくる可能性が高く定着しないともおもいます。)

    数の原理からいえば、出荷数の多いiOSが一人がち。
    あとはルックアンドフィールがよいうもになるんでしょうかね。

    個人的には本に集中できて端末は軽くてバッテリーがもつのが
    いいですがAmazonやSONYのEinkを採用したKindleなどの
    電子書籍デバイスがそれら需要に合うのかな?

    さとー自身が自腹でタブレットデバイスを買うのは恐らく
    自宅のPCが行かれてからだと思うので、まだ先の話ですが
    自分の資産が受け継がれると言う意味では、iOSを使った
    iPadあたりに定着するのでは?とおもっています。


    ↑会社のiPadこのケース使っててかなり良いです。

     

    ネタ元
    GIZMODOさん
    http://www.gizmodo.jp/2010/09/blackberry_osblackberry_playbo.html

    記事を共有

    7月30日からiPhone4の販売対象国が22カ国に拡大! #nenet

    記事を共有

    ネタ元はiPhone 3G Wiki blogさん。

    更にそのソースのアップルさんで詳しい国名が記載。
    http://www.apple.com/pr/library/2010/07/26iphone.html

    iPhone4を新たに販売する国17カ国が発表に。

    これで合計22カ国でiPhone4を販売するようになるそうです。

    追加になるのは
    オーストラリア
    オーストリア
    ベルギー
    カナダ
    デンマーク
    フィンランド
    香港
    アイルランド
    イタリア
    ルクセンブルグ
    オランダ
    ノルウェー
    ニュージーランド
    シンガポール
    スペイン
    スウェーデン
    スイス

    これに現在発売している
    フランス
    ドイツ
    日本
    英国
    米国
    を加えて22カ国ね。

    よくよく見るとアジア圏では日本はかなり優遇されてるんですね。

    韓国やベトナム、中国、台湾など材料供給や労働力
    供給側に位置する国はほぼ無視されている模様。

    消費やトレンドを作るうえでのマーケティングの賜物?
    Appleファンが多く居る国というと
    フランスやイギリスは?マークが点灯するし
    個人的になかなか面白い配布順序だと思います。

     

     

    どこで展開するかが勝敗を決める!

     

    ネタ元

    iPhone 3G Wiki blogさん
    http://blog.sohaya.com/2010/07/26/iphone-4-arrives-in-17-more-countries/

    米Appleさん
    http://www.apple.com/pr/library/2010/07/26iphone.html

    記事を共有

    Appleが本気で地図を作る…意気込みが感じられます。 #nenet

    記事を共有

    ネタ元はApple Brothers + Mac Newsさん、Cnetさん

    Appleさん、この数ヶ月で地図サイト関連企業を実に2社買収してます。

    2009年の7月にはGoogle Mapsのようなサービスを提供する「PlaceBase」を
    どうやら買収。(明るみに出ないまま、事実は闇へ。)

    そして今回、カナダのWebマッピング会社Poly9を買収

     

    ゲームセンターを地図とあわせてリアルタイム世界展開?
    (スト2みたいに世界の猛者と組み合う?)
    でも、詳細な地図まではいらないしなぁ…。

    LaLa+地図?iTunes Live とやら、ライブ会場をストリーミング中継?

    Googleみたいな機能をそのまま実装するのもやるだろうけど、
    それ以上にマッシュアップ度合いが強い何か面白いサービスを
    繰り出してくるのでは?

     

    Appleのサービス、ソフトの思想としては、
    インターフェイスを簡素化して、分かり易く使いやすくといった感じだから
    マッシュアップなことはしてこないかもしれないけど。

    でもまぁ、ちょっとワクワクしてくるってのがファン心理かな?

     

    <わくわくわくわくww

     

    ネタ元
    Cnetさん
    http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20400961,00.htm

    Apple Brothers +Mac Newsさん

    記事を共有

    iPad日本以外でも発売ですね。 #nenet

    記事を共有

    日本 オーストラリア 英国

    フランス ドイツ イタリア

    スペイン スイス カナダ

    (リンク先のはにかむ二人の顔がほほえましいす。)

    ネタ元AFP BBさんによると以上の9カ国でも
    5月28日がiPadの発売だったようです。

    カナダとかイギリスとか、もっと早めに出ていそうですが、
    なんと、日本と同じ今日発売だったんですね。

    Jobsは最近日本に来ないから、もういらない子なのかな?
    と思っていましたがさにあらず?
    Apple日本へのコミットもそれほど悪いものじゃないみたいですね。

    ちょっとヘタリアのおメンツに似ている気もするw

    ネタ元
    AFP BBさん
    http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2730541/5811816

    記事を共有