来年のiPhoneは金属製ボディに回帰するかも。#iPhone #apple

記事を共有

2018年の新型iPhoneは…

今年のiPhoneは画面的に見ると4.7インチ、5.5インチ、5.8インチと3種類だったけれど、来年のiPhoneは噂レベルだけれど2種類に収束するみたいです。

4.7インチと5.5インチがなくなり5.8インチと6.xインチに…。という事になりそうな具合。

『来年のiPhoneは金属製ボディに回帰するかも。#iPhone #apple』…の続きを読む 来年のiPhoneは金属製ボディに回帰するかも。#iPhone #apple

記事を共有

来年の「iPhone7S」はガラス筐体で画面は… #iphone #apple

記事を共有


7が出る前に既に7Sの話…。

iPhone7がまだ発表されていないのに、気の早いことに更にその先『iPhone7S』についての情報が出てきた。

ネタ元は先日と同じアナリスト。

KGI証券のアナリストで、Appleについての予想でお馴染みの

Ming-Chi Kuo氏。

2017年に発売される「iPhone 7s」(仮称)に関して新レポを公開。

「iPhone 7s」は…

ガラスを本体に使っている!

(まぁ、多かれ少なかれ、ディスプレイ部分はガラスだよなw)

そしてそのディスプレイは…

 

『来年の「iPhone7S」はガラス筐体で画面は… #iphone #apple』…の続きを読む 来年の「iPhone7S」はガラス筐体で画面は… #iphone #apple

記事を共有

サムスン、iPhone6S?で採用されるA9プロセッサを製造スタート☆ #a9 #apple #iphone6S

記事を共有

訴訟をしてはAppleの利益を削り続け
Androidを販売してはAppleの利益追求を妨害する
でもAppleからの仕事はほしいらしいサムスンさん。

AppleがiPhone6シリーズで採用した
A8プロセッサの生産では
ハブられたとかなんとか。

そのサムスンさんが
次期iPhone、iPhone6S?に
採用されるであろう
A9プロセッサの製造に入ったとか。

『サムスン、iPhone6S?で採用されるA9プロセッサを製造スタート☆ #a9 #apple #iphone6S』…の続きを読む サムスン、iPhone6S?で採用されるA9プロセッサを製造スタート☆ #a9 #apple #iphone6S

記事を共有

中国のスマホメーカーシャオミィ(Xiaomi/小米)がインドに工場を展開する計画らしい。 #小米 #スマホ #android

記事を共有

中国国内で大人気の小米、シャオミィ、Xiaomiさん。

サムスンが焦りを感じるほどの勢力

というか、サムスンに代わって中国国内のスマホ需要に
応えるメーカーとしてウマイこと回っているようなのだけど
ここにきてインド進出を果たすとか。

インド進出といっても、
実は販売は既にスタートしており
今回は工場を作る計画が有るよ~って話
わかったらしい。

 

『中国のスマホメーカーシャオミィ(Xiaomi/小米)がインドに工場を展開する計画らしい。 #小米 #スマホ #android』…の続きを読む 中国のスマホメーカーシャオミィ(Xiaomi/小米)がインドに工場を展開する計画らしい。 #小米 #スマホ #android

記事を共有

【謎】サムスン幹部、謎会見。サムスンが(A9)チップを(iPhone6S(仮称)向けに)Appleに納品したら… #apple #Samsung #iphone6S #a9

記事を共有

 


リークで◯◯って会社が☓☓という部品を
フォックスコンに導入開始!
とかっていう話は割りと聞くのですが…

サムスンさんが本社で謎の記者会見を開いた模様。

 

なんでも、サムスンの半導体事業担当プレジデント
システムLSI事業を統括するKim Ki-nam氏の主催らしく
ソウルのサムスン本社で報道陣を招き

次期iPhone(iPhone6S?)に

導入される(A9?)チップを

Appleに供給し始めたら、

利益は「間違いなく拡大」する。

と述べたそうだ。

 

まぁ…

 

そうだよな…。

 

なんで、こんなことを言っているのかとチョロっと調べてみたのですが…

 

『【謎】サムスン幹部、謎会見。サムスンが(A9)チップを(iPhone6S(仮称)向けに)Appleに納品したら… #apple #Samsung #iphone6S #a9』…の続きを読む 【謎】サムスン幹部、謎会見。サムスンが(A9)チップを(iPhone6S(仮称)向けに)Appleに納品したら… #apple #Samsung #iphone6S #a9

記事を共有

ジョブズ御大、Appleがテレビを売ることに否定をしていた…!!!? #apple #jobs #ios8

記事を共有


これじゃない「TVそのもの」の話が今回の話題。

ジョブズ御大が無くなってから2年半が経つそうだが
死してなお話題に事欠かない。

iTVなどと呼ばれる「Appleが作るテレビ」の噂は
2009年くらいからずっと出てましたが
社内的には2010年の段階で否定されていたと。

今回こんな話が出てきたのは、ウォールストリートジャーナルの元記者が
出した本の一節にそんなことが書かれていたのだとか。

ただ、ジョブズ御大が否定したことは、ダチョウ倶楽部上島のボケのように
「おいしい状態をつくる」前振りなのだということも皆さん周知のところ。

実際にはココ4年くらい出ていないので、もうお蔵入りの話題ですが
こんなタイミングで出てきたのは、そろそろ出しておかないとニュースとして
伝わらなくなるから=販売の目処が立ったから。という事も考えられます。

御大いわく、「TVはひどいビジネスだ」「買い替えは進まず、利益率も最悪だ」と。
きちんと分析ができているということは、その部分さえ改善されればGoサインがでる。
ということも言えるかと。

買い替えがほぼ無いということは、MacbookではなくMacPro的な製品になり
一度入ってしまえば、10年近くリプレイスされない腰の座ったプラットフォームに
なることがわかっており、機器の販売を自社がしてはいけないということは
しっかり認識していたご様子。
(ソニーもサムスンもLGもテレビの利益率は芳しくないことで、よく分かる)

CarPlayなど自社デバイス以外の製品?も周辺ソリューションとして
提供する用になった今、在庫リスクのない、何か洗練された販売方法を
展開しようという時期になったのかもしれない。

iOS8のリークがココ数実頻繁に流れているけれど、同じリーク元が
動いているとすればWWDCあたりでテレビの話も出てくるのかもしれない。
(昨年はMacの年だったし、iOSの変化が生活に注目するのなら
なにか大きな変化をお茶の間にもたらすことも考えられなくはない)

 
 <消費税UP前には間に合わなかったね。

 
ネタ元

ジョブズ氏、テレビの発売に「ノー」–WSJ元記者が著書で記す

CNET Japan.

「Appleはテレビを作らない」とジョブズが語っていたことが明らかに

GIGAZINEさん

記事を共有

米スマホ市場「iPhone」優位に。安さ爆発「Android」に陰り? #Google #Android #iphone

記事を共有

OS的にはAndroid優勢!

なんて記事をずっと読まされてきたけど
そろそろそんな記事も終わりなのかもしれない。

2014年1月comScore調べによる

米国市場メーカー別のシェアでは

1位 Apple 41.6%

2位 サムスン 26.7%

3位 LG 6.9%

ということで、会社的には堂々Appleさんの一人勝ち。

それでもサムスンの市場シェアが1.3ポイント上昇したというから
ワンサイドではないのでしょうけれど、LGもNexus5がありながら
この体たらくということは、もうどこもAndroidに関してはキツイ状態なのでしょう。

 

さて、OS分野(?)では

Android 51.7%

iOS 41.6%

Windows Phone 3.2%

BlackBerry 3.1%

ということで、意外にもAndroidが圧倒的優位ではなく
Appleが根強いということ。

そして、その他はもう笑ってしまうような状態…。

 

スマートフォンのハイエンドはどうなっている?

Windows PhoneもBBも高級な電話に入るので
このシェア率はあまり意味が無いようにも思いますが
Androidのシェアのなかで、商売になっているのがどれほどか?
ということが心配。

 

わざわざ記事にまでしたのは、次のポイント。

Androidの米国における市場シェアが0.5ポイント下落したそうだ。

市場シェアを語る上でAndroidが圧倒的優位にあったはずだ。
1万円前後のスマホを用意に作成できる素敵なOS、Android。

iPhoneが欲しくても買えない、もしくは、最新のデバイスの
かっこよさを気軽に手に入れたい層にはAndroidは最適なOSだ…
ったはずなのだが、この度、何らかの陰りがみえたというから大変。

サービスが進化/深化を進めるに連れ、難解化するAndroidに
利用車たちの嫌気がMax状態に達したのか

どこかでiPhoneを触るタイミングを得たユーザーが、Androidが
コストパフォーマンス的に優れていたとして、何ヶ月も持つものとしては、
及第点に満たないものとして認識が定着し始めたのかもしれない。
(慢性的リピーター離れかな?)

まぁ、米国市場限定の話しだしな…。

残念ながらネタ元の数値からはそういった現象の根拠は読み取ることはできないし
アメリカ市場での数値上の問題だったわけだし、実際良いスマホといったとき
iPhoneが全てではないのはよくわかるが、どうもAndroidは
エース格のサムスンが新製品を出しながらも、息切れをしているということだ。

 

OSののシェア的には、FirefoxOSが今後の脅威になるのでは?

FirefoxOSの3000円くらいの機種が世の中に出回れば
Androidはひとつの時代に幕を下ろすことになるだろう。

LinuxがWindowsのシェアを取ることは現在まではなかったが
ChromeOSという変速ディストリビューターによってどうやら
市場が崩れ始めていることと同じように
ある程度の信頼の置けるサービス提供者と安さがあれば、市場はひっくり返る。 

FirefoxOSによってAndroidのOSのとしてのシェアは
日に日に削り取られていくことになるのでは。

Google的には、FirefoxOSに関して牽制を入れるかは不明。

速いCPUと潤沢な電力でぶん回すOS=Androidを
3000円を切る安いデバイスで運用することが叶うかどうかは不明ということ。

OSのシェアがFirefoxOSにごっそり取られたあとの状況で
Androidが現状の市場におけるパフォーマンスが維持できるかがささか疑問だと言うこと。

iPhoneを残して、スマホ総崩れの構図に陥るのではないでしょうか?

FirefoxOSが3000円くらいの価格で世の中に提供されるに至り
Mozillaが儲かるのかどうか、そんなことはだれも知らなくていいこと。
(3000円の新品が中国、アフリカ、メキシコ、スペインなどで流行ることは十分考えられる。)
Android陣営がiOSに対して行っていた攻勢の勢いに陰りが見え
Google自体もそれほどAndroidに興味がわかなくなってきている現在
ユーザーに提供される優れた電話が、数年後にはiPhone一択になっているんじゃないか?
という、ちょっとしたスリラーをポストして今日は〆るとしましょう。
(問題が有るとすれば、高級端末にセカンドオピニオンがなくなるということくらいかな?
Androidが無くなったとして、だれも、Googleさえも痛みを覚えることはないでしょうから。)

 
  <パオ!
ネタ元

米スマートフォン市場、「iPhone」「Android」の寡占状態が続く–コムスコア調査

CNET Japanさん

comScore Reports January 2014 U.S. Smartphone Subscriber Market Share

comScore, Incさん

GoogleのAndroid担当責任者が交代、Andy Rubin氏は別プロジェクトへ

INTERNET Watchさん.

記事を共有

Apple、インド向けにiPhone4を再生産! #apple #iphone #ねねっと

記事を共有

iPhone5cが思いの外売れていないAppleさん。

世界はそれほど優雅ではなかったのかも…。

そんなことが思い浮かぶ今日このごろ。

インドに向けてiPhone4を再生産しているらしい。

という話が耳に入ってきました。
何年越しかのリピート発注って感じでしょうかw

お値段激安!約2万5千円で新品のiPhone!!(※iPhone4)

コレが結構売れているらしく、古い下取りiPhoneを新興国で売るという
話は聞いたことは有りましたが「インドは新品の方が買いそうだ。」とでも
リサーチ結果が出たのかどうか、Appleさんには珍しく
再生産にGOサインになったようで。
(お国柄というのはどこにもありますし、Appleの姿勢は本気モード。
とにかく、今、インドはiPhone4がキテるらしい。)

1月半ばくらいにiPhone4の在庫をかき集めてインドで売った!
そのAppleのスタンスが滑稽だwという話がこちらに出ていましたが、
その時のバカ売れを受けてそのまま再生産という話になったのでしょう。

1月半ばには2万3000ルピー(約4万円)で再販と言ってた話が、
15,000ルピー(約2万5千円)で発売ということにシフトしているので、
安定供給をする体制ができたのとインドの市場が重要だという
こと、そして値付けも重要ということが分かったのでしょう。
なにしろAppleの本気モードっぷりが凄いw
iPhone5Sがバカ売れする日本とも違うまた別の戦略が世界には必要なんですね…。 

個人的にはiPhone4Sじゃないところが少し驚きですが、
iPhone4もiOS7が動くみたいでOSのフラグメント化は起こらないようだし
Apple的にはみすみす市場をサムスンに取られるよりはよいって判断でしょう。

このiPhone4再販路線、流行らせるのかもしれませんね~。

 

 

ネタ元

Apple has reportedly resumed iPhone 4 production for sale in developing markets.

Appleinsiderさん

インドで約4年前のモデル「iPhone 4」が再販される理由とは?

GIGAZINEさん.

記事を共有

Google、モトローラ、レノボ、サムスンのAndroidを巡る修羅場、点と線。 #android #ねねっと

記事を共有

モトローラを売却。
結果的にAndroid、ケータイ向けOSの開発に専念というスタンスに立ったGoogle。
でも、何だか今回のAndroid周りのゴタゴタを見ているとどうにも腑に落ちない…。

 

ラリー・ペイジCEOが吐き捨てた

これでAndroidエコシステム全体のイノベーションに注力できる

というフレーズ、残念な男が別れ際に吐く捨て台詞に聞こえますよね…。

 <あばよ!

遡ること3年前、2011年、白馬の王子様としてGoogleが颯爽とモトローラを買収。

ハードメーカーモトローラを自陣に引き入れ擬似Apple的な体制をとったGoogle。

Apple対抗を画策してみたものの、Googleには世界展開しているリアルショップもないし
商流も弱かったし(Nexusを売るのも暫くは直販頼みだったし)
更にモトローラの新製品が出ないワケで…。
憶測ですがこの時既にホワイトナイトGoogleとMOTOROLA姫の関係は
全然うまくいかなくなってたんじゃないでしょうか?

 ←扱いづらい姫www

元々MOTOROLAは業績が不振とはいえ、無線メーカーの超名門。
検索マニアの成り上がり者Googleとは会社の文化もかなり違うはず。

2014年、突如として中国企業レノボにMOTOROLAブランドを売却。

MOTOROLAといえば、これぞアメリカ!という超有名企業ですが
その名前を中国さんに売っぱらっちゃったわけで…

救出したお姫様を見せしめ同然のカタチで谷底に突き落とすような…

Google王子の逆鱗に触れる事態が何かあったんじゃないかな?
と思うのが自然な流れでして…
(車で言うGMとかフォードを中国のメーカーに売っぱらうみたいなことですよ、まさに)

そして、まぁ、このMOTOROLAを売っぱらうことに成功したことのバーターで
どうやら「次のNEXUSはレノボの製品になりそうだ」ということも
なぜか同じタイミングで噂がポワッと立ち登るってきました。
(時期が合致しすぎw)

MOTOROLAを買い取ってくれたから
次のNEXUSにしてあげるよ!

と言ったのかな。

わかりやすすぎるw

 

各社ケータイを「Google Play Edition」と名付け
素のままのAndroidを入れて発売してみたところどうやら成功しそうだ
ということがわかってきていたわけでNEXUSは事実上過去のものに
今この時点でNEXUSを墓場から復活させる意味合いは本当は無いのですが
ココはグッとこらえてオトナの対応ということなのでしょう。

Google的にはNEXUSという「Googleがケータイを発売している」風に見える
看板はそろそろ降ろしておきたいな~と考えていたフシが有るようにみえたのだけれど、
ウマが合わないMOTOROLAをかなりの高額で引き取ってくれた
恩人レノボに大きな借りを返すために、NEXUSはもう1年存続
させようっていう訳かなと。(憶測類推)

ちなみLGが昨年のNEXUSだったことについては、
LG自体は2013年初頭から業績がかなりヤバイ状態だったし、
ずっとGoogleの売れ線看板「NEXUS」を独り占めしていた
サムスンへの当て付けということも有り、 LGにとってもGoogleにとっても
昨年のNEXUSはそれはそれで意味があったことかなと思うわけで。

 <たすかった~

 

 

話を戻すと、ケータイデバイスメーカーとして名を馳せたい
ケータイ業者としてまだまだ新参者のレノボからすれば渡りに船。
企業サイズ的にもレノボがケータイ業界で3位に入れるサイズになるそうで
コレはウキウキの展開だ!というわけで。

 

GoogleがMOTOROLAにご執心だった間、突き放していたサムスンを
ちょっと軒先に呼びつけてゴニョゴニョ。
これも面白い動き。

サムスンを呼び戻しつつ、MOTOROLAにやって欲しかった役を
演じてもらおうという魂胆のようで。

サムスン自体は世界一のシェアを誇るケータイデバイスメーカーに
なったわけで、OSが自社製でないことを危惧しつつ
Tizenはうまくいかないようすだし、モヤモヤ状態。
GoogleはGoogleで、MOTOROLAに手を焼き
捨てぜりふを吐いてまで自分を正当化してしまう塩状態。

なんやかんや有ってこの2社は仲が良い様でモトサヤにw

おそらくカナリ濃厚なバーター取引があったものとお思います。
次世代「Google Play Edition」 に何台いれるか?とか
先行して開発環境を提供するとか。
再度Googleとサムスンで二人三脚を。という寸法なのでしょう。

それと同時に、Googleはケータイ事業から少しづつフェードアウト
していくようにも思います。
Androidに専念?

そもそもAndroidは伸びしろが見えていて生みの親ルービンを追い出し
Chromeの統括マネージャーの傘下にAndroidを引き入れたわけだし、
スマート家電とか、スマートハウスを
構成する1ツールになっていくのではないかと。
個人的予想では、人の生活を検索し尽くすプロジェクトは達成されたのでしょう
つぎは、検索した情報を元に、いかに効果的に儲けるかというタームに。

物理的な拘束がつきまとうデバイス優先のプロジェクトは
どうもGoogleの社風に合っていないのではと思う次第。 

Appleのような、製品に夢を見る会社との違いがだんだん濃厚に
なってきたとともに、ここらでOSに関する戦争は解消してくるのではないかと。

Androidはシェアを優先するのは、シェアをとり儲けるよりもシェアをとり
様々な人間の行動パターンを洗い出し、検索し尽くすことに興味があり
その先にはまた別の展開が有るのだと思います。
ですのでAppleとは実は競合していないし、OSにを便利にしようなって
考えていないのだなと製品を触るとよくわかります。

また、Androidのカスタムスキンを排除するようになってきたのも
きちんとした統計を取っていくうえで、インターフェイスに差異があっては
正確な統計が出ないからではないかと思います。ココ重要

面白いことにMSさんに買収されたNokiaがなぜか
キットカット=Android4.4の入ったスマホを投入する意志があり
プロトタイプを流出させたところ。

Microsoftも自社製品を出すだけでなく、Androidの動向を探りつつ
展開をしていくことにするのかな? 

 

 

ネタ元

グーグル、モトローラ売却&Nexus廃止で、スマホ端末から順次退却?

ギズモード・ジャパンさん.

世界スマートフォン出荷、LGとLenovoがSamsungとAppleからシェアを奪う──IDC調べ

ITmedia ニュースさん.

LG電子の第4四半期は25%営業増益、テレビ部門不振で予想下回る | テクノロジーニュース

Reutersさん.

AndroidとChrome OSが統合か、米Googleの幹部人事で浮上

TechTargetジャパン スマートモバイルさん.

マジ? Nexusシリーズの端末は2015年で終了し、Google Play Editionに一本化されるらしい…

ギズモード・ジャパンさん.

モトローラを買収したレノボ–アップルとサムスンに対抗するための2ブランド戦略

CNET Japanさん.

サムスン、Android OSのUIカスタマイズでグーグルに歩み寄りの動き(Re/code報道)

WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)さん.

Photos et caractéristiques finales du NOKIA sous Android ?.

NOKIA Xさん

記事を共有

【コラム】モバイルキャリアの稼ぎが頭打ちらしいからちょっと考えてみた。 #ねねっと

記事を共有

■ケータイキャリアさん危うし。

2012年の日本国内モバイル通信サービス

音声通信サービス市場が前年比16.5%減の
2兆5730億円(の売上?なのかな?)

データ通信サービス市場が同12.3%増の4兆740億円。
データ通信サービス市場は2008年以降、年平均13%の割合で成長) 

だいたい6兆6千400億円くらいがトータルの売上らしい。

IDC Japanさんの予測では、
2017年の音声通信とデータ通信を合わせて
6兆7150億円くらい売り上がるとな。

音声通信サービス市場は2006年には5兆円以上だったらしく2012年は約半減。

データ通信市場は拡大するものの
市場全体は縮小のほうこうせいらしく
通信の値上げも正直何処かに天井が有り、市場のパイは拡大できないらしい。

孫さんが日本を見限りアメリカにご執心なのもよく分かる。

このままだと、日本のケータイキャリアはヤバイってことね☆

 

■周辺の産業は?

また、周辺業種はどうなのといえば、ケータイのデバイスの生産と販売、
特にスマホは儲からないというウワサは以前からよく聞くもので…。
Appleとサムスンがギリギリ採算で業界第三位のhtcが既に儲かってないとか。
そういう話も元々あり、さらにGoogleが三顧の礼で迎え入れ蜜月を終えた
最古参のモトローラも数日前に三行半を突きつけられた辺りが
デバイスの生産と販売はどうやらビジネスにはならない。
と真摯に受け止められたのかなと思う次第。
(結局Googleはモトローラの老舗ならではの大量の特許が欲しかっただけのよう)

ビジネスとしての伸びしろが無いとわかるとGoogleはすぐに放り出すからなぁ。

しっかし、モトローラを即ドナドナってすごい話ですよね。
(80~90年代あたりだと移動電話=モトローラ。でしたからね~)

 

■通信費は自然に高くなっていくか?

ケータイの回線費にどれだけコストを払うかというのが
今後の課題なのだろうけれど、そんな事業者の思惑とは裏腹に
個人的にはコストを掛けない方向も美しいかと。
いま、当方はiPhoneを低速回線で運用中。
128kbps多分出ない回線で月に650円。

それでもどうにか暮らせるわけで、 右肩上がり
13%毎年コストが増えるという読みは、キャリア側の皮算用だし
MVNOも安くなるみたいなので、もっと別の次元の話になるのではと思います。

 

■日本での何か対策が考えられないか?

日本での何か対策が考えられないか?という問いに対しては、
通話にお金を払おうと思う人がまだいるこの時間帯に
早めにスマホでなくガラケーへの逆シフトを促すこと。

スマホはどうかんがえても通話をするデバイスではなく
通話を遮り、それ以外の娯楽を提案する音声通話を喜ぶ
ケータイキャリア業者からすれば呪いのような端末になってきているのが
いま一番の障壁ではないかと思います。

あと、MVNO回線上で音声通話のIP電話を運用し始めたら
通常の通話に関するコストはキャリアに落ちてこなくなるでしょう。

通話の音声品質については32kbpsも出ていればかなりキレイに
声が聞こえる用になるのだし、電話ということについては
3G以上の高速回線は必要ないわけで…

まぁ、いってみてちょっとうそ臭いなと自分でも思っているくらいで
音声通話にお金を割く人たちはこれから増えないでしょうし
Lineなども含めコミュニケーションはどうやらどんどん変わっていってしまい
二度と旧来のスタイルには戻ってこないんではないでしょうかw

 

■じゃ、リッチコンテンツなのか?アメリカを模倣すればいいのか?

リッチコンテンツは、実際にはテレビ案組や映画など
古来からの娯楽しか開発されてこなかったところがあり
頼みの綱のゲームもそれほど一般的な娯楽ではなくなってきたわけで
GTAみたいなリッチなゲームを持ちだす世界が来たとして
日本全土の通信費を左右するには至らないでしょう。

また、旧来通りアメリカ主導でいるとアメリカさんはかなりインフラが
貧弱ときている、国土も広大で新聞すら全国紙がないような状態なわけで
10年待ったとして、日本にメリットの有るデバイスは出ないかもしれません。

■じゃ、どうなるの?

というわけで、日本で自作、内製してはいかがでしょう?

リッチコンテンツをグリグリ通信経由で動かす世の中は
アメリカさんに頼んでみてもずーっと先まで来ないでしょうし
新技術について割りと懐疑的なAppleのiPhoneの系譜に
この日本の発展を任せるとなると、
更に進化の速度は減るんじゃないかなと思います。

このさい資金にまだすこしだけ余裕があるキャリアさんが自分で舵を取り
通信を使った超リッチなコンテンツを
ドンドコ消費したくなるようなそんなサービスを
デバイスごと生産して、日本中に広めるという方向で。

Suicaで電車に乗れる国ってのは意外とすくないみたいだし
自販機の発展なんかみても、日本だけのガラパゴスで
もうかることは全然可能なんじゃないかと思うわけです。

世界展開は物理的にも人脈的にもコミュニケーションやらなにやらに
コストがかかるわけで、物理的な障害のない世界で
うまくやりくりをするか、日本国内でリッチにやるかって感じでしょう。

まずは、アニメをクランチロールで流すのをやめて
もっと効率的に課金して世界に配信。

あとは、それらで得た粗利で面白いデバイスや面白いサービス
面白い監督、面白い業者にどんどん資金を注ぎ込み
斜め上をズンズン進撃する。

ユニクロの社長は世界に出ろとステレオタイプに言いますが
その反対、日本の中で勝負をするのも意外と悪くはないのでは?と。

海外へのチャレンジはサムスンなどをみるに
ダンピング合戦。
身を削って、利益を削って、
欧州などデフォルト直前のお金のない国の国民に
頭を下げて買っていただくものを作るというのが
正しい姿勢のようになってしまっている、まっこと狂った世の中なのだから、
正直ちょっと引いていて
日本で商売をしてニヤニヤしててもいいのかな?
と思う次第なわけで。

サムスンもGoogleやAppleに見限られてるみたいだし
色々このあと世の中に変化が出てくるんじゃ?
と。

日本が面白いという求心力を持つには
何か斜め上行く、アンチグローバルな面白いサービスを
国内で展開していくことなんじゃないかなと思うわけで。
発信していくことはいいけど、物理的に進出しない方向で。

台湾やタイやベトナムなど、ワリと近場な親日の国と一緒にサービスをやるのも
面白いかもしれないし、国際化ももっと楽しく考えてもいいのではとも思う。

 

通信キャリアの皆さん、なんか面白いこと始めてくれませんか?w

と他力本願な投げかけで〆てみる。

 

ネタ元

モバイル通信サービス市場、音声通信の縮小が顕著に –

ITpro Activeさん.

「第二種指定電気通信設備制度の運用に関するガイドライン」の改正案に対する意見募集.

総務省さん

 

米グーグルがモトローラ売却 中国レノボへ2975億円:経済(TOKYO Web).

東京新聞さん

 

記事を共有