Appleが2017年末にマイクロLEDディスプレイ搭載製品を生産開始するっぽい。 #apple #マイクロLEDディスプレイ

記事を共有

DigiTimesによれば、Appleは2017年末に「マイクロLEDディスプレイを搭載した製品」の少量生産を開始する可能性があるそうです。と報じています。

Appleが2014年5月に買収したマイクロLED関連技術のベンチャー米LuxVue Technologyの努力が花開いた形でしょうか。2015年4月に台湾北部に新型ディスプレイの研究施設を開設しており、今回でたウワサの少量生産はここの成果なのでしょう。

『Appleが2017年末にマイクロLEDディスプレイ搭載製品を生産開始するっぽい。 #apple #マイクロLEDディスプレイ』…の続きを読む Appleが2017年末にマイクロLEDディスプレイ搭載製品を生産開始するっぽい。 #apple #マイクロLEDディスプレイ

記事を共有

パナソニック「透明テレビ」が用途がいまいち分からないが凄い。 #パナ #テレビ

記事を共有

パナソニックの「透明テレビ」何のために開発してたかわからないけど面白いw

「エアタッチスクリーン機能」もついてるので、離れててもジェスチャーで指示が可能。

◆今までにもあった?

「液晶画面を透過する」ってのは前からあったそうです。ただ、バックライトが付けられず、テレビ的な表現力が不十分だったとか。バックライトにかわる光源が外部に有れば簡単なことらしいのだけれど、光源が均一でないから見られたもんじゃなかったり。

今回の液晶が何が凄いのかというと

液晶自体が発光しながら映像を表示する

ってとこだそうで。

◆透明モードとスクリーンモード

動画の中で、映像が流れているスクリーンモードの間はある程度の遮光をするようなので、ガラス面に多くの情報を表示し目隠しをしたり、透過する透明モードとの差を利用することで模様替えを瞬時にという手品のような手法も可能になるようで。
(それ自体が光るので、モニタとしての利用、きちんとした表現が可能)

◆2018~2020年頃実用?

液晶テレビの薄型化、といういみでは、発行するバックライトを画面内に入れ込んだわけで、際限なく薄くでき、また、テレビの大型化が進んでも見ていない時は威圧感がないものになってくれるというのは良いのかもしれません。

2020年頃には実用できているようで、オリンピックの頃にハヤリのサイネージとして多く取り入れられるのかもしれません。

『パナソニック「透明テレビ」が用途がいまいち分からないが凄い。 #パナ #テレビ』…の続きを読む パナソニック「透明テレビ」が用途がいまいち分からないが凄い。 #パナ #テレビ

記事を共有