MozillaがPocketを買収。 #あとで読む #pocket

記事を共有

ブログ、ニュース、Twitterまとめなど、長文が持て囃されてここ数年辟易してるんだけど、それら長文を読み下すのをサポートするサービス、Pocketがこの程Mozillaに買収されましたとさ。

買収って聞くと、

スタートアップ企業の華やかなゴール

一時期一世風靡したサービスの青春の終わり

って感じもするけど、今回の買収は少し様子が違うみたい。

そもそもPocketはMozillaのブラウザFirefoxのプラグインとして出発しているそうで、Mozillaによる公式認定が済み、金銭的折り合いがつき合流って話っぽい。

『MozillaがPocketを買収。 #あとで読む #pocket』…の続きを読む MozillaがPocketを買収。 #あとで読む #pocket

記事を共有

【予想その2】iPhone 7ウワサをツギハギ。【コラム】 #apple

記事を共有
あと8ヶ月で新製品なんだね☆

そして、昨日の続きだ。

iPhone6Cは発売せず、iPhone7Cが発売。

コンパクトを売りにした廉価版でない4インチのiPhoneが発売される。
で、このiPhoneの発売日は先日までの予想とは異なり、他のiPhone7シリーズと同時に発表、発売されると予測されております。

一部では需要を食い合うなんていう噂もありましたが、既に4.7や5.5インチのiPhoneを手にした方が多いわけで、その後4インチのiPhoneをどう捉えるか、ということは割りと判断がつくことだから一緒に発売して大丈夫!となったのかもしれません。

 

原因はわかりませんが、9月のアメリカの入学シーズンではなく、夏休み前後にぶつけてきたってことでしょう。

卒業のプレゼントってことなのかな?

iPhoneの発売日が前倒しになるとゲームショウなどでのディスプレイが
最新のiPhoneで。
なんてことが現実味を帯びてきますが、最新機種のサイズが従来と同じだと
ゲーム作ってるメーカーはほっとするんですが、だいじょうぶかなぁ。
  • 夏だプールだ防水だ!

iPhoneの防水化はみんなが望んでいたことですが、特許もとったことですし、一部、iPhone6S Plusでは若干の防水要素が入っていたそうで、iPhone7で本格的な防水が実装されてくるかもしれません。

そうなると、なぜ、7月の発売なのか?ってことに理由が付くような気もします。

ま、それだけのことで7月の発売を実施するとは思えませんがw

 

  • 5.5インチのRAMは3GBに増量!!

やはり、5.5インチにもなると、描画にマシンパワーが必要なんですね。
しかも、4Kだとか、最近じゃ動画さくさくじゃないとヤダ!だなんていう需要も出てきてますし、そのままディスプレイに繋いでプレゼンしちゃうぞ!ってひとや仕事でガシガシ使う人はRAMたっぷりだといいんでしょうね…。

スペックオタクでないのでそこまで速さは気になりませんが
将来的にバージョンを上げていく時にネックになる部分は
つぶし込んでおいた方がいいに越したことはない。

 

  • Apple PencilがiPhone7 Plusで使えるらしい。

iPhone使ってるひとの中にももちろんスタイラスを使っているひとがいまして、ココの需要を取りこぼすことはAppleさんはしませんよ。

と、いうことで、iPhoneでもApple Pencilが使えるようになるらしいです。

となるろ、iPad Proでも重量があがりましたが、iPhone6S PlusよりもiPhone7 Plusは重量が上がるのかな??

iPhone7 Plusはモデルチェンジもするので、一概に重量が上がるとは思えませんが、
Apple Pencilが使えるようになって重さはどう変化をするのかな?

 

  • ディスプレイの有機EL液晶化は??

さすがにコチラはまだまだ先です。

ウワサではiPhone8の頃に有機EL採用をするってはなしです。

 

  • まとめのまとめ

現状のiPhoneの方向として、今回はフルモデルチェンジが行われそうなのでコンセプトも変更になってくるでしょうけれど、イノベーションというよりも、サポートセンターに駆け込む部分を減らしてスムースな使い心地を体験できるそんなiPhoneにiPhone7はなるんじゃないかなと思った次第。

薄さは更に。ってことになるでしょうし、サイズも3タイプになるみたいですし、使う方としては中々のものになるのかもしれません。


ミニイヤホンジャックがなくなるってのは少し驚きでしたが、Bluetooth採用、そしてワイヤレス充電が可能なイノベーティブなヘッドセットがAppleから発売されれば、ある程度のクレームはその辺りで吸収できることになるんじゃないでしょうか?

うん、なんだか未来が見える明るい話のような気がしてきたぞ!

 

 

情報源: iPhone 7のA10チップはTSMC独占、サムスン外れる? – すまほん!!

情報源: Apple Experimenting With At Least 5 Different iPhone 7 Configuration

情報源: iPhone7で5つの新機能を試作機でテスト!USB-Cやデュアルカメラ、マルチ3D Touchなど | IT Strike

情報源: iPhone 7は3モデル同時に来年7月発売の可能性大 : ギズモード・ジャパン

情報源: 「iPhone 7」シリーズは防水仕様に?? 「iPhone 7 Plus」は3GBのRAMを搭載との予測も | 気になる、記になる…

情報源: 有名KGI証券アナリスト報告:アップルは2016年前半に4インチiPhoneを投入、iPhone 7 Plusは実行用3GBメモリ搭載? – すまほん!!

情報源: やはりiPhoneへの有機EL採用は確実か – すまほん!!

記事を共有

【予想その1】iPhone 7ウワサをツギハギ。【コラム】 #apple

記事を共有

つぎはどんなだ?

あまりニュースがないようなのと木金とサイトの更新ができないので
作りおきの記事を置いておきます。

iPhone7についてウワサが色々ありましたのでまとめときます。

まとめと言ってもそこまで厳密じゃないけど
  • さよならイヤホンジャック

有りそうなはなしですね。

beatsを吸収したAppleがApple Musicの次にbeatsの遺産を使うって意味じゃ、Bluetooth系の接続で軽めなヘッドホンを提供とかね。

そうなると、もう、イヤホンジャックは必要ないってわけだ。
結構古くからのインターフェースだし、ココラでオサラバっていうのも有りですね。

  • A10チップ ~バイバイSamsung~

次期iPhone 7のチップ、A10チップはTSMC(台湾セミコンダクター)のみが生産。
A10チップは新技術で「回路基板に直接取り付け」をし厚みと重量をセーブ。
なぜか、Samsungさんの言を書くとコメントで
攻撃的なツッコミを受けることがあったのですが、これでララバイっすかね。

 

Appleでは、5つの試験を実施中だとか…

『【予想その1】iPhone 7ウワサをツギハギ。【コラム】 #apple』…の続きを読む 【予想その1】iPhone 7ウワサをツギハギ。【コラム】 #apple

記事を共有

文書作成をコラボしたい方にぴったり!「Quip」がサービススタート #ねねっと #iphone

記事を共有

なんでも「ソーシャル」って付ければいいってもんじゃないけど
ソーシャルワープロ「Quip」っていうサービスが始まったそうです。

要は、文書を共同で書いて行きましょう!というアプリですね。
SNSではちょっとパワー不足という人に専門性が有ってイイと思います。
ではインプレをば。

このサービスアプリとWebで同時にサービス提供を開始。
アプリはiPhoneとiPad向け、つまり、iOSで動くものが登場。

そして、ブラウザ上でも動く動く。

そのうちAndroidにも対応をするそうで。

ワープロに徹したアプリらしく
フォルダごとに権限を振って
コラボレーションを進めていくというもの。

サインインもGoogleのサインインを使ったりしていて
Google Docとどこが違うの?と思ってしまうが

・自分のデバイスにある連絡帳を元にした友達とワープロコラボ。
・箇条書き、タイトルの文字太く、など簡略なスタイルの付け方
・よりソーシャルを全面に打ち出したインターフェイス
・ファイルシステムの隣にチャット掲示板がついてる(コラボ重視)

こんなところが挙がるのではないでしょうか?

コラボして文書作成、ってことは、編プロさんのライターとか
テキスト中心の同人活動に向いてるんじゃないかな?
と思う次第。

あとなんでしょう?
文筆家と編集者のやり取りとかでしょうか?
まだ、当方もそれほど深く触れていないので
とりあえず、手持ちのiPadに入れてみようと思う次第。

初見の印象かた感じたところでは、恐らく、このアプリを作った
Facebookの元CTO、ブレット・テイラー氏なのか
Google同窓のケビン・ギブズ氏が文書をコラボレーションして
作業をしていくというワークスタイルのノウハウ、というか、好みが
はっきりしているんだなというところ。
そしてまだ将来的にこのアプリを伸ばす秘策が何かあるということ。
そしてこのようなコラボレーションこそが将来的に継続できると
判断して作ったことが何となく伝わってきます。(気のせいかな?)

プラットフォームとしてなづいていけば、GoogleDocよりもエレガントですし
なかなか良いアプリになるのではと思います。

そう、あと、コラボしないメモや、クラウドを廃した文書の作成には
Nenetのテキスト作成アプリ【議事録】をよろしくです。


(iOS7のβ4でうまく動作することが確認されています。将来的にも安心。)

個人的にテキスト作成アプリが好きなので
Quip応援して行きたいなと思う次第。

 

ネタ元

“ソーシャルワープロ”の「Quip」 まずはiPhoneアプリが登場

ITmedia エンタープライズさん.

記事を共有

PS4が発表されたけど、足を洗ったゲーマーから見て買うべきなのか?

記事を共有

値段は某新聞メディアによれば4万超らしい「PS4」。
その「PS4」はナニモノなのかをかいつまんでまとめてみる。

 

事の発端は、昨日発表されたソニーの最新ゲームハード

「プレイステーション 4(PS4)」のGigazineさんによる発表会まとめ
かなり良い感じにまとまっていたらしいのですが、
それでもイマイチピンとこなかったので

「一体何?」という疑問を胸にまとめてみました。

 

各項目はGigazineさんに併せてみたので、適当に比べてください。

 

 

◆「SHARE」ボタン一発でゲーム中のスクショがネットに流せる。

 

PS4、ゲームプレイが常時数分前を録画してるらしく、コントローラーの
「SHARE」を押すと直前のプレイ動画やスクショをネット上にうpれる。
または、Facebookに投稿できるらしい。

露出大好きゲーマーが友達にいるFacebookユーザーはしばらくの間
プレイ動画に悩まされる可能性が多々ありそうですね。

FPSでヘッドショットを決めてるドヤ顔ムービーとか…

 

テレビを見るtorneなどで、シェアボタン機能が活用可能なら、
テレビ視聴の傍ら楽しくFbにスクショやムービーが投下が可能になりますが
現時点ではゲーマー中心の魅せるプレイが可能な人にとっての
特異な機能ということになりそう。

Sony信者の方々はお布施とか本気で考えているフシがあるので、
ジハード的にPS4によるFacebookへの爆撃(投稿)を頻繁にしてくるかも。

ゲーマーの友人達は
「コレは何を賭けた闘いなの?」
といった人生を賭けたなぞなぞに出会えるだろう。

 

 

歓迎されるメディア、使い道としては、
ニコニコ動画やニコニコ静画、ニコニコ生放送あたりでもてはやされる機能に
なりそうですね。ローンチ時にニコニコ系のサービスに対応するかどうかが
PS4が受け入れられるかどうかの分水嶺になるかなと思います。
(ゲーム動画のインフレになる可能性はかなり高いかも。)

 

⇒一般人としてはテレビの情報共有やCMの保存、情報共有に効果がありそう。

⇒テレビオーケーなら、アイドルファンとか女優ファン、お宝動画マニア辺りに受けそう。

 

純然たる利用としては、ニコニコ動画、ニコ生あたりで効果が出ると思う。

Facebookでは生暖かく、白い目で迎えられる可能性が大。

 

 

 

◆「Ustream」などでストリーミング生中継可能

 

 

PS4のリリース文中には「Ustream(ユーストリーム)などの
インターネット中継サービスを通じてゲームプレイを友人に手軽に生中継することが可能」

 

⇒生主がそのまま垂れ流すのに便利。

⇒他人のプレイにちょっかいを出すことが楽しくなりそう。

生プレイの垂れ流し実況が流行りそう。視聴者からの支援など?が面白そう。

 

プレイストリーミングをひやかしてみていて、途中から参戦するというスタイルが良さそう。

同一時間、同一ゲームのプレイがメッシュ状に広がる可能性がある。
生主が2~3人別々に同じ場所でストリーミングをしながら連携プレイとか)

人気ゲームの一極集中化が起きる可能性が高い希ガス。
(モンハン的なノリのオンゲが一気に白熱しそうw) 

 

ゲーム周辺のプレイ文化が新しく芽生える可能性がある。

 

 

◆PS Vita・スマホ(iPhone/Android)・タブレットがリモートプレイのセカンドスクリーン化

 

 

Wi-Fi経由でPS4に接続することで、PS VitaからPS4のゲームをプレイできるようになる。

専用アプリ「PlayStation App」をiPhone/iPad/Android搭載スマホ・タブレットに入れると自宅のPS4の

遠隔操作が可能なリモコンになる。もしくは他人のプレイをニヤニヤ見るプラットフォーム化。

 

⇒需要あるのか?

⇒テレビ録画はNasneとtorneで実現しているので新しい感じではない。

⇒そこまで一般人はPS4のゲームが好きになるかは不明。

⇒勝手にジェネレートしそうもない。

コアゲーマーの練度が上がりそう…

⇒Vitaが有るんだから、少しは何かプレイさせてあげようず。

 

 

◆サスペンドモードでいつでもすぐにゲームを中断可能

PS4を節電状態で待機させるサスペンドモードによってシステムの状態が
一時保存される、というもの。いちいち起動を待たなくて桶。

ゲーム中にサスペンドしてブラウザを見る、裏でダウンロードが可能
などの機能もあり、パソコン化とゲーム以外のジャンルがPS4に
流入する可能性が高まりそうですね。あと、ウイルス問題が出てきそう。

 

⇒電気が掛かりそうね。

⇒途中で中断、そのまま断念するタイプの積みゲーが多くなりそう。

 

 

 

◆自分の欲しいゲームや見たい番組・映画などを事前に予測してあらかじめダウンロード

 

 

過去履歴の蓄積で、お薦めコンテンツが示唆される。

 

⇒コレはいい。

⇒ゲーム、映画に関するスゴ録的な何か。

⇒所有者の財布が軽くなるw

 

⇒受け身のエンタメを欲する人には良いプラットフォームになるかも。

 

 

 

◆クラウド化によって昔のゲームをプレイ可能に

 

定額制音楽配信サービス「Music Unlimited」

プレミアムビデオ配信サービス「Video Unlimited」

「PS Store内ゲームタイトルの一部を試遊可能に」…。

「発売以来3000にも上る豊富な“PS3タイトル”の多くをお楽しみいただける」

 

 

⇒音楽配信。ソニーはまず、ソニーグループを大事に思った。

⇒ソニーはグループ企業の利益を優先しゲームより映画配信を考えた。

⇒ソニーは、PS3で提供していた試遊を更に加速。

⇒「古い」とは言うがPS3のソフトをDL提供可能にし、タイトル不足を補いつつ

中古市場を潰しにかかっている?のかもしれない。

 

⇒音楽と映画は置いておくとして、新タイトルがスマホのように無料化していく

兆しが見え隠れしますね。特に、試遊で使ったデータを引き継ぎ

プレイをしていくようになるのだろうけど、ゲームは基本タダ。っていう新常識

コンソールゲームにもやってくることがほぼ決まっていそうですね。

あと、中古市場といっても、中古ではゲーム制作会社は直接儲からないので

制作会社にカネが落ちるならいいのかもしれません。

懸念されるのは、過去のタイトルを軽く遊べる中古の良さが

なくなってしまうことでしょうか。

中古ソフトの様な柔軟な価格決定がなされればいいのですが

あと、権利問題でDLできないソフトが出てきそう

そういった場合は、中古ソフトが流通できるプラットフォームの方が

いいのかもしれませんね。

(権利擁護はいいが、ゲームが権利のゴタゴタでなくなるのは良くない)

 

 

◆ソニーによる5つのキーワード…

 

使いやすさ(Simple)

サクサク(Immediate)

ソーシャルとの融合(Social)

様々なデバイス/サービスとの連携(Integrated)

ユーザー体験の最適化(Personalized)

 

面白さ、遊び、なんてことはどうでもいいのか?

⇒最近の技術を盛り込みスマホのライバルに成ろうとやっき

⇒少なくとも、家においてあるデバイスなのだから、もう少しくらい別な

価値観の提供はできなかったのだろうか?(とても疑問)

⇒ゲームをするデバイスではなくなるのかもしれない

⇒ゲームはもう、メインではない?

⇒ニコ動やニコ生などの生主専用マシンになるだけでも確かに良いのかも。

⇒そういう意味では、最新のデジタル遊具ではあるが、

ゲームに特化したゲーム機という幻想はもう金輪際出てこないのかもしれない。

 

⇒4万を超える金額でどれだけ売れるのかは疑問だが

それでも、遊びの間口が広がるからということで受け入れられる素養はある。

⇒テレビも面白さは疑問符がつくようになってきたし、大画面化したモニタを

席巻するには高性能なこのハードはある意味必然であり

任天堂にもスマホにもできないことをやろうとしているのかもしれない。

(PlayStation2がもたらしたDVDプレイヤーとしてのゲーム機が拡張するのかも)

 

Main Processor Single-chip custom processor

CPU : x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores

GPU : 1.84 TFLOPS, AMD next-generation Radeon based graphics engine

・メモリ GDDR5:8GB(176GB/秒の帯域幅GDDR5メモリーを搭載)

・ハードディスク内蔵

・光学ドライブ(読み出し専用)BD 6 倍速CAV・DVD 8 倍速CAV

・入出力 Super-Speed USB (USB 3.0)ポート、AUX ポート

・通信 Ethernet (10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T) IEEE 802.11 b/g/n

Bluetooth 2.1(EDR)

・AV出力 HDMI 出力端子 アナログAV 出力端子 光デジタル出力端子

 

★で、買いなの?

 

買ってみては?

 

テキトーにいいたいところだ、ちょっと待った。

ブルーレイプレイヤーとして買ってみる、ってのも実は得策ではなく

(PlayStation2とは時代が違う)そもそも円盤で流通するコンテンツが

少なくなってきたので、自分にあった動画再生プラットフォームがあれば

買う必要はない。

  <ブルーレイ危うし?

 

PS4を買うべき人は、生主、ブログ主などのキャプチャが必要な人々だと思う。

そして、それが何らかのステータスや遊びにつながるなら大いに活用できると思う。

活用できないなら、買わない方がいい。

 

Fbやスマホ関連のメリットは正直開発陣の意図したものにはならないだろう。

特にゲーム関連の動画がオモシロイと思って流す人と

ゲームに関係ない人の温度差拡大を招くツールになるかも。

 

メカ的には数年後まで耐えられる仕様を標榜して作っているでしょうから

HDDレコーダなどより、シャキシャキ動く可能性があり

意外とストレスなく色々扱えるようになるのでは?とおもいます。

その割に、入出力系がちょっと貧弱なので、色々心配。

 

ソニーがテレビをはじめ家電に本腰を入れたり、様々なグループ企業の

思惑を凝縮させ、登場させたプラットフォームという感じもするので

このデバイスがどうなの?ってのは一般人よりソニー社員にでも聞いたほうが良いかも。

 

僕はとりあえずNasneとiPadの運用をする事を考えているので

次のバージョン、薄型PS4が出た段階で買おうかな?と考えると思います。

なんせ、今回は標準的なアーキテクチャを使っているので、CELLを使った

変わり種PS3とは別に、早い段階でコストカットと縮小化が望めるのでは?って思う次第。

 

といかく、薄くなるか安くなるまでサナギマンの用に物欲に耐えるとします。

 
 <初期ロットには手を出すな!

 
ネタ元

「PS4」はプレイヤーにとって一体何が新しいのか、新機能や仕様詳細まとめ

GIGAZINEさん.

記事を共有

今年のGoogleさんの“冬の大掃除”は結構ヤバイので注意が必要。 #nenet

記事を共有

Googleさん、恒例行事「冬の大掃除」という触れ込みですが
自社内の限定的な影響しか無いサービスなら問題無いですが
今回の大掃除はメール関連のサービスが含まれてるので使っている人は一大事。

今回廃止されるので結構ヤバイのがGoogle Sync

法人契約の人には残るらしいのだけど、個人の人は要注意。
特にiPhoneでGmailを使っている人の一部に「Microsoft Exchange」で
Gmailを使っている人がいると思うのですが、 その人たち、1月30日までに
設定を変えておかないとメールが来なくなるかも。
(要はGmailをGoogleさんの持つエクスチェンジ経由でデータを取得してたらしい)

Googleさんは特に他の会社と違い、割とあっさりサービスの統廃合をするので
特に気をつけたほうがいいかと。

また、大掃除とは関係ないのかもしれませんが、KDDIとGoogleがコラボして
作り上げたGmailをバックボーンを使っている
メールサービスau oneも来年 3/31に終了しますね。

Google Syncについては、Windows PhoneでGmailを使用している人には
特に一大事なようで、水面下でMS対Googleのモバイル向け
プラットフォームバトルが始まっているのかもしれませんね。

Google Syncにしてもau oneにしても仕事で使っている人は
移行先サービスなどをこの年末に探しておくといいかもしれませんね。
 < 企業ユーザーはきをつけよう☆
ネタ元

Google、“冬の大掃除”でExchange ActiveSyncのApps以外でのサポートを終了

ITmedia エンタープライズさん.

au、「au one メール」のサービス終了を発表.

ASCII.jpさん

記事を共有

「月額150円でマンガ雑誌読み放題」Jコミ赤松健氏の構想が凄くイイと思う。 #nenet

記事を共有

 

Jコミで試行錯誤し、持続をしている赤松氏。

ラブひなとか、ネギま!とか代表作はあるけど
そんなことより、Jコミ以来の構想が面白とおもいます。

雑誌の電子書籍化、といか電子書籍に合う雑誌相当の
サービスをどう立ち上げるかということで、
赤松氏は凄い発想をブチアゲてます。

「150円払えば、2週遅れで電子化した『週刊少年ジャンプ』
『週刊少年サンデー』『週刊少年マガジン』『週刊少年チャンピオン』がすべて読める」

「紙と同じ値段設定はダメです」

「2週間遅れでの定額配信」

という大規模な定額配信アイデア。

 

雑誌は有名誌も売れなくなってきているし、
紙は維持できないラインに来ると同時に「廃刊」になり終わってしまう。
いま雑誌を出版し続ける体力が残っているうちに、別な、
例えば電子書籍に合うアプリなりに移る時なんでしょうね。

 

赤松氏の言う定額、月額150円で読み放題ってのもイイと思います。

ケータイキャリアが開始しているモデルにも近く
夏野氏がケータイ時代に成功させた「月額課金」

しかも150円という根付も絶妙。

ジュース一本分くらいの緩いお金で読み放題。
その緩さが無いとゲームのようにコアユーザーしか買わない
世界が出来上がってしまうと思います。

300円となると激安弁当くらいになってきますし、ニコ動もいる。
それ以上はバンダイチャンネルやhuluなどがライバルになってきます。

 

ココは提案なのですが、マンガは日本の素敵な文化だと思いますので、
競争力のあるプラットフォームをつくり、
海外にも同時翻訳をして売り込むなど積極的な販売をしていくことを
お勧めします。

海賊版にみすみすお金を持ってかれるのであれば、
編集部が見込んだ漫画をドンドン有料で海外に出していけばイイ。

(そこまで行ければ生き残れると思いますね。)

新しい次代の幕開けが近い、そんな気がしますね~

 

 
赤松氏は枠組み作るのうまいんすかね~

 

 
ネタ元

「月額150円でマンガ雑誌読み放題に」 赤松健氏構想に注目集まる 1/2 :

J-CASTモノウォッチさん

記事を共有

Appleは規約を緩和したが、新聞メディアはプラットフォーム戦争から脱走の構え。 #nenet #applejp

記事を共有

書籍の電子化がいまいちはやらないのは、iOSかAndroidかEpubかKindleか
将来自分が付き合って行きたいプラットフォームが
いまいち見えないからだという風に最近考えています。

 

プラットフォームに縛られない自由な媒体として新聞が生きのこる道は?

 

と、考えたかどうかは知りませんが、ブラウザで見れるWebアプリ化を果たし
Web上で課金する新聞Finantial Timesが登場
(Finantial Times紙は既に多くの読者をiOS上で獲得しているが今回Webアプリ化)

 

アダルト分野では数ヶ月前に展開している「Webコンテンツの有償課金展開」を
新聞社もとり始めたということらしい。

  新聞より進んでる?

ちなみに、当のアップルは2月に出したジョブズ御大のジャッジから
少々緩和した規約を公開しましたが、新聞社のApple離れが始まる可能性も。
(ちょっとやり過ぎた感が多かったんでしょうね。)

新聞メディア自体は運営スタイルのダウンサイジングや
Webへの適応が早い会社は復調すらしているようだし
AppleやAndroidに生命線をゆだねる必要のない独立した
スタイルをとってくるところも多いのではないでしょうか?

名声や権威の有った媒体だけが生き残るわけでもなく
より時代のニーズにマッチした情報を配信できる会社
生き残るようになってきたという部分はWeb的で面白いなとも思います。

 

< プラットホームおヒトツいかがですか?

ネタ元

Engadgetさん
http://japanese.engadget.com/2011/06/10/finantial-times-ios/

Cnetさん
http://japan.cnet.com/news/service/35003912/

マイコミジャーナルさん
http://if.journal.mycom.co.jp/news/2011/01/20/007/index.html

Jcast Newsさん
http://www.j-cast.com/2011/06/10098068.html

記事を共有

Appleが出してた「Javaでの開発はやめよう」と言う話の続き。 #nenet #applejp

記事を共有

「Javaを使った開発はしないでくんろ。」
Appleさんがそんなことをちょっと前にしていたように思う。

ちょっとしたWebアプリなどを作っている会社からすれば
「また林檎の野郎なんか言ってますぜ」的な話だったろうけど
Appleさんが開発会社にささやいていた話には続きがあったわけで。

AdobeのFlashを取り除いたように(一部開発環境としては残ったが)
今度はSunからOracleに移管されたJavaをMacから遠ざけたい模様。
(おそらく、Macだけでなく、虎の子iOSは真っ先に逃がすのでは?)

つまり、AppleさんはApple以外の大企業が持つ
ミドルなプラットフォームを迂回したものづくりがしたい
ということなのでは。
(今回はMac OSX用 OpenJDKプロジェクトととして前向きに迂回)

自社が手塩に掛けた製品群、OS、プラットフォームを
FlashやJavaなどによって牛耳られたくないのでしょう。

もっともな話ですね。

FlashにはHTML5があったように、何か別のものを
Appleさんが持ってくるのでしょうか?

ちょっとそこは考えていないみたいで
Flashほど浸透力や政治的問題が無いと見て「ゆるく提携」しておく
と言う方向を打ち出したのでは。
また、AppleさんのビジネスパートナーとしてOracleさん
Adobeほど仲が悪くないのかもしれない。
(もしくは分野的にコミットが薄いのかもしれない。)

Sunの技術や特許、人員をOracleは吸収したのかもしれないけど
オープンソース業界やJava界隈では
ちょっとした波が起きているようですね。

 

 

Javaと林檎のブレンド、いい味でるかな?

 

ネタ元
Cnetさん
http://japan.cnet.com/news/service/story/0,3800104747,20422823,00.htm
http://japan.cnet.com/news/service/story/0,3800104747,20421824,00.htm

TechWaveさん
http://techwave.jp/archives/51433216.html

記事を共有

黒いパッドのJungleに~♪ ゲーム世界のJungleはパナソニックのJungleが征す?<ムービー追加> #nenet #jungle

記事を共有

iPod touchが低価格ゲーム機の世界(北米)で受け入れられている
というジョブズ御大の話にGBA好きのさとー的には何となく
しっくりこなかったのだが、任天堂の路線とは違うゲーム機を
なんとパナソニックが提供するようだ。

Panasonicが?

3DOも大復活?

ドリームキャスト2を!なんて話も上ってるみたいだし
プラットフォームの見直しはありなのかもね。

Jungleって名前がなんとなく80年代っぽいけど、北米でウケる
ネーミングみたいで、大方好印象のようですね。

ちょっとカッコカワイイ感じのキャラクターもイイですね。

ネタ元
GIZMODOさん
http://www.gizmodo.jp/2010/10/_jungle_panasonic.html

GIGAZINEさん
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20101006_jungle/

JUNGLE特設サイト
http://welcometo.thejungle.com/

Game*Sparkさん
http://gs.inside-games.jp/news/251/25151.html

記事を共有