Weラブライブ!音楽業界の収益源が変わってきたようです。 #nenet

記事を共有









な~んて言ってる場合じゃない!

といったかどうかは不明ですが、音楽業界が円盤にすがる構図ではなく
ライブ・コンサートに活路を求めることが、状況打開の必勝法なのでは?って感じで
盛り上がりを見せているよ~って、プレジデントさんが記事を掲載。

レコ屋は既に握手券流通手段になって久しい昨今
握手券以外に割ける軒先は限界があるし、前向きな対応かな?と思います。
2004年ころには1000億しか無かったコンサートの売上が1600億円に
なったのは確かに凄いなと。
(ちなみに、音楽CD・DVD売上は4222億⇒2819億になってる模様。1403億減)

 

業界の主軸はやっぱアーティストだよ!なんて話もありますが
割れ厨が跋扈し、音楽の単品に支払う価格が崩壊した状態を
打開する意味で、ネットには流通しない生のパフォーマンスを提供し
みんなで盛り上がる(同じみこしを担ぐ祭りと言う感じ?)
このスタイルは定着するんでしょうねって思います。
(商品の根本をシフトして事態を打開)

それなら通常流通でなくインディーズの音楽で問題なし。
いい歌歌って、盛り上がって、ファンがグッズを買っていく。
それでいいじゃないかって、何だか原始的な様で現代的。

 

●○業界って80年台に言ってた言葉を聞かなくなって久しいですが
業界主体ではなく、需要に根ざした興行を 大きくなくていいから
作り上げていこうってことでしょうか? コンサートは儲かってない
なんて話も数日前にありましたが グッズの値段はまた別の話みたいだし、
最近は景気も回復傾向にあるから いい歌が出てくるんじゃないでしょうか?
(メジャーが全てじゃないし、それはそれで盛り上がってくれるといいですね)

 

 

 <音楽が盛り上がるといいなぁ。

 

 

ネタ元

1600億円 -音楽業界でまさかの「逆転現象」発生中 :PRESIDENT Online
プレジデントさん

縮み、変容する市場…音楽CDなどの売れ行きと有料音楽配信の売上をグラフ化してみる(2011年版)
Garbagenews.comさん

秋元「東京ドームの公演は6億円の赤字が出たそうです」
2ch勢いランキングさん

記事を共有

若者のiTunes音楽離れ。って感じでしょうか。 #nenet

記事を共有

iTunesの音楽DL数の伸びがiOSアプリに比べ
絶好調とはいえない状況になっている模様。
(ネタ元はGIZMODOさん。)

日本の状況って分けではないので
一概に日本がぴたりとはまってるとは思えませんが

アイドルの新曲が巷の話題にならなくなって久しく
音楽離れは年々進んでるきもします。

結構このグラフを見ると納得してしまうというか。
レコ屋でCDにお金を払うことは無くなりつつあり、
かといってiTunesなどでDLするのが
世の中的なスタンダードにもならなかったことを
考えると、音楽は産業的に今後も厳しい状況は
続くのかもしれませんね。

日本での肌感としては、

・マスコミュニケーションが80年代ほどパワーを
持たずマスが時代の歌を生まなくなくなった。

・iTunesで音楽をDLしてた人はもう満足してしまった。
(別の楽曲が入らないくらい音楽がHDDにある)

・iTunesを牽制するあまりポストCDのプラットフォーム
が成長しないまま今に至る。(特に日本)

・もっと面白いものがいっぱいできた。

音楽自体の時代に対する訴求力は
マスも弱体化したし、戦後の復興などと言う
上げ潮な局面でも無くなり、需要や趣向が
バラけた趣向の多様化を実現した現状
それなりに成り立つ産業に成り下がるのかも。

もっとも、音楽の同人活動などではバカバカ売れてる
って話も聞きますし、インディーズとかコアなファンが
直接作家から買うと言うマーケットにならない
マーケットが確立(ウチワ盛り上がり)し、
一般人が手にできるメジャーと言われるような
市場がシュリンクしていくと言う流れなのかも。

音楽で食っていく。そんなフレーズが
キラキラしている時代はもうこないのかなぁ。

ちょっとさびしい気もします。

 

プリーズ、ゴールドラッシュ。

 

ネタ元
GIZMODOさん
http://www.gizmodo.jp/2010/09/iphoneipod_5.html

記事を共有