第5世代iPadは9月発売?諸々の情報が載ってたのでポスト。 #nenet

記事を共有

情報筋がどんな筋かは僕にはわからないけど、その情報筋から漏れた情報らしい。

新iPad はディスプレイのガラス基板の薄さが0.25ミリメートルから、0.2ミリメートルに薄くなり、
狭いベゼルになるそうで、以前にリークされたiPad miniのようなiPadのベゼルのようなものは
どうやら本物のようです。

現状のiPadはiPadの第3世代と比べて厚みが出てきていたので、
もう一度薄さとコンパクトさへの挑戦をしていく決意があらわれてるリークですね。

で、この新しい5th-generation iPadは、薄さだけでなくタッチパネル技術も刷新。
LEDライトバーを第4世代の2つから1つに減らし、本体重量が25%~33%軽量化!!!すると予想。

 

ΩΩΩ<な、なんだってー

 

ディスプレイのパネルは、LG Display、Samsung Display、Sharpが供給するということで
Appleのサムスン外しはまだ実行されない模様。
供給元のメインが並びの順通りなら、サムスンやLGがメインでシャープはまた割りを食うのでしょうか
(IGZOパネルはまだ競争力あるんですかね?)

7月から量産体制に入り、9月に発売というのがおおかたの予想らしいので
大きいので軽いのがほしい人はそろそろ貯金を始めるといいかもしれませんね。

 

現行のiPadの重さが662gが最大でその33%減で433g。ついにペットボトルの重さを切ってくるのかも。
ってことが、個人的にカナリ衝撃。
社用でiPad miniを使っているのですが、持ち運びは楽になったのだけれど
どうにも、僕が企画した議事録でキーボードを打ちまくるとか、絵を書いてみるってことを
したときに、iPad2を使っていた時から比べると
かなり制作意欲が沸かないツールだなと微妙なニュアンスが
サイズの縮小化によって起っていることを最近ひしひしと感じている次第。

iPad miniに関しては、ビューアーとしては重量も少なく洗練されていると思うので
PDFや電子書籍、ブログの長文などを好んで読む人にはおすすめな端末だと思います。

僕は次のiPad発表あたりで個人で契約しているiPhoneを解約してiPadにシフトしようと考えているので
今回のこのニュースは中かかいい感触で迎えています。
iPadの現状の問題点はレティナとか解像度云々ではなく、軽くなかったことが
大きな失望点だったので、今回のアップデートにはとにかく期待したいところです。
(少なくとも500gくらいの重さになってくれたらなと願うばかり。)

 
< つまり、現ユーザーは手持ちのiPadの重さに絶望するわけですね。

 
ネタ元

【DIGITIMES】Apple、まもなく第5世代iPadの試作開始?2013年7月より量産、9月に200~300万台出荷??5/20

Apple Brothers + Mac Newsさん.

記事を共有

【買い分け】次はiPhone?Android?それともFireFoxOS待ち?【コラム】 #nenet #iphonejp

記事を共有


週刊アスキーの花のアンドロイド学園を見ていて
AndroidやiPhoneなど、結局何を買えばいいのか…
スマホの動向などを注視しているさとーにも「さっぱりわからない世の中」になっていること甚だしく、
提灯記事を各必要もない立場として、この先どんなものを買っていけばよいのか
コラムでも書こうと思った次第。

内容はスマートデバイスのどれを買うと良いか。
目的別に書いてみた。

●課金コンテンツ、ダウンロードコンテンツ使ってますか?

Androidを使ってる人もiPhoneを使っている人もいるけど
アプリを使いこなしている人がどれくらいいるのか。
ここが結構スマートデバイスの購入の分かれ道になるかと。

iPhone持ってる人の方がコンテンツに金を払う人が多い
なんて情報もあったりする。
(それを上回る額を個人が払っているのはiPadだそうで。
Androidもタブはあるけど、業務用が多く、あとはネク7だろうから…)

スマホでコンテンツを買うということは
スマホを電話以外に使っているということ。
ゲームとか、音楽聴いたりとか。

デバイスの面白い運用を模索し、
自分の好きな使い方を発見している感じ。

ここで提案。
「新しい何かアプリが欲しい人」は
iPhoneを買うことをおすすめする。

iPhoneの方がアプリが作りやすく
(製品ラインナップが絞られていて検証がしやすいなど)
課金コンテンツにお金を払ってくれやすい土壌があるので
アプリを作ってくれるベンダーが多くいるから。
(ただ、ここ2年くらいで大手ベンダーが焦土作戦を敢行しiPhoneも
Android的にお金を払わない、乾いたマーケットになりつつ有る
そうなると、資金難でアプリベンダーは退場せざるを得ない状況になる)

中小のアプリベンダーが課金コンテンツを展開しなくなったら
AppleとAndroidの差はなくなることも考えられるけど
あと1年くらいは大丈夫なのでは?と思える。
(もちろんAndroidにもアプリはあるけど、作りこみの時点で
カナリ疑問に思えるものが多く、決め手にかけるアプリが多い印象が強い)

iPhoneの優位性は次第に薄れてきているのは残念だけど
現実的な話なので仕方がない。
ただ、ここ数年はまだ大丈夫だろうという気がする。
Androidも実は結構グダグダな状態であり、ギャンブル性は
Androidの方が高く、購入して失敗する可能性が高い。
(各メーカーシェアが小さいのでダメでもニュースになりにくいだけ)

逆に、スマホで課金コンテンツを買わないという人もいる。
スマホのアプリ活用デバイスとしての側面はほぼ使わず
スマホの基本機能やお金のかからないソーシャルアプリを
使っているという人。

LineやFacebookやTwitterなどSNS的なもの。
パズドラ的なもの。
2chや2chまとめが主な使用用途。
こういう人。

つながること主体、OS自体の使いやすさや電池の管理などを
放っておけるならAndroidがいいのではと思う。
SDカードが使え容量拡張が容易だったりもする。
(マルウエアに関してはご愛嬌だが。)
特にNFCやカメラの高画質化なども望めるので
自分の望むスタイルのデバイスが出るなら
Androidを使っていても問題ないのではないかと思う。
アプリを使うプラットフォームとしては
OSのバラつき問題、機器の種類と仕様が多すぎる問題など
アプリを作る方に負担が多くアプリ利用に関しては
問題があるけど、大手サービス提供者が提供する
メジャーアプリのりように関しては問題ないのではと思う次第。
(無料で使えるサービスプラットフォームとしては
スタンダードになっていくことだろう。)

と、言うわけで、アプリをグリグリ使わず
適当なコミュニケーションをするに留めるなら
Andoroidがイイと思います。
(98の頃のWindows的な感じかな。)

デメリットは、Googleに多くのデータを提供し続ける事を
許諾していることがかな?
あと、デバイスのライフサイクルが異常に短いので
2年縛りのあとではかなりツライ存在になってるということ。
(それでも、通信機器としてはなんとかなると思うけど)
デバイス的にもバランスを考えるメーカーは出てくるだろうけど
どうやら、htcですら採算が合わないらしく
ベストなデバイスってのは出しづらく、ずーっとβ版的な
なにか煮え切らない状態が続くと思います。

 

●FireFoxOSとかタイゼンとかどうよ?

アプリが殆ど出てこないと言う意味じゃAndroid以下だろうし
先行き不透明なデバイスに2年を捧げるのはどうかと思う。

ガジェットマニア出ない限り買う必要はない。
スマホの3台持ちとかが問題ない人は趣味で買うレベル。
新参のOSに振り回されるならAndroidが入ったXperiaの
新作でも買っといたほうが良いと思う。
無難ということは難が無いということだ。
生活に関わるデバイスは枯れた技術のほうが良いという部分が多い。

 

●使用感で考える。

iPhoneを使っている人は、バランスの良さ、OSレベルでの
電池の管理、あるいはアプリの質の問題(マルウエア排除など)を
Appleが担保しているので、アプリを走らせるデバイスとして
持ち続けるのは悪くはないかなとも思う。

電話として使うことについては、いささか疑問ではあるけど
色んなデバイスを充電し続けなければならない面倒くささから
開放される意味では、iPhoneに落ち着いてみると意外と
窮屈じゃない、大体のことが寛容になれるとおもう。
iPhoneでできないことは放っておく。
そんな意識的な委託が可能。
突っ張った世界最強の運用術的なことを標榜しないで良いとこがある。

★iPhoneはバランス良好気を張らず疲れないが、命運はApple次第。

Androidに関してはOSが4以降も結構頻繁にアップデートされて
バージョンアップできないものも既に出てきているので
引き続きβ版的な印象が拭えないメカなのかなと。

★Androidは充電がきになるのと、成熟されないことが悩みかも。

スマートフォンに何を求めるか?なんて考えるのが面倒な人は
ガラケーが最高な選択かなとも思う。
電話とメールが出来ればそれで良いわけで、
Googleにデータを提供する必要もない。SNS疲れもない。

★ガラケーが実は成熟していていいかもしれないw

現在さとーはiPhone4Sを使っているけど、
この先カナリ驚きのiPhone5後継機が出ない限り、
iPhoneを存続購入するのはどうかなって考えている。
iPhoneは常に持ってるとカメラとしても活用できて悪くなはいのだけれど
「閲覧デバイス」としての性格が強く、何かを創りだしたり
アイデア蓄積などには向いていないなと、最近気づいているところ。

手持ちのWillcomのケータイと、次世代レティナなiPad miniが出れば
それを買うことになると思う。(iPad miniは回線付きのものを買う可能性が高い)

結局のところキャリアメールもWillcom以外は使っていないし
iOSの良さはマルチタッチジェスチャーや画面サイズ、電池の持ちなど
色々は面を鑑みてiPad miniに軍配が上がる。

★アイデアまとめたり、何かを作るならiPad miniかな。

iPhoneかAndroidか?って話だったはずが、iPadを薦めるなど
ちょっと落ちがついたところで、今回のコラムはお開き。

記事を共有

で、従来サイズのiPad:iPad with Retina(第4世代iPad)はどうなったの? #nenet #ipad

記事を共有

従来サイズのiPad。

iPad miniの影に隠れろくなリークもなく、急に発表されたため

客「え?」

Apple「え?」

という微妙な感じで受け入れられてましたが、非常に安定した
Apple的なまとめ方に落ち着いている良い製品化と思います。
(第三世代、「新しいiPad」は明らかにレティナ化を急ぎすぎた気がする特に
CPUの高速化を補うため電池を多めに、結果厚く重く。ってのは
お世辞にも良い結果でないよなと。)

A6X(クアッドコアグラフィックス+デュアルコア)とLightningコネクタを搭載。

Wi-Fiモデルは11月2日発売

価格はWi-Fiで
16GB:42,800円
32GB:50,800円
64GB:58,800円

Wi-Fi+Cellularは
au、ソフトバンクモバイルで「数週間以内」に販売
(Wi-Fi+Cellular はauとソフトバンクのLTE/3G回線に対応)

16GB:53,800円
32GB:61,800円
64GB: 69,800円

通信事業者が対応している場合は、Wi-Fi、Bluetooth、USB経由で
最大5台のデバイスを接続(テザリング)できる。

FaceTime にインカメラがHD化
2,048×1,536ドット、Retinaディスプレイ(264ppi)
電子コンパスも内蔵、セルラーモデルではGPSに対応する。

 

 

外側なカメラは500万画素の静止画撮影がOK。顔検出も装備。

1080p/30fps動画撮影に対応。

裏面照射型のセンサー(夜間に強そう。)、動画撮影時は手ぶれ補正(デジタル?)あり。

内側、インカメラなFaceTime HDカメラは720p動画が撮影OK。
センサーは裏面照射型
120万画素の写真撮影に対応、顔検出、露出補正も可能。
写真とビデオにジオタグ情報を記録。

再生可能なビデオ形式はMPEG-4 AVC/H.264。
最高1080p(1,920×1,080ドット)、30fps
High Profile 4.1のAVC動画が再生可能。
MPEG-4(640×480ドット、30fps、2.5Mbpsまで)
1,280×720ドット/30fpsのMoton JPEG(最大35Mbps)にも対応。
対応ファイルコンテナはmp4、.m4v、mov。Motion JPEGが.aviに対応。

音楽形式はAACとMP3、Apple Lossless、AIFF、WAV、AudibleH、E-AACに対応。

AAC/MP3の対応ビットレートは8~320kbpsまで。
写真はJPEG、PNG、GIF、TIFFなど。

バッテリは42.5Whのリチウムポリマー、バッテリ持続時間は約10時間。

Wi-Fi + Cellularの通信時で約9時間。

外形寸法/重量は変更なく、241.2×185.7 ×9.4mm(縦×横×厚み)

重量は652g(Wi-Fi)/662g(Wi-Fi + Cellular)。

「Lightning – USBケーブル」やUSB電源アダプタが付属する。

 

「iPad Smart Cover」の他背面もカバーする「Smart Case」を用意。
カラーはピンク、グリーン、ブルー、ライトグレー、ダークグレー
さらに(PRODUCT) REDで
Apple Store価格はCoverが3,980円Caseが4,400円。

 

iPad2も併売。
1,024×768な液晶
iPad 2は
Wi-Fi、16GB:34,800円
Wi-Fi + 3G、16GB:45,800円。

 

ネタ元

アップル、9.7型/Retinaの第4世代iPad。42,800円~ -AV Watch.

記事を共有

次期iPhone5は意外と保守的なデザイン? #nenet

記事を共有

薄くて縦長、しかしiPhoneとひと目で分かるそのデザイン。

次期iPhone5と思われるパーツ3rdな修理屋さんの手で公開されてます。

今までにもあった下側にヘッドホン端子があったり
ドックコネクタが新型の小さなものに変わったり、諸々アップデートしそうですね。

しかしながら、iPadのレティナ化と同様、今度の縦長化は
iOS向けアプリを開発しているアプリベンダーを
少なからず苦しめることになるのでは? と考えさせる部分が…

 

ケースなんかも諸々噂が流れているようで、
あとは、中身がどうなるか?とか電池の持ち時間とか
そういうスペックの方に注目が集まっていくのかもしれませんね。

そういえば、iOSの進化といえば一時期ホームボタンがなくなるのでは?
なんてことが昨年あたり囁かれてましたが、
まだ実行には至らないんでしょうかね。

デザインは従来のものを踏襲しながら薄く縦長に、ということが確定ほぼ
確定しそうな感じですが、まだワクワクさせられる何かが詰まっていると
いいなぁとも。

 

ドックコネクタ対応製品が仕切り直しになるので、より小型で
充電なども対応したものがいっぱい出るといいなぁなんて思うわけで。
 こんなのもいっぱいでるといいなぁ。
ネタ元

次期iPhone5と思われるパーツをいくつか入手しました!.

記事を共有

新MacBook Pro登場間近?薄々のRetina? #nenet #apple

記事を共有


Airより薄いかな?

 

WWDCでの発表の目玉は?

Macのレティナ対応!って線が濃厚になって来ましたね。

アメリカさんのニュースサイト9to5Macさんでは、
15インチの新「MacBook Pro」は…
Retina ディスプレイで、今までよりも薄く、当たり前だが速くなって新登場!
って「信頼筋」が伝えてきましたYo!と。

「間違いなく、Macにおけるここ数年間で最大級のイノベーション」

といつもの口調で宣伝文句が垂れ流されてますが
ビデオ周りの処理がうまく追いつくのかとか、外部モニタの
値段が上がりそうだ!とか、いろいろ大人な問題が脳裏をよぎるんだぜ?

シャープ製IGZOパネルはサイズ的にうまいことぴったり合う製品が
見当たらないし、日本人にとってのOne More Thingはシャープ製の
IGZOが採用されるっていうニュースなのかもね。
(結局、新しいiPadでは採用されていないし、どうあんることやら)

 
  <IGZO?よんだがぁw?

ネタ元

新型 MacBook Proは薄くなってフラットなデザインに、Retina ディスプレイ搭載説が濃厚に

ギズモード・ジャパンさん

記事を共有