カールツァイスがiPhone向けにレンズ3本!の内容を少し詳しく。 #カールツァイス #Apple 

記事を共有

ZEISSだ!

カールツァイスのレンズがiPhoneで使えるぞ!歓喜!!

って感じのニュースがCES2016の後に流れたわけだが、スペックシートが書いてなかったり、扇動的だけれど中身が無い感じだった。

少し怪しい雰囲気だし、ニュースソースを読んで+画像を見て、改めて書いてみることにした。

まず、この商品はフェローズというアメリカのiPhone向けアクセサリーメーカーの

EXOLENS

という商品の

スペシャル商品だということ。

 

そして大前提。

カールツァイスのT*コーティングもカールツァイス基準のレンズも装備されるのだとして、iPhoneのカメラはiPhoneのカメラ以上にはならない。

なぜなら、レンズはレンズ群のうち後群がモノを言う。

前群も確かに必要だけど、凹レンズ始まりのハヤリの光学系でもない限り、最終的に素子にたいして光を渡す後群の部分や、素子自体を変更する、大きくするなどの対策をしないとひっくり返るような劇的な変化は起こらない。

 

んでまー、3万~5万円くらいの値段になりそうなこのレンズは何に使うのか?というとこ。

至ってシンプル。

  • テレコン(テレコンバージョンレンズ)

  • ワイコン(ワイドコンバージョンレンズ)

  • マクロ風焦点距離の間接的変更レンズ

の3つの用途だ。

テレコン、ワイコン、ということは、通常のレンズの前にくっつけて通常のレンズを「広角風、望遠風」に倍率変換をしてしまうレンズだ。

だもんで、マスターレンズ、うえで表記した「通常のレンズ」部分の光学系は変わらないので、もとのレンズ以上、もとのカメラユニット以上の画像は出ない。

テレコン2.0倍。

iPhoneの換算サイズが28mmなので56mmの標準レンズ的な換算に。

ワイコン0.6倍、28mm×0.6で16.8mmの超広角。

マクロに関しては、焦点距離を変えつつ、
3~12センチの距離での接写が可能ということ。
Vario-Proxar(焦点距離変更(Zoom)と接写)という名称の示す通り焦点距離が何らか変更が起こるということと、接写ができるということしかわからない。ズームと書いてあるが、ニョキニョキ鏡筒が伸びるわけではなく、恐らく少しだけ焦点距離が変異することを告げているのでしょう。

値段はおそらく通常のEXOLENSの2~4倍、通常2本+ベースで2万数千円くらいだから
1本で3万5千円とかかな?(類推・憶測)
セットで10万円。(類推・憶測)まぁありそうだw

で、このレンズの真骨頂は?ということに争点は移ってくる。

このレンズの真骨頂、存在意義は…

『カールツァイスがiPhone向けにレンズ3本!の内容を少し詳しく。 #カールツァイス #Apple 』…の続きを読む カールツァイスがiPhone向けにレンズ3本!の内容を少し詳しく。 #カールツァイス #Apple 

記事を共有