【コラム】AppleがiTunesでの「楽曲のダウンロード販売」を2019年までに終了させるかも??って予測。 #予測 #apple #itunes

記事を共有

噂ではなく、予測って話。

AppleがiTunesを介して販売してきた楽曲をダウンロードスタイルではなくストリーミング配信に絞るのでは?って予測らしい。

Apple ‘On Schedule’ to Terminate Music Downloads by 2019
https://www.digitalmusicnews.com/2017/12/06/apple-terminate-music-downloads/

iPod系の展開も絞り、AirPodなど物理的な結線を両断し、更には音楽の配信構造も変えるかも。って予測のようで、Shazamの買収の噂話などもあがっておりアリそうなはなしだなと。

ただこの予測は上のDMNが「Apple内部の関係者の話」として載せたもので、市場がどういう反応を示すかを探るための観測気球なのかもしれません。

iTunesのMacやWindows向けのアプリからは本やアプリを管理するシステムが取っ払われたり、情報を整理する方向に流れているようにもみえるので、ダウンロード販売をなしにするという将来の方向性も模索の対象なのかもしれません。(この辺からコラム☆)

個人的には、そこまで音楽を聴かず、好きな音楽だけを買って所持することに価値を見出している僕のようなライト層に月額利用料を払えというのは非常に暴力的なことで、ありえないのではないかな?とも。

Amazon PrimeやAdobe Creative Cloudみたいに、Appleのクラウドに幾らか払うと多くのサービスが一気に得られるという方向性も有るのかもしれません。
それどころか、iPhoneやMacの購入金額も一緒に月額支払というスタイルも起こりうるのかも。

まぁ、まだ2年位先の話なので、どうなるか?ってことは気にしないでもいいのかもしれません。

もしくは、音楽を買うプラットフォームを今から再選定をするとか?

Appleに下駄を預けすぎないというのも一つの手かな?と最近は少し考えるようになっているところで、こんなニュースだったので、気になったのでポストした次第。

 

情報源: Appleが音楽のダウンロード販売を2019年までに終了させてストリーミング配信を本格化との予測 – GIGAZINE

情報源: Apple ‘On Schedule’ to Terminate Music Downloads by 2019

情報源: アップル、音楽認識アプリのShazamを近く買収か – CNET Japan

記事を共有

iOSのLightroom Mobileで3枚合成のHDR撮影が可能に。 #adobe #LR #iphone

記事を共有

写真好き、iPhone6S以上を使っているみなさまおめでとう。

AdobeのLightroom Mobile

RAWデータを基にしたHDRが「無料で」作れるようになりましたよ。

Android版もあるらしいです。

また、前バージョンでも使えたRAWデータの取扱も可能(DNG)

iPadに関してはiPad Pro9.7インチのみとのこと。

『iOSのLightroom Mobileで3枚合成のHDR撮影が可能に。 #adobe #LR #iphone』…の続きを読む iOSのLightroom Mobileで3枚合成のHDR撮影が可能に。 #adobe #LR #iphone

記事を共有

人生の時間を本に割くなら、AmazonのKindle Unlimitedはひとつのゴールではないか?

記事を共有

電子書籍がどうなるのか?

少し落ち着いてきたように思えた電子書籍界隈でまた激震が起こった。

電子書籍の雄、AmazonのKindleがコミックと和書12万冊、洋書120万冊

読み放題

Kindle Unlimited

を8月3日にスタートした。

毎月980円で読み放題である。

恐らく、和書全部12万冊、1冊につき1時間かけて読むとして、12万時間

実に5000日、13年は掛かる。

逆に

『人生の時間を本に割くなら、AmazonのKindle Unlimitedはひとつのゴールではないか?』…の続きを読む 人生の時間を本に割くなら、AmazonのKindle Unlimitedはひとつのゴールではないか?

記事を共有

iOS10ではiPhoneとiPadで撮影したデータをRAWで保存できる模様。 #apple

記事を共有

iPhone7は球面素子+大口径レンズだ!

と先日当方の歓喜の声を掲載しましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

Appleさん、遂にコンパクトデジカメを殺しにかかってきましたよ…っと。

なんと、”RAW” データをiOS10を載せた一部のiPhoneやiPadで扱うようになるそうです。

A8、A9プロセッサが載ってるデバイスっていうのがざっくりの括りっぽい。

独自のRAWではなく、DNG形式というのも非常に嬉しいところ。

写真趣味の人はピンとくると思いますが、iPhoneやiPadのカメラのレンズ次第では、多くのコンパクトカメラは昇天してしまうかもしれません。

『iOS10ではiPhoneとiPadで撮影したデータをRAWで保存できる模様。 #apple』…の続きを読む iOS10ではiPhoneとiPadで撮影したデータをRAWで保存できる模様。 #apple

記事を共有

macOS Sierraにつく「Safari 10」は初めはFlash無効! #apple #mac

記事を共有

 故ジョブズ御大の悲願達成?

この秋登場する
「macOS Sierra」に載る
「Safari 10」は
最初からAdobe Flashが
無効化されるそうだ。

Flashは常々「ゼロデイ攻撃を受け得る脆弱性」という致命的な問題が散見されるし、まぁ仕方ない

更に、Flashが必要なサイトなどでは「Adobe Flashがインストールされていません」と表示されプラグインのダウンロードリンクが表示されることが多いが、Safari 10ではこういったリンクも表示しないそうだ。

なんともストイック☆

ただし、全くFlashやSilverlightが使えないわけではない。

『macOS Sierraにつく「Safari 10」は初めはFlash無効! #apple #mac』…の続きを読む macOS Sierraにつく「Safari 10」は初めはFlash無効! #apple #mac

記事を共有

iPadでRAW現像OKに…「Photoshop 写真家向けプログラム」に入ろうと思うの巻。

記事を共有

アドビシステムズさん、つまり、Adobeさんが
iPadでRAW現像ができる『Lightroom mobile』を発表。

カメラやってる人からすれば結構へ~ってな話。

で、Adobeさんは「Photoshop 写真家向けプログラム」ってのを
2014年3月31日まで登録募集していた。

月額980円でPhotoshopCCとLRCCが使い放題。(通常利用より爆安)
加えて、写真公開サイトと20GBのストレージ付き。

というか、年間12000円くらいでフォトショップとライトルームが使えるよ。
それも、将来的にもほぼ同じ値段で…。

というものだったかと。

悩んだままスルーしていたんですが、スルーしていたまま後ろ髪を引かれてた。

で、後ろ髪引かれてたところに、
この今回の「Adobe Lightroom mobile」提供開始のお知らせですよ奥さん。

ぐぬぬ。

正直3月31日までに支払っておくべきだったかなアドビ税…。

とおもったら、なんと5月31日までに申込期間が延長されております。

 

ΩΩΩ<な、なんだってー!?

 

何を言っているのか意味がわからないかと思うけど
よくあるキャンペーン期間の延長のようなものなのかもしれない。

なんにせよ、また少し悩む時間ができたというわけだ。

RAW現像をしていく上で、LRはけっこうなスピードで
新らしく市場に投入されたカメラのRAWに対応をしてくれるので
対応が何かと遅いAppleさんのApertureよりも運用するならいいような気がする。
で、今、Apertureに完全移行をした僕が、Adobeさんに毎年税金を払うか
何も言えなくて夏…。

ネタ元

Photoshop 写真家向けプログラム

モバイルの写真加工アプリ | Adobe Lightroom Mobile.

Adobe さん.

記事を共有

アドビ<ジョジョ、おれはパッケージアプリをやめるぞ!⇒フォトショップなどパケ版CSシリーズを廃止し「Creative Cloud」をスタート… #Adobe #Photoshop #mac

記事を共有

ジョジョ、

おれはパッケージ版をやめるぞ!

 

Adobeはそう言い放ち印刷業界をかなぐり捨て夜の闇へと去っていったとさ。
(6/18~クリエイティブクラウドを発売し、CS6は廃止ってことで)

詳しい販売とか謳い文句とかはマイナビさんあたりに任せることとして
この暴挙の恐ろしさの片鱗を味わってください。(印刷業界人向け)

 

パッケージ版廃止=常に新しくなる=常にヤバイ?

 

Creative Cloudのコンセプトは確かに判る。
常にバージョンアップ、新らしい製品を買うことを意識しなくても
常に最新のソフトで最高の仕事が出来る。

エクセレント!

と、一般の人は思う。

アドビの中でこのシステムを考えた人も
そういった人だったんでしょう。

印刷業界にとっては入稿事故のもとである新製品、新機能なんてクソ食らえだ。
事故が発生する可能性が非常に少ない枯れた製品こそプロ仕様ってわけで

Creative Cloudの目指す常に新しい、ってのは
常にリスクを最大限にし続けるということになり
とてもじゃないけど安心して仕事が出来るとは思えない状態になる。

illustratorやPhotoshopには仕事で使うとなると
とにかく意味不明な微妙な仕様がそこここに有り
バージョンが1~2個前のモノで修正パッチをたっぷりあてないと
安心して入稿できないというのが常識。

つまり、どのバージョンのどのパッチを当てた状態までが
どれくらい安定しているかということが体験的、実験を超えて認識され
共有知としてシェアされるまでに一定の時間が有り
バージョンを上げてテストしてまずければダウングレードして
というような微妙な運用がOKでないと問題が発生した時に
全く対処ができなくなるというわけだ。

さとーの経験上、アウトラインを取って入稿したのに
文字が吹っ飛び大半の文字が消失とか、カラープロファイルの仕様が緩いとか
とにかく常識では考えられない
謎の現象が起こってしまうのがAdobe製品なんだよ!
(結構そういうことが原因で要らぬ出勤をすることになったことが体験的に多くある。) 

…という例を挙げるまでもなく、血と涙の上に成り立っている
仕事をする人でないとわからない謎の掟の上に
印刷は成り立っているわけで。

そして、そういったノウハウ的な何か。
言い換えれば謎テクニックの蓄積を新生「Creative Cloud」は
現状許さないわけで…。

クラウドという名前がSaas的なものかと思っていたが
実際にはPC。上にダウンロードして稼働させるアプリらしいが
バージョンアップを自分で決める事ができるとは書いてあるが
ダウングレードやパッチの柔軟な適用の有無ができなければ
あまり意味が無いような気もする。
(99日間のオフライン稼働もするらしいから、なんとなく認識はありそうだが…)

 

まぁ、杞憂に終わればいいのだけど…
Creative Cloudレガシーとか、
バージョンアップに関してもっと過敏なくらいに
切り分けできるシステムが出ない以上、仕事では使えない気がしますね。

(要はポストスクリプトデータが間違って出てこない。
 プレートがきちんと出てくればなんだっていいというのも本当のところだけど) 

 

ココに来てPDF入稿が全ての福音ということになりそうではあるのだけれど
Creative Cloudが規定されたPDFデータのようなものを生成しかねないので
バージョンアップごとに毎回ヒヤヒヤしながら入稿をしなければならないという
絶妙な状態がずーっと続くことになるでしょう。

サポートやさとーみたいな怖がりを説得するページもあるみたいだし
とりあえず、そのあたりを読んで検討してみてはいかがでしょう?

 

 

…さて、

野暮な話はこのへんにして、
CS6の購入を考えるとしようじゃありませんか。

最後のパッケージだしね。
ネタ元

Adobe Creative Cloudのホント!

Adobeさん

.

アドビ、「Photoshop CC」など最新ソフト群を本日発売 – 関連情報まとめ | クリエイティブ

マイナビニュースさん.

記事を共有

Adobeの技術で更にスマホが面白くなる?かも。 #nenet #adobe

記事を共有

SDK、開発環境の話ですみませんが
AdobeさんがPhotoshop関連のSDKを無償公開しはじめたそうな。
しかもiOS、Android両方に向けて提供。

とりあえず、ユーザーの皆さんはもうチョットしたら別の楽しいアプリが
でてくるのかな?という認識でいいと思います。
中にはiPadをPCの外部タブレットとして使うSDKもあったり
PCとiPadの連携とか、デバイス間の垣根を取っ払う
次世代なタブレットの使い方がどんどんすすむんでしょうね。

 

開発者の皆さん、Adobeへレッツゴー!

ネタ元
Engadgetさん
 http://japanese.engadget.com/2011/04/11/photoshop-ipad-3-android-ios-sdk/

記事を共有

巨人Adobeの財源のひとつビューアーとしてのPhotoshop、Illustratorの終焉。By Google #nenet #googlejp

記事を共有

iPhoneやAndroidとちょっと離れて
Adobeのお話し。

PhotoshopやIllustratorといえば、デザイン会社にとって
無くてはならないものですが
実は隠れたユーザーとして
広告会社クライアントの宣伝部などでの導入されてます。

デザイン会社が作ったもの。中身が確認したいとか
出来心で中身をゴニョゴニョとか。
(というよりも、急展開して金額や内容が変わった場合
変更を余儀なくされる場合があり、必須だったり)
まぁ、クライアントサイドにも入稿データの一つや二つ
触れる人間が居るのは当たり前ですしね。

で、まぁ、クライアントサイドとしては
中身は触りたくないのが本当のところ。
なにせ、金払って作ってくれたものが入稿直前で
壊れたりしては目も当てられない、制作会社に全てを
ゆだねておけばそういう心配は本当に無いんですよ。もう。

.PSDファイルや.aiファイル
中身は確認したいが、PhotoshopやIllustratorで開けたくない
そんな需要に応えるものを…なんとGoogleが提供

ちょっとたまげた。

ネタ元はjapan.internetさんだ。

種明かしをすればGoogle docが強化され
・Microsoft Excel (.XLS および .XLSX)
・Microsoft PowerPoint 2007 / 2010 (.PPTX)
・Apple Pages (.PAGES)
・Adobe Illustrator (.AI)
・Adobe Photoshop (.PSD)
・Autodesk AutoCad (.DXF)
・Scalable Vector Graphics (.SVG)
・PostScript (.EPS, .PS)
・TrueType (.TTF)
・XML Paper Specification (.XPS)
というようなファイルが無料で読み込み出来てしまうとのこと。

まぁ、再現性はどうなるかは不明だが
中々スゴイサービスだとおもう。
(エクセルやパワポも無料で閲覧可能)

マイクロソフトやAdobeの利益を切り崩すGoogle。

ユーザーからするとありがたいが、
データ形式で寡占状態にあったソフトメーカーからすると
耳の痛い話なのかもしれない。

 

Freeの波がソフトの巨人を襲う…。

 

ネタ元
japan.internetさん
http://japan.internet.com/webtech/20110221/12.html

記事を共有

Appleが出してた「Javaでの開発はやめよう」と言う話の続き。 #nenet #applejp

記事を共有

「Javaを使った開発はしないでくんろ。」
Appleさんがそんなことをちょっと前にしていたように思う。

ちょっとしたWebアプリなどを作っている会社からすれば
「また林檎の野郎なんか言ってますぜ」的な話だったろうけど
Appleさんが開発会社にささやいていた話には続きがあったわけで。

AdobeのFlashを取り除いたように(一部開発環境としては残ったが)
今度はSunからOracleに移管されたJavaをMacから遠ざけたい模様。
(おそらく、Macだけでなく、虎の子iOSは真っ先に逃がすのでは?)

つまり、AppleさんはApple以外の大企業が持つ
ミドルなプラットフォームを迂回したものづくりがしたい
ということなのでは。
(今回はMac OSX用 OpenJDKプロジェクトととして前向きに迂回)

自社が手塩に掛けた製品群、OS、プラットフォームを
FlashやJavaなどによって牛耳られたくないのでしょう。

もっともな話ですね。

FlashにはHTML5があったように、何か別のものを
Appleさんが持ってくるのでしょうか?

ちょっとそこは考えていないみたいで
Flashほど浸透力や政治的問題が無いと見て「ゆるく提携」しておく
と言う方向を打ち出したのでは。
また、AppleさんのビジネスパートナーとしてOracleさん
Adobeほど仲が悪くないのかもしれない。
(もしくは分野的にコミットが薄いのかもしれない。)

Sunの技術や特許、人員をOracleは吸収したのかもしれないけど
オープンソース業界やJava界隈では
ちょっとした波が起きているようですね。

 

 

Javaと林檎のブレンド、いい味でるかな?

 

ネタ元
Cnetさん
http://japan.cnet.com/news/service/story/0,3800104747,20422823,00.htm
http://japan.cnet.com/news/service/story/0,3800104747,20421824,00.htm

TechWaveさん
http://techwave.jp/archives/51433216.html

記事を共有