紀伊國屋書店さんが立つ!Androidスマホ向け電子書籍サービスを5/20に開始。 #nenet #Androidjp

記事を共有

電子書籍元年が過ぎ、電子書籍2年な今日この頃いかがお過ごしで?

iPadあたりで気軽に本を読むことを夢想していたさとーとしては
日本のこの惨憺たる状態は…

まぁ、ある程度は予想してたんですけどね。

今回、紀伊國屋書店さんが「紀伊國屋書店Kinoppy」という
ちょっと微妙なネーミングのAndroidアプリをローンチしましたよっと。
出版社の営業するブックストアは何だかこなれてないし
他の出版社の本が無かったりと面倒な感じだったり
色々いけてない部分があったわけですが、海外でも商社的に
人気のある(オーストラリアでは大人気らしい)紀伊國屋書店が
この日本の電子書籍業界の荒れ野を制する覇王になるのかな?

的な。

しっかし、古参の紀伊國屋書店さんが自称するのに「キノッピー」ってどうよ。
かなりキモイ呼称のサービスをはじめてしまったのがアダにならなければよいが、
会議の途中とか、稟議があがっている最中とかに誰か途中で止めなかったの?
ちなみに、サービス名自体は「紀伊國屋書店BookWebPlus」という名前があり
こちらも、少しばっかり中二病っぽいネーミングであり、没個性というか…。

 

 

ネーミングが微妙なのはほっておいて、このキノッピーかなり難産だったようで。
実際にはiPhone版、iPad版を先にローンチしたかったようですが
「奮闘努力の甲斐も無く、こんな苦労を~」
という感じで、Android版が先にローンチしてしまった模様。

恐らく、今後数ヶ月で海外勢、特にAmazonさんが大量の本を
日本で販売するんだろうなというウワサを(ry
これ以上言うと消されてしまうのであれですが、まぁまだこれからですよ。

先日話したとおり、将来的なことを考えると
おいそれと電子書籍に飛びつけない状態で
小競り合いが続いているわけですが
いち消費者としては

『ぶっちゃけ、電子書籍なんて買う判断がつかない、もう、めんどくせ。』
ってかんじであり
『いまさら紙の本なんて、数年後にはゴミの山なんだぜ?』
っておもうことと
あわせて、絶望的日本が買いずらい状態に陥っているわけで。

紀伊國屋書店さんはやいところ、覇王になってくだちい。

って思ったりもするわけです。
あと、Android3.0を採用した白黒E Inkタブレット端末なんてのも
あわせて出してください。もちろん、日本語対応で。(電池持ちそうだしね)

 

 

う~ん
そういうことを諸々考えると、まだ全然日本での電子書籍の
ムーブメントが盛り上がることなんてなさそうなんですよね。
Amazonまちなのかなぁ。

 

 

この乱世をキノッピーが制す!

 

ネタ元
紀伊國屋書店さん
紀伊國屋書店 アンドロイドスマートフォン、タブレット向け電子書籍サービス開始
http://www.kinokuniya.co.jp/company/pressrelease/20110512123003.html

紀伊國屋書店BookWebPlus
http://bookwebplus.jp/index.html
https://twitter.com/#!/Kinoppy_Dev/status/30567103757033472

スラッシュドットさん
http://slashdot.jp/apple/article.pl?sid=11/05/13/0735237

もみあげチャーシューさん
http://michaelsan.livedoor.biz/archives/51615962.html

ねねっとの過去記事
https://iphone-ipad-app.com/?p=1771
https://iphone-ipad-app.com/?p=3135

記事を共有

Googleは電話を入り口に世界政府化する? #nenet #androidjp #googlejp

記事を共有

Googleさんの記事で先週CEO交代っていう
方向修正のランドマークが立てられたばかりですが
Googleさんの今年の目標はシュミットCEOいわく
「グーグルが2011年に手がける戦略的な取り組みについて
考えていくなかで、私はそのすべてがモバイル分野に関係する
ものだと気付いた」と「モバイル分野に全力投球」を吐露したそうです。

つまり、昨年までのAndroidはまだまだ本気じゃ無かったよ。と。

さらに

1.より高速な無線通信網(「LTE」に言及)の展開

2.モバイルマネーの大規模展開

3.廉価なスマートフォンの世界的な普及

と言うことを掲げてます。

 

 

え~と

LTEに関しては、ハネムーン中のベライゾンとAppleへの釘刺しでしょう。
ベライゾンさん引き続きAndroidよろしくね~的な。

 
で、モバイルマネーの大規模展開と廉価なスマホが興味深い。

プレミアム市場でのスマホというのが今までの図でしたが
ファーウェイ(華為)の得意な分野などに打って出ると言うことでしょう。
ローエンドユーザーに対してのスマホ提供。
中々興味ありますね。
(事実上、マスに訴えるには数が必要だし、家電に匹敵する
状況にGoogleが滑り込んで、無くてはならない存在になる)

あと、モバイルマネー。

ケータイで使うお金、コレを全部Googleが牛耳るとなれば
世界通貨としてのGoogleドル(?)といった感じになっていくのかと。
世の中の通貨に換わりGoogleの金で生活がまかなえる。
そんな世界がくるかも。

そういえば、グルーポン買収を断念(?)したGoogleは
自社でフラッシュマーケティングをはじめるそうで
Google Offerというのを準備中だとか。

ここらへんからユーザーのモバイルマネーを引き出す
施策としていくんでしょうかね?

ドコモあたりが日本でやっていることを、Googleは世界で
やろうと目論んでいるんでしょう。

ガラパゴスなんて自嘲してないで
はやめに世界で展開してればよかったのにね。

 

 

ガラパゴスって一周先を行ってただけでは?

 

ネタ元
WirelessWireさん
http://wirelesswire.jp/Watching_World/201101211542.html

Cnetさん
http://japan.cnet.com/news/service/20425327/

週刊アスキーさん
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/026/26427/

記事を共有

IS01がAndroid1.6からのバージョンアップを断念したとTweetがあり、方々てんやわんやなう。らしいw #nenet #au #au_2010 #androidjp

記事を共有

やー、なに?広報革命?的な?

いま巷で大流行のIS01(最近大量流通な端末)が
AndroidOS1.6からバージョンアップなしの事実上死亡宣告?があった感じ。

その死亡宣告ちょっと斬新と言うかw

auのTwitter公式アカウントで製品の将来、しかも将来の有無を
「さらっ」と話してしまうって言うのは公式アカウントによる
リップサービスの様な、端末ユーザーへの軽い死の宣告の様な…。
(2年縛りなんてものがあるのだし、もうちょっと気を使うべきでは?)

まぁ、業者の公式アカウントなねねっとTechDinerとしても肝に銘じて
おかなきゃならない事態だ罠。

ちなみ、IS01は方々で入手しやすい状態にあると言うことを聞きますが
ワンセグプレイヤー、Wi-Fi用メール端末としてはアリなんじゃ?

やぁ、道具ってのは使いようですよ。

とか、聖人の様なことを言ってみるテストw
(今日はあんまり目立ったニュースが無いみたいで平穏な感じ。)

 

< どーん!

 

ネタ元
スラッシュドットさん
http://slashdot.jp/mobile/article.pl?sid=10/11/16/1024209

Twitterさん
http://twitter.com/#!/kddipr/status/4422761896218624

記事を共有

Android開発の憂鬱はLinuxの通ってきた道に似ている。 #nenet #androidjp

記事を共有

スラッシュドットさんで
Androidはバージョンや端末が色々で検証大変です ><
って話が出てますね。

この先どうなるの?

AppleのiOSはきっちりしてるけど色々制約も多いしね。

オープンソースって大変だよね。
ってLinuxの話をずーっと以前に友達とした気がする。
前例があっても解決されていない以上同じ轍をふむのかな?

100以上の異なるバージョン、増え続ける機器たち…
どうなるAndroid?

Androidはメジャー化の夢を見る?

Android版アプリケーションが直面する、細分化されたAndroid OSの数々http://slashdot.jp/it/article.pl?sid=10/10/16/0115223

記事を共有

シャープのガラパゴスは変な名前だけどTUTAYAが3万点の書籍を用意してるらしい。 #nenet #android

記事を共有

Webを巡回していたら、ガジェット情報大爆発と言う感じたった。

そうか、CEATEC JAPAN 2010か。

以前はさとーもCEATECに出展する企業の広告部門で
あくせく働いていたので気が気じゃない感じだったですが、
いまはジュースを紙パックでチューチューやりながら
Web見て「へぇ~」「はぁ~」って感じなもんで
えらく気楽な感じです。

で、へぇ~とかふ~んとか気になった情報を
いくつかポストしてから帰ろうかなと。

ひとつめはガラパゴス。

英語の「GALAPAGOS」ってのは何となくピントこない。
ガラパゴスさんです。

コロコロされたりいろんなムービーと写真があるので
GIGAZINEさんへどうぞ。

実機はけっこう良い感じに動いてますね。

まぁ、名前からすると変ちくりんな感じのガラパゴスですが
なんとTUTAYAがシャープと組んで
3万点の書籍を出すとアナウンスがありました。
(ネタ元Engadgetさん)

多ければいいというものでもないけど、TUTAYAが
ラインナップする3万点だから、期待できるかもって思います。

GALAPAGOSってKindleとかSONYのリーダーと
戦うんだろうけど、なんか弱そうな名前だし応援したくなるかも。

 

ガラパゴス、予習はこちらで。

 

ネタ元
Engadgetさん
http://japanese.engadget.com/2010/10/04/tsutaya-galapagos-12-3/

GIGAZINEさん
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20101005_sharp_galapagos_ceatec_japan_2010/

記事を共有

日本のAndroidユーザー待望!「htcデザイア2」が10/2より発売。 #nenet

記事を共有

有機EL液晶など高品質なパーツからなり支持者も多い
「HTC Desire X06HT」の後継機「HTC Desire X06HTII」が
10/2より発売になるようです。
ネタ元はGizmodoさん

 

OSはAndroidOS2.1で発売の数日後に
アップデートすることで最新の2.2にあげられるそうです。

Xperiaなどに比べると純度の高いAndroidということで
現状Androidの最先端を堪能するにはこれっすね。

iPhone4みたいにスピードUPとかあるのかな?
詳細は後日発表されると思うのでそのときにでも。

 

デザイアといえば中森明菜♪

ネタ元
GIZMODOさん
http://www.gizmodo.jp/2010/09/htc_desire_x06htii102.html

記事を共有

ブラックベリーがキーボードなしのタブレットを発表。 #nenet

記事を共有

カナダのRIM社(リサーチインモーション)が展開する
独自OSのケータイデバイスブラックベリー(BlackBerry)の
タブレット版が登場すると言う話がGIZMODOさんに出てます。

iOS、Andoroid、ChromeOS、WebOS、BlackBerry、
Windows 7 Phoneと汎用タブレットOSが出揃った感じですが
決め手がまだ解からない部分があるので
しばらくはアプリの多さがクリティカルな違いになるんでしょう。

 

iOSデバイスがFlashがみれないとかいう話はありますが、
あれは微々たる問題で、しばらくすればFlashが過去のものに
なってくるとも思います。
(Flashは想定ハードがPCだし、組む人次第では、タブレットで
受けきれない処理を要求したりAndoroidであってもNGなものも
出てくる可能性が高く定着しないともおもいます。)

数の原理からいえば、出荷数の多いiOSが一人がち。
あとはルックアンドフィールがよいうもになるんでしょうかね。

個人的には本に集中できて端末は軽くてバッテリーがもつのが
いいですがAmazonやSONYのEinkを採用したKindleなどの
電子書籍デバイスがそれら需要に合うのかな?

さとー自身が自腹でタブレットデバイスを買うのは恐らく
自宅のPCが行かれてからだと思うので、まだ先の話ですが
自分の資産が受け継がれると言う意味では、iOSを使った
iPadあたりに定着するのでは?とおもっています。


↑会社のiPadこのケース使っててかなり良いです。

 

ネタ元
GIZMODOさん
http://www.gizmodo.jp/2010/09/blackberry_osblackberry_playbo.html

記事を共有

Windows Phone7全社一丸で巻き返し!…なるか? #nenet

記事を共有

Windows Phone 7ようするにCEの孫ですね。
さすがにiOSやAndoroidさんに先行されてかつての王様も
「マジパネー」って感じらしくて。

という記事がGizmodoさんに掲載なう。

さとー的には最近は仕事上、iOSデバイスを使っていて
ほぼ満足はしているものの、かつて使っていた
CEを含め「何となく不完全」からスタートするこれら
デバイスを前に何となく微妙な気分にさせられている。

おそらく「決定的便利なもの」としてデバイスが成立していない
といったかんじかな?

そんな歯がゆい状態をかつての王者は
さすが、理解していたようで。
Windows Phone7ではアプリあたりも
しっかり対策をとってくる模様。

だったのですが…。
詳しくはGIZMODOさんで。
(なぜか宣伝的に終わるw)

中身が重要!

ネタ元
GIZMODOさん
http://www.gizmodo.jp/2010/08/windows_phone_7_6.html

記事を共有

Chrome OSが急浮上。HTC製タブレットがクリスマスに登場?しかも激安らしい #nenet

記事を共有

iPadを追撃するのかどうかは別として
年末年始はタブレット祭りになる予感。

ここのところiOS、AndoroidOS、WebOSなどの
陰に隠れるカタチだったGoogleのもうひとつのOS
ChromeOSを入れたタブレットデバイスがクリスマス商戦に
間に合うとの話。(ネタ元はGizmodoさん)

Tegra 2プロセッサー
2GBのメモリー
32GB SSD
Wi-Fi
Bluetooth
3G回線(ベライゾン?CDMA2000系、auは有るかな?)
ウェブカム
GPS
カードリーダー
などを搭載とのこと。

回線込みなので限りなくタダな世界かもとのこと。

Andoroidが好調だったので、ChromeOSのことをすっかり
忘れていましたが、もうひとつのLinuxの進化系ということで
期待してもいいかもしれませんね。(すこし棒読み)

でも、iPad使っていてわかるのですが
格段に軽いとかのメリットがなければ提供される
アプリ次第で使い勝手は変わるかなというところですね。

ウワサのiPad7インチ版なども本当に出るのかどうかは
わかりませんが、まだまだ新デバイス祭りは
序盤戦といったところなのかもしれません。

誰ががつーんと儲けるのかな?

ネタ元
Gizmodoさん
http://www.gizmodo.jp/2010/08/htcchrome_osipad.html

記事を共有

次世代XMDF?シャープが日本語対応電子書籍ビューアー市場に参入するそうだ #nenet

記事を共有

日本語がネックでiPadもKindleもいまひとつな感じは否めませんが
シャープさんが次世代XMDF(ルビなんかが使える日本語拡張した
電子書籍フォーマット)を作り出し、電子書籍事業に参入するそうだ。
(ネタ元PC Watchさん、シャープさん)

発表会からはソフトベンダーに徹するのかと思いきや
最後にiPadそっくりな端末が飛び出すなどちょっと心配。
せっかく独自のものを出すんだから、マネっ子じゃないものを
提供すればよいのにね。

このあたりに最近のシャープさんの駄目さ加減が出ているご様子。
Kinにかんしては、MSさんのマーケティング失敗という感もあるが)

この際、KindleやiPad、Andoroidにのるブックビューアーを主眼にして
自社製品は二の次っていうビジネスでもいいと思うんですけどね。
(将来的にはシャープは電子書籍販売屋、くらいの意味でね。)

 

まぁ、なんにつけ、Andoroid端末も年末には多く出るみたいだし
日本のブックビューアー元年は2011年たことになるのかもしれませんね。

 

 

日本の電子書籍元年はまだきてないと思うんだぜ?

 

ネタ元
PC Watchさん
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100720_381950.html

シャープさん
http://www.sharp.co.jp/corporate/report/xmdf/index.html

記事を共有