【コラム】iPhoneの標準アプリが変えられるようになる未来から類推【新OSの噂】

記事を共有

「次のiOS」のうわさ。

iPhoneではAppleの標準アプリが紐付いているけど、標準アプリ意外を選べるようになるんだとか。

Safari、写真、メール、Map

辺りがよく使うものになるかな?

より開かれたプラットフォームに今更?

って気もするけど、OSとして揺るぎないということと、そこでは商売にならないと踏んだのでしょうかね。

また、こちらは発表されて久しい情報ですが、HomeKit、家向けのIot絡みの開発キットをオープンソース化したって話が先日報じられたんだけど、HomeKitの開発キットを公表しちゃう流れなど含め ~今回の話題~ iPhone関連の標準アプリに関しては、割と自由にいじってもらって構わないよ。というスタンスに移行したのかもしれませんね。

HomeKitのオープンソース化はAmazonやGoogleも含め共同戦線を張るという方向になったのと、ではなぜ3社は共同戦線を?と考えると「儲からないからコミットをしない」というのが正しいところかと。

そこにビジネスがある人が自由に使ってビジネスしてくださいね。というサインでしょう。

翻って、標準アプリに関しては…

『【コラム】iPhoneの標準アプリが変えられるようになる未来から類推【新OSの噂】』…の続きを読む 【コラム】iPhoneの標準アプリが変えられるようになる未来から類推【新OSの噂】

記事を共有

【噂】Appleさん10月28日あたりにイベントを開催?

記事を共有

WWDC、新型iPhone発表の9月のイベントの他の発表の場として
10月の発表会がAppleに有ることを知っている諸兄も多いはず。

10月と4月辺りの発表会は非定期で、そもそもイベントが開催されること無く製品が発表されたり…なんてことがあったり毎年まちまちなのですが、噂が流れてきましたよ…と。

なんでも2019年10月28日か29日にイベントが有りそうだとか。

そこでは新型MacBook ProやiPad Proが発表に。

『【噂】Appleさん10月28日あたりにイベントを開催?』…の続きを読む 【噂】Appleさん10月28日あたりにイベントを開催?

記事を共有

【予想】9/11 Appleスペシャルイベントは何が出る?

記事を共有

Apple Special EventLive from the Steve Jobs Theater.September 10, 2019 at 10 a.m. PDT

ということで、9/11 にAppleのスペシャルイベントが開催!

日本だと9月11日午前2時頃から始まりますよ~

元気だったら実況しますので

Twitterアカウントのフォローをよろしくお願いします☆

で、ココからはスペシャルイベントでの発表の予想をお届け。

iPhoneはもちろん出るでしょう。(謎の断言w)

方々の噂を耳にしたり眼にしたりしてますが

テックダイナーなので、テキトーに欲しい物も混ぜて書いておきますw

  • iPhone11R に緑色(エコ関連カラー)(出そう)
  • iPhone11Rの赤(プロジェクトレッド)
  • Apple Watch Series5 チタン/セラミック ケース
  • Apple TVの新筐体(これはがある。サービスも一新してるし)
  • 忘れ物防止タグ(コレは欲しい。理に適ってる)

ココからは勝手な要望

『【予想】9/11 Appleスペシャルイベントは何が出る?』…の続きを読む 【予想】9/11 Appleスペシャルイベントは何が出る?

記事を共有

【コラム】iPadOSが登場!MacProが異彩を放つ ~WWDCは祭り状態~

記事を共有

WWDCおつかれさまでした。

色々事前に出たし「新ハード、でないだろ」と踏んでたら

出ちゃいましたw

正直、驚きました。

Mac Pro」と「Pro Display XDR」が颯爽登場。

MacPro

MacProの方はゴミ箱型の後継でモジュール型ってことでお弁当みたいに重ねていくなんていう噂もありましたが、蓋を開けたらIntel MacやG5と同じ系譜のデザイン、古くはG3の頃からの「持ち手がついた箱」だったという。ただ、そのパンチ穴が今回は特大で「鬼おろし」とか「おろし金」なんて呼ばれることに…。

価格は50万~500万くらい…。というざっくりした価格レンジ。

稟議書とおして買える方は買うと良いのでは?といった感じ。

秋頃に販売するそうなので、消費税前に販売されると良いですね☆

 

Pro Display XDR

Pro Display XDRは6Kで解像度とダイナミックレンジ(色の深み、濃淡)がとんでもない再現性ってことで。デザインは「鬼おろし」「おろし金」デザイン。

液晶を縦に回転させることもできるので32インチを2発で64インチのディスプレイとして使う猛者も出てくるのでは?と思ったり。

残念なことに、このMac Proとディスプレイはエレガントなデザインではなく、野武士のような荒々しい荒ぶったデザインで世に登場することになるようで、Appleに関する重要なプロダクトデザイナーが3名抜けたということは「このMac Proは僕らのデザインじゃないよ」という意趣があるのでは?と思ったり。
(とにかく今までのAppleではない。女性ウケはしなさそうな、荒々しいデザインである。)

iTunesは

一般的にApple製品を利用している人からするとiTunesがなくなるというのが問題に聞こえるようですがご安心を。

iTunesはなくなるというより四散する感じです。

霧散でなく解体な感じ。

積年のアップデートで機能が多岐にわたるので整理/分割。

  • 音楽はApple Music
  • 動画はAppleTV(アプリ版の方AppleTV+もある)
  • 音声はポッドキャスト(アメリカ人が大好き)
  • アプリはApp Store(コレは以前に分割済み)

という感じにきれいに分割。

バックアップはどうするの?と先程社内のスタッフに聞かれましたが、そのへんはiCloudに統合されるか、Appleのことだし、なんらかのアプリに移管されることでしょう。

 

iPad OSと名乗るOSが突如登場。

Macに近くなっていくと予測されていたiPadですが、最近のiPhoneの販売数の伸び悩みを尻目にじわじわ売れていることを受けてのテコ入れかもしれません。

書体を揃えたり、USBドライブがさせたり、母艦?になれる要素を取り揃え、Macが必要でないけれど、大きな画面が必要な層を取り込む意識があるのかもしれません。

iPadOSはWeb業者さんにも朗報。

iPadOSのSafariはApple流の表現で言うと「デスクトップクラスのブラウザ」になるようで、タブレット用の特殊仕様になるのではなく、限りなくPCやMacで使うブラウザの動きに近いブラウザがiPadに載るということ。
でブラウザの仕様を考えるときはMacとiPhoneを念頭に。もしくは、iPadとiPhoneを念頭にサイトを作れば完結。ということになりそうです。(本当に達成されるかは謎。)

個人的にiPadのサイズは可搬性も高くウキウキさせられる存在でもっと高い評価を受けるべきだと考えていたので、今回の発表は良い方向なのかな?とも。

ただし、MacBookのなりそこない。という感じの扱いを受けているようで、蓋についたキーボードが必要だったり、マウスが使えるようになったり、小気味よさを削いでしまう「おっさん臭い」タブレットをタブレットPCと言ってしまうような扱いを始めているような気もするので少し遠巻きに見ていようかな?という気も。

あと、iPad miniとiPad Pro12.9が同じOSでどうなるのか?も興味深いところ。

Apple Pencilの反応速度、レイテンシーを倍にしたりと中々渋い修正も実施するなどチューニングは万全なのかも。

iPad Air2以降の製品でiPadOSが使えるようなので、多くの人に愛される存在になればいいなとも思ったり。(ジェスチャーが3本指でコピー・ペーストができるようになったり、魔術的で面白い操作がおおくなり、さっさと使うことができそうなので、期待ももちろんしています)

 

iOSは

パフォーマンスアップ6割。ってのとダークモードが新設。

ダークモードって打とうとしたらダークサイドって出てきて草。

基本的にパフォーマンスアップが成されるのだとか。

 

新macOS「Catalina(カタリナ)」

MacはMacで新macOS「Catalina(カタリナ)」でProject Catalystという機能に対応。MacにiOSのアプリが載せられるようになります。
(XcodeにMac向けの書出しボタンが付く模様)

iPadをサブディスプレイにする「サイドカー」という機能を搭載。

また便利かどうか?よりも「iOSで便利なツールをホイホイMacで使える」というApple製品を利用するユーザーをApple製品のエコサイクルで取り巻く意識がムンムンしていて非常に意欲的。

iOS向けのアプリが揃っているんだし使わない手はない。ということなのでしょう。手直しができるアプリがMacにどーんと登場することになるのでしょう。

WatchOSも進化

Apple Watchに関しては言いたいことはイロイロあるけれど
新製品が出たときに言及。

基本的にはヘルスケアを進化させる方向ってのと、Apple Watchが単独で動けるようにiPhoneナシでもアプリが落とせる仕組み、App Storeが入るってこと、あとは録音や計算機などが作って事かな。

開発に関しては以下。

『【コラム】iPadOSが登場!MacProが異彩を放つ ~WWDCは祭り状態~』…の続きを読む 【コラム】iPadOSが登場!MacProが異彩を放つ ~WWDCは祭り状態~

記事を共有

【コラム有り〼】今晩がWWDC19だよおっかさん。

記事を共有

あ、WWDC今晩二時からですねw

昨今の流行りとしては

機器は先に公開

サービスを重点的に紹介。

って事になってるので今回機器の発表はナシ。ってことですよね。

  • iPod touchの第7世代
  • MacBookProの新しいの

の2つが新製品。

個人的にはAppleWatchがiPod touchとかiPad miniとリンクしてAppleWatchが独り歩きの主体となることを夢見ている(新世代のデジタルハブはAppleWatch!的な…)のだけれど、まだそうはならないっぽいですね。

iTunesがなくなる。

って話が出てるので、まぁなくなるのでしょう。

『【コラム有り〼】今晩がWWDC19だよおっかさん。』…の続きを読む 【コラム有り〼】今晩がWWDC19だよおっかさん。

記事を共有

Siriスピーカー登場の兆し? #WWDC #Apple #Siri

記事を共有

WWDCもうすぐですね。

さて、今晩のいちばん出そうなものは「Siri」スピーカーでしょう。

Amazon EchoやGoogle Homeなどを追いかける立場の単体の製品になるのか

AppleTVに搭載されるのか、そのへんはあと4時間で分かる感じ?

『Siriスピーカー登場の兆し? #WWDC #Apple #Siri』…の続きを読む Siriスピーカー登場の兆し? #WWDC #Apple #Siri

記事を共有

Apple TVを買う理由ができたかも。Amazonビデオが利用できるかも? #apple #amazon

記事を共有

日本ではAppleTVを買う理由が少なかった。

でも、この夏、Amazonビデオがアプリで登場するという噂が出ており、このウワサが本当なら、AppleTVを買う理由がひとつ増えたのかも。

Recodeが情報源。

両社がまもなく合意する見込みだ」そうで。

『Apple TVを買う理由ができたかも。Amazonビデオが利用できるかも? #apple #amazon』…の続きを読む Apple TVを買う理由ができたかも。Amazonビデオが利用できるかも? #apple #amazon

記事を共有

【コラム】4月4日に何か発表⇒新Mac Proだった…コレは何かのメッセージかも。 #mac #apple 

記事を共有

朝からMacの新製品の話を書こうと思ってたのだけど、この時間なのでちょっとコラム的に。

MacProは2013年からApple的に放置プレーだったので今回のアップデートは新鮮な感触。

ただ、Apple的には珍しく、

来年のMac Proの大幅アップデートを同時に謳っている。

つまり、

待てるなら、買うのは来年のほうが良いよ。

というAppleからの意思表示だ。

企業での導入…

例えば、とにかく早くワークステーション的なMacが必要だ!という人にはどうぞ。

とな。

2013年モデルとの比較は和洋風さんで実施中。

見てきたけど、まぁ、驚きはない。

『【コラム】4月4日に何か発表⇒新Mac Proだった…コレは何かのメッセージかも。 #mac #apple 』…の続きを読む 【コラム】4月4日に何か発表⇒新Mac Proだった…コレは何かのメッセージかも。 #mac #apple 

記事を共有

Apple TVの新作は4K対応。年末までに発売かも。 #appleTV

記事を共有

Appleさんがマネーの虎を自腹で放映するなんてトレーラーが出てますが、日本じゃ放映しないんだろうなぁ。

んで、ま、日本では余り関係のないこちら、Apple TV(第5世代)のニュース。

開発コードネームは「J105」

うーん、色気もないw

秋くらいには。

『Apple TVの新作は4K対応。年末までに発売かも。 #appleTV』…の続きを読む Apple TVの新作は4K対応。年末までに発売かも。 #appleTV

記事を共有

WWDC 2016 基調講演の放映予定ページができたっす。 #apple #wwdc

記事を共有

気づけばWWDC来週っすね。

基調講演のストリーミング配信をするページが出来たようなので貼っときます。

うん。

たのしみ☆

配信は比較的新し目なiOS製品やmac、AppleTVでご覧ください☆

 

情報源: Apple Events – Apple Event – WWDC Keynote June 2016 – Apple

記事を共有