iOS 10 は凄いぞ!Apple純正アプリが削除できるぞ!… #apple #ios

記事を共有

WWDCの基調講演お疲れ様でした。

んで、iOSが今までで最高の革新性をもっている!と触れ込まれてましたが、もっとも喜ばれるのはこの発表かもしれません。

そう、iPhone買った時にいっぱい入ってるいらないアプリがサクッと削除できわけです。

そのリストはこんな感じ。

  • 計算機

  • カレンダー

  • コンパス

  • 連絡先

  • FaceTime

  • 友だちを探す

  • Home

  • iBooks

  • iCloud Drive

  • iTunes Store

  • Music

  • Videos

  • Mail

  • Maps

  • (News日本では入ってない。)

  • Notes

  • Podcasts

  • リマインダー

  • 株価

  • Tips

  • Voice Memos

  • Watch app

  • 天気

結構多いっす。

『iOS 10 は凄いぞ!Apple純正アプリが削除できるぞ!… #apple #ios』…の続きを読む iOS 10 は凄いぞ!Apple純正アプリが削除できるぞ!… #apple #ios

記事を共有

AppleさんがAndroid向けに『iTunes Store』アプリを出すかも。 #apple #android

記事を共有

Cnetさんがネタ元

Appleさん、他社の視聴し放題音楽サービスを前に苦戦が続いているようで
その打開策としてか、Androidに活路を見出そうとしているようで…。

気がつけばWindowsにもiTunesは有るわけで
Win版Safariは消えたものの必要であれば他のプラットフォームにも
アプリを出していく対応力やポリシーはApple社内にあるんだよねと再認識。

噂レベルで話半分な感じだけれど、展開する可能性は有るのかもしれない。
GoogleのアプリがiPhone向けに出ているように
iTunes Storeのアプリがアンドロイドに出ていても別に驚くことではない。

うん。

ただまぁ違和感は有る。

実際にAppleのサービスにどれだけお金を落とす人がいるのかな?
ということと、iPhoneへの移行の妨げにならないのかな?

という2点がよくわからないところなんでしょう。

恐らく展開が実施されるなら「Androidで数%でもお金払ってくれるなら
やってみてもいんじゃね?」という意識で展開するのかなと。

他社サービス並かそれ以上にユーザーが支払う金額が抑えられ
満足度の高いサービスが展開時に確保されていることが
必須になってくるのだろうけれど、そのあたりが揃っていれば
比較的早いタイミングでサービスインするのかもしれませんね。
Bluetoothの通信接続などはAndroidの方が良いので、音楽にはいいかも

で、継続するほど儲けが出なければWin版Safariのように
早期撤退ということになるのかと。

長く使っていきたいならiPhoneでiTunesというのは
Winでの前例もあるから揺るぎないところかなとも思います。

 

ネタ元

アップル、「Android」向け「iTunes Store」アプリを検討か–「Spotify」対抗サービスでも交渉中の可能性

CNET Japan.

記事を共有

nenetのネオニムがiTunes Store iPadページで紹介されました! #nenet

記事を共有

キラキラ系ボールとりゲーム『Neonim』(ネオニム)が発売以来
好評で今回PC版のiTunes Storeのトップページで紹介されました!

トップページのちょっと下の辺。

ここの

 

ここです!

震災の影響が合ったようでWhat’sHotの内容とはズレてしまって
いるようですが、ボードのWhat’sHot部分でもあわせて
紹介されてます。

コチラも要チェック!

なお、ネオニムの購入はコチラから!

Buy now!!

 

ネタ元
nenet
http://nenet.iphone-ipad-app.com/apps/neonim

記事を共有

約100万円。iTunesギフトカードを勝ち取るしか! #nenet #iphonejp #applejp

記事を共有

AppStoreのダウンロード数がもうすぐ100億ダウンロードらしく
Appleさんが100億ダウンロード目に該当した人1名限定で
10,000USドル分のギフトカードをくれる「100億Appカウントダウン」
なんていうキャンペーンをやっているらしい。
(なぜか、キャンペーン参加には購入やダウンロードは不要。)


2011年1月17日12時15分現在だいたいこのぐらい。

But、きちんとWebフォームで申し込まなきゃダメらしい。

でも、せっかく100億ダウンロードなんだから
100億ペソ分のiTunesカードとか
気の利いたことをしてくれてもよかったのでは?と。

 

まぁ、このさい、さとーも制作に参加してる
HOT REVERSI Ultimate(ホットリバーシ アルティメット)』でも買って
100億ダウンロードに参加するといいでゲソ。

Buy Now!! (左のボタンでApp Storeにジャンプします。)

 

 

 

億千万の胸騒ぎ♪

ネタ元
Appleさん
http://www.apple.com/jp/itunes/10-billion-app-countdown/

記事を共有

iTunes Store全米音楽市場のシェア70%、売上げ26.7%を奪う!..って、えぇ? #nenet

記事を共有

全米音楽市場の70%のシェアをiTunes Storeが奪ったそうだ。
「エクセレント!」(ジョブズ風ww)

⇒ 4人に3人がAppleで音楽を買う世の中。

⇒ iTunes Store以外で音楽を買うことなんてことは無い世の中。
(他は30%のパイを色んなレコ屋が奪い合い…というか人少な杉)

⇒ でも全米音楽市場の売上げの26.7%…?あれぇ?

お金にならない市場になったのかな?

…まぁ、ものは考えようだ。
流通やプレスコストが売上げに反映されなくなったということでは?

さとーの経験で恐縮ですが、iTunesに9千曲くらいリッピングした後になると
「もう音楽いらねーかな?」って感じにるんすよね。
全米のみなさんも「音楽もいんじゃね?」って気分になったのかな?
そもそも、ドーナッツ判は変えるめんどくささがあったから
適度に所有欲をかきたてただろうし、CDも所有欲の対象だったけど
MP3以降ってもう、データがあることすら忘れてるんすよね。

Jobs氏は所有欲が音楽を買うトリガーじゃないことは理解しているらしく、
LaLa買収をし、音楽のライブストリーミングを始iTunes Liveという名前で
はじめる
ようですが(ウワサレベル)
『垂れ流しでカッコいい音楽を流す』っていう文化を提案し
音楽市場へ貢献することは、価値の再創造だし業界的にも
バッチ来い!的な?感じに成るとも思うんですよね。

まぁ、それで消費者の方がどういう反応になるかはまた別な話ですが
飲食店の音楽とかがiTunes Liveから流れる日も
そう遠くないんじゃないでしょうか。
(日本でサービスインするかは権利の問題で微妙。
日本はひとつの産業を失うことになるのかも。)

 

 

< パイの食い合いはやめてパイを作ろう!

 

ネタ元
COMPUTER WORLDさん
http://www.computerworld.jp/topics/iphone/182809.html

和洋風◎さん
http://wayohoo.com/ipod/news/itunes-sell-us-music-sell-26per.html

記事を共有