【コラム】Apple純正アプリの一斉無料化の謎とiOSデバイスの進化 #ねねっと #ios #apple #iphone

記事を共有

Appleの昨日の発表会は中々楽しい内容でした。

iPad Air いい製品に仕上がりましたね。

特に昨日の発表会で印象的だったのがエディーキューが登壇した前後でしょうか。

前半のOSとiLifeやiWorkとiCloudの発表は驚きと賞賛、多くの拍手とともに
『Free』の言葉が何度も飛び交ったことがなんとも 印象深かったところです。

Apple純正のアプリが、例えばMacOSが無料化したところで、疑問が発生。
そうして今このコラムを書いてるわけですが、MacOSには広告が入っていないので
広告プラットフォームとしてのAndroid(検索のセグメント分けをする広告媒体の源流)
とも違いますし、無料化をするということはカナリ危ういなと思った次第。

Appleにももちろん収益源は有り、それは皆さんが手にしているiPhoneだったり
iPadだったり、Macそのものだったりします。

そう、ハードウエアですね。

近年、iPhoneの類似品であるAndroidが多く出回っており、差別化をするのが難しくなった
と言われておりますが、OS部分とデバイス部分を一緒に有償で作っている
ということはとても意義のあることかと思います。

要は、iPhoneのハードが売れ続けてさえいれば、Appleは収益があり
それだけに、AppleはiPhoneが売れるように、iOSをはじめ純正アプリで
iPhoneに魅力付けをする必要があるからです。

残念なことに、Appleが作り出したiPhoneをはじめとするスマートフォンは
デバイス自体が差別化をする部分が非常に少ない製品であり
製品の電池の持ちや、CPUの優劣はあっても、大きく提供するサービスが
変わらないと映るのはその辺りだと思います。

古いiPhoneでも、新しいiPhoneでも回線や製品のスピードに
違いはあれど、 同じスマートフォンである。

また、AndroidというiPhoneのクローン的な存在も同じような画面と
同じようなアプリがあれば、なんとなく同じような製品になる。

Appleのジレンマとしては、旧製品との差別化とともに、Androidとの
差別化が必要になってくるという『差別化』の明確化が必要になってきたというわけ。

iPhone5くらいまではスピードの強化で改善ができ、自社旧製品や
Androidよりも、より良い体験が提供出来ていたわけですが
ココに来て自社純正アプリを無料化に踏み切ったというのが
ひとつの、スマートフォンの正確が明確化してきたことと
メカ的な技術向上だけが、製品の良さではなく、アプリやサービスこそが
今後のiPhoneやiPad、Macを発売する上での強みになるのだなと。

旧iPhoneはAppleのiLifeやiWork関連製品は有料。

っていうのが、この戦略とAppleが明確化した思想にきちんとリンクしているわけで
プロダクトを買うと、そこにのっかるアプリというプロダクトの価値もくっついてくるということ。

WindowsのOSを買っても、Officeはついてこない某社のPC製品とは大きく違う点であり
既にMSさんとMacが製品比較がされなくなった事を見ても分かる通り
MSさんは2周くらいPCのマス化したビジネスからは後れを取っているわけで。

Appleは無料アプリがどんと売れるAppStoreを運営して学び
iPhoneが売れていることの根源が何かを知り
無料の保つ意味を再定義しつつ、無料製品を使うプラットフォームは
しっかりした、いいものが有る方が良いよという印象を作り上げてみたわけだ。
(お客さんは無料は好きだけれど、安定したサービスや遊びには追加課金などできちんと
お金を払う用意はあるし、ツールなどなら、有償でもお金を払うことはする)

現状この動きに追随できるのはノキアとモトローラ位なところだけれど
両者とも、吉報のないまま姿勢を低くしているようで。
(GoogleもMSもデバイスを作る自社以外のメーカーに対しては強い立場がとれないのかもしれない)

ひとつ、面白いこととして、爆発的に品薄状態が続くなど売れた
iPhone5sと、その優秀な兄に隠れて色展開をしたiPhone5cの2製品が
日ごとにその売れ行きがこなれてきて、iPhone5cがなんとなく売れ続けているところだ。

これは、初めに買う人、アーリーアダプターはiPhone5sなどのように高機能な製品が必要であり
ついてくるひと、レイトマジョリティはiPhone5cに(最高の製品でなくてもよいが、iPhoneがほしい)
ということにどうやらなってきているようで、1世代前の製品くらいのスペックだから
やめといた方がいいよと言っても、彼らはそんな製品性の話は聞かずに
どの色にしようかな?という方向に行くのだということ。

まぁ、先にも述べたように、スマートフォンを購入するい以上、デバイス上には
同じアプリが載せられるわけだし、それでいいといえば、それでいいんですがね。

しばらくすれば、iPhone5sの指紋認証の良さなどを又聞きするでしょうし
次の買い替えタイミングでは、iPhone5s相当の最高スペックの
iPhoneを彼ら本来、レイトマジョリティだったひとも買うのかもしれません。
(そうなれば、Appleの戦略は大成功。)
なかなか面白い。

Appleが純正アプリを無料化したというのはひとつの戦略の転換期であり
iPhoneやMacの価値が、実はプロダクトだけではなく、OSやアプリがあってからこそ
ということを再認識したからにほかならないのだと。
(実はこれ、Macintoshができた当初からの常識ではあったのだけど)
基本がきちんと認識できたところで、危うい方向には行かないのだという
意思表示が社内外にできたタイミングなのだと思った次第。

サードパーティ製アプリ群もそうは言ってもiPhoneを見限ることはしないでしょうし
Androidの危ういエコサイクルとは別なところでAppleはこのまま成熟していくのではとおもいます。

記事を共有

電子書籍を完全自炊?iOS向けePubを作るならこれ! #nenet

記事を共有

iWorks09で早速ePubを作るって言う特集が出てましたので
メモメモ。

結果的にさすがApple製品同士。
相性ばっちりのご様子。

ちょっと家のMacにiWork09を入れたくなってきましたYo!

 

You、買っちゃいなよ!

ネタ元
ASCII.jpさん
http://ascii.jp/elem/000/000/550/550971/

記事を共有

Mac版iWorkがiOS向けのePub対応。 #nenet

記事を共有

Mac用のiWork(MacのOffice的なアレ)がバージョンアップし
「iOSに最適化されたePub形式のファイル」作成に対応しました。
iPhoneなどiOS製品用App、iBooksに最適化されたePub作成が
簡単にできるようになったようです。対応バージョンは9.0.4。
(ePub形式は色々あるのですが、iOS対応を謳っている
このiWorkはなかなか価値あるソフトだと思います)

いままでiOS製品で可読性の高いファイルといえばPDFでしたが
Macをお持ちの方はiWorkでePubが簡単に作れるように
なったようですので文章を書くのが好きな人はMacとiWorkを
買って見てはと思います。(iWorkはかなり安価なのでお勧め)

ePubの配布はいままで敷居が高かったものですが
これでかなり敷居が下がるかもしれませんね。

 

 

 
iWorkでePub作成!
Macを買うメリットがまたひとつ増えましたね。

 

ネタ元
Cnetさん
http://japan.cnet.com/news/business/story/0,3800104746,20419042,00.htm

記事を共有

iPadって、シゴトで使えるの? #nenet

記事を共有

デザイナーさんに聞かれた?

「iPadって、シゴトで使えるの?」

シ・ゴ・トォ~??????????

Youのシゴト?マウス必要ね~。
会社がヤになったんか?CS4をソファで使うってことかワレぇ~?

「否」

 

一般論らしかった。

まぁ、iWorkとGoodReaderでもあれば、使えるわけだが
細かいことは専門サイトに任せよう。

まぁ、モニタつないでプレゼンするなんて
一般的にまず無い話だとは思うがね。

 

 

 

<24時間戦えますか?←普通OKだろ :さとー談

 

ネタ元
MdNさん
http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/13660/

記事を共有

iPadでパワーポイント?あ、iWorkね。

記事を共有

Twitterでよくアイコンを目にする松木太郎氏のWeb
iPadにてiWorkを使いプレゼン資料(スライド)を作るレビューが
記載されてます。

へ~っておもってたら、ねねっとのメンバーもUSのIDなので
ソフトを購入していつのまに買ってましたwww

iWorkの中でも特にさとーはワード相当の現行書きソフトをみてびびった。

ヌルヌル動く。

そんなかんじ。

写真を指でなぞると追従し、文字パートへの割り込みも思いのまま…。
写真をつまむとぐるりとまわる…

当たり前といわれれば当たり前だが、マウスを使ったパソコンの作法は
いったいなんだったんだ?と思わされました。

あと、iPadを使い倒しているねねっとメンバーが
プリントアウトができないことだけは不満だなって言ってました。
(電子化ってのは、中々体になじまないですね。
あと、ビジネスはまだまだ紙が必要だなとも思わされました。)

月曜にタイミングが合えば、写真載せたりしますね。

レビュー機材が揃えば、さとーが記事か記するかもです。

では今日はこの辺で~ ノシ

<まだまだ現役♪

情報元
TAROSITE.NET
http://www.tarosite.net/macspice/ipad-keynote.html

記事を共有

GW総力特集8 ビジネスにiPad?

記事を共有

ビジネスにiPad。

不思議な響きに感じられるかもしれないが、意外と良いと思う。
たとえば、iPadを持ってクライアント先へ向かうのもアリだし、
クライアント先のようすをあらかじめGoogleのストリートビューで
確認しておくなど、iPadで可能になるとかなり仕事はスムーズ
それが飛び込み営業でも、引っ越し屋さんでもかなり良いはず。
事前情報が手に入っているとその後の仕事がやりやすい。

●仕事と言えばWORDとEXcelだろ
ワード、エクセルはビューアーがフリーであるようです。
あとiWorkが比較的安い値段で出るので、iWorkを入れれば
互換環境ですが、WordやEXcelが触れるようになります。
軽い作業ならiPadで。
(互換環境だがワード・エクセルより安い。)
家に持ち帰る仕事もiPad?なんかちょっと変な気もしますが
半年後には当たり前の光景になるのかも。
iWorkはMacユーザーにはおなじみ!

●外部出力
VGAアダプターでつなげられるからプレゼンもオーケー。

標準で繋げないのはスタイリッシュじゃないから?
まぁ、多くの人がでっかいモニタでプレゼンするとは
考えなかった。Appleの判断がココにも見え隠れ。
何でもできてデカくなるのが良いことじゃない。
iPadの基本姿勢とも言えるところが貫かれているの。

必要なら少々不格好ですが使えますよという姿勢ね。
結婚式の余興などでiPadを使うのも楽しいかもしれません。

●壊れたら
ビジネスにはリスクがつきものだ。
くちのうまい交渉人が言いそうな部分ですが、
壊れたらどうする?というのは、非常に問題。
で、Apple的な回答。

「ぶっ壊れたら→総とっかえ。」

<ケアしますYo!
Apple careで新品同前。というか新品か、整備品が渡されます。
オペレーションを簡素化する部分が有るのだと思いますが、
iPadが破損したら別のものに交換されて戻ってくる。
ただ、必ず新しくなる訳ではなく、整備品で古いのが回ってくる
そんな場合もあります。新品かどうかは運次第?
愛着のわいた愛しのiPadちゃんさようなら。
もう、物理的存在にはそれほど価値はないと言うことなのかも。
それより、IDをたぐったりDocでSyncして元通りになる。
そんな物理的拘束に準じないものがこれから主流になるのかも。
(オフィシャルでない修理屋もでてくるんでしょうがね。)

 <iPadだぁ?

記事を共有