Sonyの「世界一面白味のない製品」と揶揄されてるEインクデバイス、意外とアリでは? #sony #ねねっと

記事を共有

日本円で約11万円位するタブレット型の新製品がアメリカさんで発表。

TechCrunchさんの記事の見出しで
Sony、世界一面白くない製品を発売」としていますが
私、さとーはかなりエッジの効いた良い製品だと思います。

その製品の名前は「Digital Paper

最新のEインクを採用した13.3インチのタブレットサイズのリーダー。

価格は1100ドル。

5月にアメリカさんで発売。

メモが取れるEインクのデバイス。

ビジネス向けで一般には発売しない?

指とデジタイザによるスタイラスペンでの入力に対応。

そして扱える形式はPDFのみ。

最強の売りは

358グラム

という重量。

超軽い!iPad Airの半分以下で画面サイズはAir以上!!

そして、1度充電すればほぼ3週間使える。

ロングライフ!

アプリとかはインストールできず
メールアプリさえない。

Eインクのモニタでそれらをしようとは思わないので全然問題なし。

大量の文書を読まねばならないビジネスマンにとって
カラー液晶での作業は輝度を落としてもかなり辛い作業になるわけで
老眼の管理職の人も含め使う人に優しく、デジタルガジェットというより
ビジネスツールとして枯れた製品でいいなぁと。思った次第。

例をあげるなら遊びのないKindle PaperWiteといったところかな?

Digital Paper」はKindle PWよりさらにストイック!

とにかく軽くてバンバン読めてプリントアウトが机上に散らからなければ
いくらか仕事が捗るだろ?

忙しい仕事をバリバリこなすビジネスマンに必須ということで
当方は良い製品だと思うし地味にヒットする のではと思った次第。

Kindle PaperWitheは個人的に2012のバージョンを使っていて
かなり気に入っているツールなので、便利なガジェットではなく
使える道具として「Digital Paper」が世に響き渡ることを期待します。

日本でも仕事の現場で売れると思いますよ~

 

 

ネタ元

Showcase.

アメリカのSonyさん

 

Sony、世界一面白くない製品を発売

TechCrunch Japanさん.

記事を共有

iPad mini 対 Google Nexus 7のタブバトルに Kindle 参戦!(10/25日加筆) #nenet #apple #ipad #kindle

記事を共有

今月は新しいカメラを買おうと個人的に考えていたのですが
どうやらカメラはおあずけの模様。

電子書籍の今後を占うような事態が目の前で発生。

 

そう、Kindleが日本上陸です。

 

Kindle FireはAndroidタブレットと言う感じですが
KindleらしいKindle  「Kindle Paperwhite」の登場が日本的に一番
センセーショナルなことになるのではないか?と思うわけです。

Nexus 7対iPad miniという戦いはネタ元のEngadegtさんに任せるとして

まぁ、重さ勝負、ココはえこ贔屓があってはいけないので
Kindle Fire HD 対 Nexus7対 Pad mini ということで。

Kindle Fire HD:395g

Nexus7:340g

iPad mini:308g

 

タブレットと言えど、小型、7インチ前後。
持ち運びの可能性にスポットライトが当たるわけで
この時点で毎日持ち歩けるタブレットというと

iPad miniがダントツ有利になるわけで。

(性能がよければ、重さなんて問題じゃないという人がいますが
それは通勤電車でiPad3を持ち運んだことがない人であり
絵空事をいう人なんだろうなとぼくは思うわけです。)

 

だが、今回の記事はココでは終わらない。

 

Kindle Paperwhite213g 

Kindle Paperwhite Wi-Fi+3G:222g

 

ΩΩΩ<な、なんだってー!

 

「そう、Kindle Paperwhiteこそが、真のモバイル端末なんだよ!
(キバヤシ)

 

まぁ、Kindle PWがタブレットなのかどうかというのは
非常に微妙なところなのだが、ビューアーとして
考えるとかなりの軽量さ。

 

また、回線費用のことを考えるとKindle WPの3G版は
回線費用がかからないので地味にWillcomなど低速回線で
粘っていた京ぽんスレ元住民などの諸兄にとっては、
かなり捗る存在になるのではと思うわけで。
(ちなみに、ブラウザは地味な感じになる。白黒だしな。)

C2chとか、まさか再度お世話になるとは…(胸熱)

もちろん、本や漫画もきちんと取り揃うわけだ。

日本版のKindleストアでは

・角川グループパブリッシング(アスキーさんや電撃など?)

・幻冬舎

・講談社

・小学館

・新潮社

・文藝春秋「など多数の出版社」が参加

・日本語電子書籍を5万タイトル以上提供

・オリコン週間“本”ランキングのBOOK(総合)文庫、コミック、各部門
上位の「多くのタイトルをカバー

とな。

かなり黒船来航な雰囲気ですが
国産タブレットや電子書籍ストアが息していないような気も…。

本読まない、アプリが楽しい、カラーが良いというひとは
迷うこと無くiPad mini、本読む人はKindleと言う感じで
Kindle WPの回線付きがさとー的にはお勧めです。
(DLできないのは窮屈だし、回線費用は払うのめんどうだからね。)

で気になる金額ですが、ニュースリリースより抜粋。

Kindle Paperwhiteは8,480円

Kindle Paperwhite 3G
月額料金・契約不要の国内無料3G接続付きで」12,980円です。

 

あと、回線について加筆。

回線付きについて色々読んでてわかったのですが、
回線無料ってのはAmazonのダウンロードコンテンツを
ダウンロードするときと恐らくブラウザでブラウジングをする時。
という「限定」があるようです。
自分の持ってるストレージにPDFやZIPをドカーンと落とすときは
3G回線を使うとお金がかかるらしく、そういう場合はWiFiを
使うことを推奨といった感じなようです。

気分で本を購入したり、定期購読の際に回線つきは捗る。

(以下10/25加筆)

実際、公式ページには3G回線でできることがどこまでということは書いて有りません。
PCやMac、iPadなどの別デバイスで読み進めた場所を共有したい時は
特に3G回線が有ると良いようで、ブラウジングやファイルの取り扱いに関しては
WiFiでできるようだ。という推測の部分が大きく、日本語対応に関しては
特にブラウジングに関しては「できないかもしれない」という推測が大半を占めている模様。

あと、KindleのアカウントはAmazonのアカウントでありクレジットカード番号と紐付いているので
回線をバンバン使っているとアマゾンの契約ポリシー次第でバンバン課金されたりも
なんて事にもなりそうです。

本を気分で買う自由さを5000円くらいで手に入れるかどうか?と言う感じかもしれませんね。

また、Kindle WPに関しては6インチサイズなので、小説や文庫本の代役としての
利用法以外には少々向いていないかも。という触れ込みも。
なんだかいろいろ悩ましいですが、ランチ代を節約すれば買えちゃうくらいの値段

というのもまたまた悩ましい。

(以上10/25加筆)

そんなかんじですね。

 

うぉぉぉおおお!オラなんだか、購買意欲が湧いてきた~!

 

 

 

  < 迷ったら即ポチるしか!

 
ネタ元

アップル iPad mini 対 Google Nexus 7 詳細比較チャート

Engadget Japaneseさん

記事を共有