OSX Lion本日急遽発売!だが、レパードからライオンへのアップは不能。 #nenet #applejp

記事を共有

MacOSの最新版、改めOSXの最新版OSX Lionが「ひっそり」と発売しましたね。

なんでもMacOSXスノーレパードを持っている人「のみ」アップグレード可能。

OSX10.5のレパードをもってる方は「スノーレパードのパッケージを買ってから
改めてOSX Lionにアップする必要があり、
(つまり今回に限ってAppleのOSは購入をスキップする自由は無い。)

脱パッケージのビジネスの難しさをAppleは今後数ヶ月で痛感するのではないでしょうか?

OSX Lionには、Intel Core 2 Duo、Core i3、Core i5、Core i7
またはXeonプロセッサを搭載したMacが必要。とか
そういう足きりは納得が行くんですが
レパード以前のMacOSXからはアップデートができないと言うのが結構驚き。

たとえば、iTunesとか音楽を販売しているAppStoreを媒介に
旧OSからアップグレードとかそういう道はなかったのでしょうか?

 

現状、Leopard以前のOSをお使いの方で
Lionにバージョンアップしたい人はSnow Leopardを購入する必要があり
脱パッケージをして旧パッケージを追い求めると言う微妙な話になっている模様。


Youたちには俺が必要ねwwwwwwwwwwwww (スノーレパード氏談)

 

加えて、AppleStore(実店舗店頭?)でOSX Lionを販売していると言う怪情報も。

 

OSX LionはVista並みの地雷OSとの噂も聞くので
OSX Leopardユーザーのさとーは高みの見物としゃれ込みたいですね。
(Snow Leopardも結構ヤバイOSだったらしいですね。)

別に最新のOSが無くったって生きてはいけるんだし
(仕事場ではXpユーザ。そろそろ7に乗り換えると言う噂。)
しばらく様子を見ようと思うんだぜ?

 

古いMacにはWin7を!と言う手も。 (Win7は好評のようですし)

 

ネタ元
Appleさん
http://www.apple.com/jp/macosx/how-to-buy/

Gizmodoさん
http://www.gizmodo.jp/2011/07/apple_os_x_lion.html

記事を共有

Appleが出してた「Javaでの開発はやめよう」と言う話の続き。 #nenet #applejp

記事を共有

「Javaを使った開発はしないでくんろ。」
Appleさんがそんなことをちょっと前にしていたように思う。

ちょっとしたWebアプリなどを作っている会社からすれば
「また林檎の野郎なんか言ってますぜ」的な話だったろうけど
Appleさんが開発会社にささやいていた話には続きがあったわけで。

AdobeのFlashを取り除いたように(一部開発環境としては残ったが)
今度はSunからOracleに移管されたJavaをMacから遠ざけたい模様。
(おそらく、Macだけでなく、虎の子iOSは真っ先に逃がすのでは?)

つまり、AppleさんはApple以外の大企業が持つ
ミドルなプラットフォームを迂回したものづくりがしたい
ということなのでは。
(今回はMac OSX用 OpenJDKプロジェクトととして前向きに迂回)

自社が手塩に掛けた製品群、OS、プラットフォームを
FlashやJavaなどによって牛耳られたくないのでしょう。

もっともな話ですね。

FlashにはHTML5があったように、何か別のものを
Appleさんが持ってくるのでしょうか?

ちょっとそこは考えていないみたいで
Flashほど浸透力や政治的問題が無いと見て「ゆるく提携」しておく
と言う方向を打ち出したのでは。
また、AppleさんのビジネスパートナーとしてOracleさん
Adobeほど仲が悪くないのかもしれない。
(もしくは分野的にコミットが薄いのかもしれない。)

Sunの技術や特許、人員をOracleは吸収したのかもしれないけど
オープンソース業界やJava界隈では
ちょっとした波が起きているようですね。

 

 

Javaと林檎のブレンド、いい味でるかな?

 

ネタ元
Cnetさん
http://japan.cnet.com/news/service/story/0,3800104747,20422823,00.htm
http://japan.cnet.com/news/service/story/0,3800104747,20421824,00.htm

TechWaveさん
http://techwave.jp/archives/51433216.html

記事を共有

なるほど、Lionは、iOS的なMac OSXか。 #nenet #applejp

記事を共有


Mac OS X 10.7 Lionさんパネーっす!!!!1111
Sugeeeeeeeeeeeee!!!!!!!!!!111111

とかってノリで騒いでましたが、一晩空けて冷静に考えると
Appleさんの戦略の妙技が反映されたOSになっているんだなと。

つまり、

「iOSのiPadが売れている⇒そのインターフェイスを踏襲。」

こうすることで、MacユーザーはそもそもiOSになじんでるし
iPadなどiOS製品でMac買ってみようかな?っ手考えてる人も
なんのためらいも無く、Macに慣れ親しめる。

そういうシナリオ。

・Mac用のiTunes App Storeが登場(気に入ったAppをDL!)
・フリックできるデスクトップ「Launchpad」
・タッチで起動する高速起動!

プラットフォームとしての統合間が乱れつつあったようにも
思うので、この統一感は素敵なんじゃないかな?

今度のMac OSのアップデートは大掛かりなものになるみたいだし
キャッチアップはマストな感じですね。


ライオンさんぱねーっす。

関連情報
Wired Visionさん
http://wiredvision.jp/news/201010/2010102123.html

Appleさん
http://www.apple.com/jp/macosx/lion/

記事を共有

旧:映像ならMacだろ⇒新:映像ならiPhoneだろ、映像はAppleという図式再び #nenet

記事を共有

10数年前、
大学に入る前から映像がやりたくて、
バイトを重ねてMacを買った。(クローンね、UMAX。)

残念なことに、買ったMacは非力で、
大変可愛がったが映像を作るパワーはなく、
いつしか、映像を作るという夢はMacOS7.5.4とともに捨てた。

その夢が、どうやら来月頭
またJobsによって目の前に突きつけられるらしい…。
(念のため、MacOS7.5.4は復活しないはず。)

 

なんたることだ…。 またAppleは俺を喜ばせるのか?

 

私的な感情、ノスタルジー、センチメンタルに浸るのはここまで。
ドライにニュースを分析。

新iPhoneでは、映像がどうやら手軽に使えるレベルになったようだ。
「Jobs的にもイッツオーライ!」なわけだ。

Engadgetさんによると、アメリカン・ビューティーを撮った
Sam Mendes 監督がCMを撮っていた痕跡が
オーディションを受けた 俳優のTweetなどに散見されたそうで…
6月7日…
ショーはすぐそこ。
クリスマスの七面鳥を待つテーブルの様な
ドラマチックな香りを楽しむ、そんなウキウキした時間に突入した気がする。

Apple is beauty?

 

ネタ元
Engadgetさん
http://japanese.engadget.com/2010/05/24/iphone-cm/

記事を共有

iPhoneのことは水に流してくれ。

記事を共有

MacOSXでのAdobe Flashの挙動を早くするH.264技術を
Appleが公開した模様。(ネタ元エンガジェットさん

なぜいまさら?

や、みんなオトナなんでしょうね。

水に流すといえば、としまえんのウオータースライダー。

記事を共有