発表会、Google I/Oで気になったトピックを3つ。#Instant Apps #chromebook #Project Ara 

記事を共有

Google I/Oの基調講演が一通り済んで、Appleのニュースも今日は凪状態なので気になったものをまとめておくとしよう。

Project Ara

合体ロボ的な新しい電話。色物だなw

日本ではウィルコムが昔「プラモフォン」を出来そうとしてたがコンセプトモデルどまりだったっすね。

Googleが今回出す合体ロボ電話は合体ギミックが落とすとパージされることがわかり作りなおしになって再度実証実験に持ち込む段階に来たとかなんとか。

 

 


Androidアプリに対応する新Chromebook

ハード的にはまだ発表になってませんが、この秋新発売☆ってことになるらしい。

日本に来るかは不明。

Macよりもアメリカでは売れてるらしく「ネット環境がないと動かない」という部分を克服。その方法は「Androidアプリをそのまま動かせるようになるバージョンアップすること」なんだそうだ。

どんどんノートPCっぽくなっていくというか。

ただ、Android由来のウイルス問題とか怪しいアプリ群をそのまま引き連れてくることに成るわけで、ビジネス向けに使い続けられるのか少々疑問。

オフライン環境での機能とトレードオフというところで少し頭が痛い。

Chromebookに関しては、以前より期待しているところで、価格を抑えつつ機能も充実してきたこのタイミングで大きく変わるのかもしれないと期待。

ChromeのブラウザとGoogle日本語入力とOffice製品(これはOffice365で良い)しか使っていないので、これでもいいのかな?と思えてきている。

あ、Thunderbirdがないと仕事にならない…。

という個人的事情はあるけど、それすらなんとかなればなんとかなってしまうかもしれないw

 

Instant Apps

そして、最後がインストールなしで使えるアプリ、「Instant Apps」だ。

Webアプリの延長線上、実は名前が違うけど別の形でiOSデバイスやAndroidでも有ったのだけど、もう少しアプリよりになった様子。(以前のはメモリに常駐する限りアプリとして存在するタイプだった)

「インストールせずに使えるアプリ」

っていう不思議なっ存在ですが、

URLをクリックするとデバイスに入ってくる

そうです。

で、フルのアプリとしてではなく、最小限の機能に絞った部分的なアプリがのみがダウンロードされるんだとか。

もちろん、Instant Apps向けにプログラムは組み直さなきゃならないだろうし、全部のアプリが対応するわけではないけれど、重いフルパッケージをダウンロードするまで使えない。というセツナイ状態ではなく、ちょっと使ってみて、よければ後で全部ダウンロード。なんていうことを想定しているご様子。

ただ、ウイークポイントとしては、Webのアドレスをタップすることでダウンロードが開始されるので、釣りリンクとか、意図しないタップによるダウンロードが発生することになりマルウエアの侵入を許しやすい構造に成るのかもな。と邪推。(僕が考えつくことですから、やる人はやってくるでしょう。)

対応は結構前の端末、Android 4.1–4.3.1から対応するらしい。

珍しく大盤振る舞い。

ってか、前からあった技術の焼き直しなんですよね☆

決済のためにNFCを経由してこのInstant Appsを起動する。なんていう芸当もできるようで、どこでアプリを分割するか?という切り口にセンスが求められるところかもしれません。

 

情報源: Googleのモジュールスマホ「Project Ara」開発者向けは来年の秋にお届け!? : ギズモード・ジャパン

情報源: Google、インストールなしで使えるアプリ「Instant Apps」を発表 : ギズモード・ジャパン

情報源: Chromebookが大進化! Androidアプリに対応で魅惑のPCへ : ギズモード・ジャパン

記事を共有

Windows Phoneは来なかった。 #windowsPhone #ms #ios #android

記事を共有

Microsoftさん、自社モバイルWindows Phoneをまたまたぶん投げる。

MicrosoftさんにおけるWWDC的な「Build 2016」で何の発表も無かった模様。

恐らく、Microsoft内ではWindows Phoneは完全に無視されているのだろう。

Luminaを買ってる人呆然。

雲行き怪しかったけど、もう、語ることもしない模様。

Xamarinっていうスマホアプリ作成に特化した開発環境をMSさんが買収。

iPhone向けのアプリもAndroid向けのアプリもVisual Studio(C#)で作れるってわけで

MSさん的にはiOSでもAndroidでもどっちでもいいぜ!ってね。

モバイルファーストでありクラウドファーストだけど、自社のモバイルデバイス=Windows Phoneには全くコミットせず。

コミットどころか触れもしなかったというのだ。

ハードやOSにはこだわらず、開発言語、自社で作ったBASICを全世界に!って言うMSさん=ビル・ゲイツの野望に似ているわけで、またMS ExcelがMac上で大人気だった頃のMSを思い出します。

 
サトヤ・ナデラの理想は
若かりし日のビル・ゲイツのそれに似ているのかもしれない。

…そう、こういった姿勢はMSさんにとって何ひとつ珍しいことではなく、Windowsを世に出す前のMSさん的には非常に当たり前のことで、プラットフォームなんてどうでもいいから、自社の「機能がギッシリ揃っているサービスと開発環境をあまねく世界のみなさんに利用していただこうぜ!」っていうメッセージが再度流れたまで。

んで、Windows Phoneは再び冷たい土の中へ。

『Windows Phoneは来なかった。 #windowsPhone #ms #ios #android』…の続きを読む Windows Phoneは来なかった。 #windowsPhone #ms #ios #android

記事を共有

【コラム】Evernoteお前もか…HDDたくさん使える系の危機? #Dropbox #Cloud

記事を共有

Cloudっていうと5年前くらい、スタートアップ企業がバンバンスペース貸しをして、人が集まったらマネタイズ☆っていう算段でネットの海に漕ぎだしたってイメージなんだけど、その大航海が大後悔になりそうな勢いでニュースがやってまいりましたとさ。

数日前にDropboxがサービスを絞ってコアビジネスにコミット。

そして、今日Evernoteがサービスを絞ってコアビジネスにコミット。

 

結果にコミット!
な~んて言ってる場合では
ないっす。

ブーチ、ブーチ

んで、Pogoplugとかも無料サーバーを提供してましたが、2015の夏前には5GBレベルの無料提供をやめてモゴモゴ…。という感じになってましたが、

ココに来てCloud系の覇者だったサービスも
旗色が悪くなっているご様子。

そうなると、GoogleとMicrosoftが何となく残って、iTunesなどサービスが各種あるAppleもそのままっていう状態になるのかなと。

クラウド上にデータを置く、ファイルっていう概念がそこまでなくなってきた、ここ2年クアイでクラウドの意味合いは非常に自然で当たり前のものになってきたところがあったと思うのだけれど、その当たり前を支えていくはずの2つのサービスが微妙な状態っていうのもなんだかとっても象徴的なことのように思います。

『【コラム】Evernoteお前もか…HDDたくさん使える系の危機? #Dropbox #Cloud』…の続きを読む 【コラム】Evernoteお前もか…HDDたくさん使える系の危機? #Dropbox #Cloud

記事を共有

Microsoft謹製スマホ用「Office」は2013年初頭に発売?iOSでOffice!? #nenet

記事を共有

 

モバイルにおけるMSさんの華麗な巻き返しの尖兵?

 

Officeが来年アタマに登場する予定だそうで。

リッチな生産性向上系アプリといえば、Apple製品が多かったiOSと
Androidに向けて「Office」が提供されるという。

古くはMS ExcelのMac版を大展開し、その後出し渋りをし
WindowsでMS Excelの後継を出していった過去があるので
iOSにいるビジネスユーザー、Androidにいるビジネスユーザーの
巻取りに今回もOfficeを使うのかもしれません。

 

まぁ、でもOfficeがiPadで使えるっていうのは、暫時的なことにせよ
ユーザーにとっては素晴らしいことだと思うので、今は手放しで喜びたいなと。

ネタ元によればアメリカのThe Vergeが米時間11月7日に
「Microsoftの計画に詳しい複数の情報筋」の話として
2013年初頭に 「Office Mobile」と言う名前で提供予定だと報じてますね。

「Microsoftアカウントユーザー」?は「Word」「PowerPoint」「Excel」の
ファイルを携帯端末上で「参照」できるようになる。

ドキュメントを編集は「Office 365」への登録が必要となる見込み

とな。
どうも基本的な編集機能も微妙な制限付き。
デスクトップ版とは違いが出るとのこと。

 

この記載を見るに、基本的にはビューアーで
どんなデバイスを使っていようとも「Office365」を使わせていくというラインが
見えてきますね。

つまり、プラットフォームの移行を促すのではなく、
Google Docsみたいに、マルチプラットフォームで
好きなデバイスでユーザーが好きな環境で活動が可能。
収益のトリガーはOSではなく「Office 365」のサービス部分が良質だということ。

Googleはデータが前にあると検索マニアな部分もあるので
機密文書などもあるいは…
という気がしますが、MSさんなら今のとこ大丈夫なんじゃないかな?
と企業文化的な観点からも思うわけで。
ちなみに、発売時期の詳細ですが以前にMicrosoft、チェコ共和国オフィスはOffice Mobileが2013年2月に提供される予定だとプレスリリースに
記載してましたがMicrosoftはThe Vergeに対し、

その情報は「正確ではない」と述べているそうで

発売日もまだよくわからないと言う感じのようです。
(MSさんのコントローラブルな口ぶりから見るにAppleへの申請は
既に済んでるのかもしれませんね。)
 MSさん色々やりますね~

 

 
ネタ元

MS、「iOS」と「Android」向け「Office」を2013年初頭に提供か

CNET Japanさん

 

Exclusive: Microsoft Office for iPhone, iPad, and Android revealed

The Vergeさん

記事を共有