米国洗濯代行サービスの倒産のコラムを見て今後を考える。 #コラム

記事を共有

ギズモード・ジャパンさんに載ってた良いコラム。

洗濯代行サービス「Washio」が閉業って話を口火に飛び火している模様を書いてますね。

日本ではそこまでベンチャーなサービスは無いから対岸の火事ですが
僕、さとーも本業はアプリのプロデューサーなので、なかなか考えさせられます。

フリーミアムモデルとかFtoPとか基本無料とか、かっこいい名前がついててその実採算は合うのかよ?

とオトナな味方をしてしまいがちなのは中で作ってるからかなぁとも。

 

IT関連の潮流は?

ネタ元のコラムにも書いてありますが、ベンチャーの多くはファンドが大資本をぶっ込んでくれて、その資金を元にどんどん進むわけですが、アメリカのIT業界界隈に対する投資の潮流がTwitterなどフリーミアムもでるからおさらば、オンデマンド方向には今回の記事を見る限り黄色信号?ドローンからはどろん。3Dプリンタも引き潮、IoTにドドッと流れ込みAlexaフィーバー中。って話を伺いしったところです。

で、上のような潮流にはキチンとお金が注ぎ込まれていて、生き馬の目を抜くような勢いでベンチャーがベンチャーらしく波にのるわけで。

『米国洗濯代行サービスの倒産のコラムを見て今後を考える。 #コラム』…の続きを読む 米国洗濯代行サービスの倒産のコラムを見て今後を考える。 #コラム

記事を共有

Amazonがアメリカで1万円のTV用端末「Fire TV」を発売 #amazon

記事を共有

Amazonがテレビをネット端末にするSTB「Fire TV」を発表、発売

言ってしまえば「Apple TV」のAmazon版が登場したと言うわけで。

日本的にはそんなに驚く話じゃないのだけど、アメリカさんでは大きな問題。
(ポップコーンを飛ばすほどに気合が入っているw)

 

Googleも「Chromecast」なんていう、ドングルを出してたけど
アメリカはインターネットが家の中にありバンバンWebをみて…
という日本とは違い、長い間STB、セット・トップ・ボックスといわれる
テレビの上に置く端末がケーブルテレビに入るとてにはいり
それこそが、家の中にある最強の家電であり
最強のガジェットだという家も多く、今の今まで
AppleTVみたいなものが、ドンドバ提供されてこなかったことが
かえって不安になるくらいでしたがココに来て急に進展。

で、今回のAmazonのFire TVってわけですね。

ちょうどバックトゥザフューチャー2でテレビからクビを宣告される
マクフライがいましたが、Fire=クビなんていう名前をよくつけたもんだとも。

 

Fire TVに関してはゲームが出来るという意味で
STBの機能とVitaTV的な機能がごちゃまぜになっているのかも。

Fire TV向けにどれだけアプリが供給されるのかは疑問だけれど
普及台数次第では良い未来が有るのかも。

PS4やXBOX ONEがなんとなくグダグダな状態なので
するするっとテレビのHDMI端子を奪い去りたいのかも。

あとはAppleがテレビを出す前に出してしまうおうということの
現れかもしれません。

Appleがもし本当にテレビを作っているのであれば
iPhoneみたいに生活を変えてしまう魅力を持つ…ていて欲しい
ところですが、とにかくSTBリプレイスの際に
先にHDMIを奪うのがだれかという話。

もっとも、Tivoあたりのリプレイスの話は
2010年の9月にAppleTVが出て
GoogleがGoogleTVで滑ったときに既に話題に
登っていたことで、Amazonがココに来てGoサインをだしたのは
Kindle Fireで得た情報によるのもなのかもしれません。

(推測ですが、かなりの情報をAmazonは得ているはず)

AppleTVが3年以上市場にあることも驚きでねw

 

日本では先述のVitaTVとNasneがあれば
似たようなことができるのでSTBが欲しい人は試してみては?
みんななんとなく似てますねw
 

ネタ元

Amazonが激安1万円でスマートTVを実現する高性能STB「Fire TV」を発売 – GIGAZINE.

記事を共有

「PlayStation 4」のインプレッションをインプレッション。 #nenet

記事を共有

「PlayStation 4」のインプレッション(といってもゲームはしていない)が
Cnetさんで掲載されてます。

筐体+大画面でゲームをするのが好き、PS3か箱丸を持ってる人は
気になるところだしみてみるとイイと思います。

 

 

ココからぼやき。

PS2まではハードにゲームをしている日々が続いていたので
PS4やXbox Oneは久々に期待していたのだけれど
ちょっと…(特に筐体機を取り囲むメディアの?) 様子がおかしいなぁと。

PS4 対 Xbox One で特集が組まれることが多いのだけど
そもそもPS3持ってる人は箱系は買わないだろうし、逆もまた真かと。

で、返り咲きたいかも、と思っているさとーのような人間には
妙に詳しい比較記事の多さに辟易している。
一見、有用な資料っぽくて読み始めるのですが
全然購買意欲が沸かない細かなスペック話が多いからかな?
(E3などで提供される開発者向け資料の焼き直しが多いから
仕方ないのかな?またPS4とXbox Oneはアーキテクチャが近いからね) 

遊びたいゲームがあり、ロード時間が少なく、楽しく遊べれば
それでいいんじゃないか?って単純におもうところがあり
それらが非常にわかりづらい。

以前にPS3や箱丸のどっちがいいの? って聞いたことがあるのだけれど
双方ドヤ顔で親派の筐体を誉めそやすので、決める決めないではなく
なんだか、あちら側に行くことになってしまうことになりそうで、
購買意欲が急降下した覚えがあります。

そしてフラッシュバック。

また、PS4の世代でも同じようなノリに遭遇することになるのかと…。

WiiUに関しては、コントローラーが重いゲーム筐体はないと思っているので
わざわざ画面などという要素を入れたコントローラーを設計している以上
WiiUは選択肢にさえ入らないと心の叫び。
(長時間プレイすると腕が痛くなったりするからね。)

一番良さそうな落とし所がまた見つからないまま
7年くらい立っちゃうんだろうな~というのが現状分析をした感覚。

確かにキノコやトリガーの絞り具合は重要だが
肝心なのは面白そうなゲームが出るのかどうかだ。

大画面テレビと併せて購入を考え、そんなにお金を払いたくないし
ひと世代前のXbox360辺りで問題ないのかもしれないなとも。
もしくは、Nasneを使うためにPS3とか?

Geometry Warsがやりたいので箱丸にしておくかな。

 
2万で買えるしコレでいんじゃね?

 
ネタ元

「PlayStation 4」の第一印象–使用感や機能、今後の展望など

CNET Japanさん.

記事を共有

XBOX ONE 発表!これでテレビはリモコンいらず?! #nenet

記事を共有


今朝、動画の同時通訳を聞き書きししながら、必至にメールで投稿をしたつもりだったのですが
うまく公開っされて無かったw(涙)

で、まぁ、その内容を半ばテキトウにアップしておきます。
マイクロソフトが出す新筐体の名前は「Xbox ONE」
キネクトをきちんと取り込んでいるとこが特筆点な新世代X箱。
んで、どちらかと言うとテレビとネットでのコミュニケーションに
軸足を置いたセットトップボックスといった感じ。(ポストTiVoだな)

音声コントロール、ジェスチャーコントロールなどができ、
リモコンがなくなってもテレビが見れる!ドジッ子にも頼れる
「テレビに付ける何か」といった感じ。
ちなみに、音声を覚えているらしく、音声によって
誰が見てるかを判別し、内容も併せて提案してくれるとか。

テレビを見ながらスカイプをしたり、マルチ画面を使い分けるインターフェース。
ちょうどウィンドウズ8のタイル的なインターフェースに近い。

スポーツや討論会の放送をデータ表示をしたりを楽しむことも可能。

音声コントロールが小気味良く、Appleのシリみたいに対話型ではなく、
命令に対しサクサク忠実に応えをだしていくスマートさ。

人気のあるテレビ番組や映画コンテンツなどがピックアップされ、
マス的な媒体になっていく模様。

ゲーム機ではない、
インテリジェントテレビを作り出すエンジン。

特にキネクトが取り込まれたことはこのあと大きな意味を持つことになるかと。
(オプションでないということは、ゲーム開発にとってレギュラーの
 操作系になる訳だから、従来との差は大きい。)

AppleがAppleTVとしてやりたかった事が大体入ってる。

スカイプをマイクロソフトが買収したことが、ここで活きてくる。

ゲーム機ではなくテレビ用の次世代セットトップボックスの座をかけた
争いが加熱してきそうですね。(PS4はもう少しだけゲーム機よりかな。)
ネタ元
Xbox 新たなる世代の幕開け
Xbox.comさん

記事を共有

ゲーム専用機器絶滅前夜?ゲーム機のトレンドがiOSやAndroidに移りつつあるようです。 #nenet

記事を共有

IDCとApp Annieのレポートに関する2013年Q1の世界のゲーム売り上げの
おはなしがゲームキャストさんにでてました。

なんでも「iOS単体で3DSやPS Vitaなど専用ゲーム機の売上を上回ったと」そうで。

グラフはこんな塩梅です。

iOSの内訳などの話はゲームキャストさんに譲るとして

目測ですが、ゲーム専用筐体系の売上減の分をiOSとAndroidに
割り振ったとして、iOSやAndroidの伸び率を足した分のほうが
どうやら額が高くなっている模様。

ってことは、今までゲームに興味がなかった層が財布の紐を緩めた
ということが考えられるんじゃないでしょうか?

まぁ、ゲームハードを持っている人はソフトを買いますこともできるわけですし
「面白いゲームが出れば」このゲームハードの方の凹み状態は挽回できるのでしょうが…。

ただ、近々くるPS4などへのゲームハードのリプレイスタイミングに
ゲーム専用ハードが予測ほど売れず、
同程度の金額で買えるタブレットが飛ぶように売れたとなると大問題。

いわゆる、上のグラフの状況の拡大。
ゲーム専用ハード離れって感じになるのかと思います。

そんなゲーム専用ハード離れが起こると
逆転はカナリ困難なものになり、ゲーム専用ハードを作っている
メーカーや園周辺で活動するエコサイクル内のゲームメーカーにとっては
かなりの地獄絵図になるのでは?とも考えられます。
ゲーム用筐体がAndroidで登場してますがそんなものすら金をかけず
手元にあるAndroidタブレットにHDMIケーブルを繋げ
Bluetoothコントローラーを用意してゲームをするなんてプレイスタイルも認知されそうですし
iOSであれば、AppleTVをテレビに接続。
iPadやiPhoneをコントローラーとして使い、家の大画面をゲーム画面として使う
エアプレイでのゲームプレイとかが主流になってくるのでは?
(会社で似たようなことをしてますが、とっても楽しいですw)

となると、時代を飛び越えゲーム専用Android筐体さえ必要なくなってくるのかな?と
思ったりもします。(マニアはWindows上でゲームするようになってきてますしね。)

そうなるとライトユーザーより上、PCゲームをするマニア未満の
高画質のゲームが必要な人以外には据え置きゲーム筐体は必要なくなるのでしょう。

ゲーム専用筐体がかつて持っていたスケールメリットや市場のがしぼんでしまえば
その影響はゲーム筐体向けの開発をしているメーカーのリスクを増加させる。

なんだか、恐竜絶滅前夜という感じで空恐ろしい感じの連鎖が
今まさに発生するようなしないような…。

iOSのアップグレードとAndroidマーケットの課金率が順調に上昇してくれば
さらには専用筐体の危機への突入速度はグングン上がっていくんだろうなとも思います。
家のデカイ画面でiOSのゲームをお気軽プレイ!

 

ネタ元

ゲーム機の覇権はiOSへ…? 2013年のQ1、iOS単体のゲーム売り上げが専用携帯ゲーム機の合計を上回る

ゲームキャストさん.

記事を共有

PS4が発表されたけど、足を洗ったゲーマーから見て買うべきなのか?

記事を共有

値段は某新聞メディアによれば4万超らしい「PS4」。
その「PS4」はナニモノなのかをかいつまんでまとめてみる。

 

事の発端は、昨日発表されたソニーの最新ゲームハード

「プレイステーション 4(PS4)」のGigazineさんによる発表会まとめ
かなり良い感じにまとまっていたらしいのですが、
それでもイマイチピンとこなかったので

「一体何?」という疑問を胸にまとめてみました。

 

各項目はGigazineさんに併せてみたので、適当に比べてください。

 

 

◆「SHARE」ボタン一発でゲーム中のスクショがネットに流せる。

 

PS4、ゲームプレイが常時数分前を録画してるらしく、コントローラーの
「SHARE」を押すと直前のプレイ動画やスクショをネット上にうpれる。
または、Facebookに投稿できるらしい。

露出大好きゲーマーが友達にいるFacebookユーザーはしばらくの間
プレイ動画に悩まされる可能性が多々ありそうですね。

FPSでヘッドショットを決めてるドヤ顔ムービーとか…

 

テレビを見るtorneなどで、シェアボタン機能が活用可能なら、
テレビ視聴の傍ら楽しくFbにスクショやムービーが投下が可能になりますが
現時点ではゲーマー中心の魅せるプレイが可能な人にとっての
特異な機能ということになりそう。

Sony信者の方々はお布施とか本気で考えているフシがあるので、
ジハード的にPS4によるFacebookへの爆撃(投稿)を頻繁にしてくるかも。

ゲーマーの友人達は
「コレは何を賭けた闘いなの?」
といった人生を賭けたなぞなぞに出会えるだろう。

 

 

歓迎されるメディア、使い道としては、
ニコニコ動画やニコニコ静画、ニコニコ生放送あたりでもてはやされる機能に
なりそうですね。ローンチ時にニコニコ系のサービスに対応するかどうかが
PS4が受け入れられるかどうかの分水嶺になるかなと思います。
(ゲーム動画のインフレになる可能性はかなり高いかも。)

 

⇒一般人としてはテレビの情報共有やCMの保存、情報共有に効果がありそう。

⇒テレビオーケーなら、アイドルファンとか女優ファン、お宝動画マニア辺りに受けそう。

 

純然たる利用としては、ニコニコ動画、ニコ生あたりで効果が出ると思う。

Facebookでは生暖かく、白い目で迎えられる可能性が大。

 

 

 

◆「Ustream」などでストリーミング生中継可能

 

 

PS4のリリース文中には「Ustream(ユーストリーム)などの
インターネット中継サービスを通じてゲームプレイを友人に手軽に生中継することが可能」

 

⇒生主がそのまま垂れ流すのに便利。

⇒他人のプレイにちょっかいを出すことが楽しくなりそう。

生プレイの垂れ流し実況が流行りそう。視聴者からの支援など?が面白そう。

 

プレイストリーミングをひやかしてみていて、途中から参戦するというスタイルが良さそう。

同一時間、同一ゲームのプレイがメッシュ状に広がる可能性がある。
生主が2~3人別々に同じ場所でストリーミングをしながら連携プレイとか)

人気ゲームの一極集中化が起きる可能性が高い希ガス。
(モンハン的なノリのオンゲが一気に白熱しそうw) 

 

ゲーム周辺のプレイ文化が新しく芽生える可能性がある。

 

 

◆PS Vita・スマホ(iPhone/Android)・タブレットがリモートプレイのセカンドスクリーン化

 

 

Wi-Fi経由でPS4に接続することで、PS VitaからPS4のゲームをプレイできるようになる。

専用アプリ「PlayStation App」をiPhone/iPad/Android搭載スマホ・タブレットに入れると自宅のPS4の

遠隔操作が可能なリモコンになる。もしくは他人のプレイをニヤニヤ見るプラットフォーム化。

 

⇒需要あるのか?

⇒テレビ録画はNasneとtorneで実現しているので新しい感じではない。

⇒そこまで一般人はPS4のゲームが好きになるかは不明。

⇒勝手にジェネレートしそうもない。

コアゲーマーの練度が上がりそう…

⇒Vitaが有るんだから、少しは何かプレイさせてあげようず。

 

 

◆サスペンドモードでいつでもすぐにゲームを中断可能

PS4を節電状態で待機させるサスペンドモードによってシステムの状態が
一時保存される、というもの。いちいち起動を待たなくて桶。

ゲーム中にサスペンドしてブラウザを見る、裏でダウンロードが可能
などの機能もあり、パソコン化とゲーム以外のジャンルがPS4に
流入する可能性が高まりそうですね。あと、ウイルス問題が出てきそう。

 

⇒電気が掛かりそうね。

⇒途中で中断、そのまま断念するタイプの積みゲーが多くなりそう。

 

 

 

◆自分の欲しいゲームや見たい番組・映画などを事前に予測してあらかじめダウンロード

 

 

過去履歴の蓄積で、お薦めコンテンツが示唆される。

 

⇒コレはいい。

⇒ゲーム、映画に関するスゴ録的な何か。

⇒所有者の財布が軽くなるw

 

⇒受け身のエンタメを欲する人には良いプラットフォームになるかも。

 

 

 

◆クラウド化によって昔のゲームをプレイ可能に

 

定額制音楽配信サービス「Music Unlimited」

プレミアムビデオ配信サービス「Video Unlimited」

「PS Store内ゲームタイトルの一部を試遊可能に」…。

「発売以来3000にも上る豊富な“PS3タイトル”の多くをお楽しみいただける」

 

 

⇒音楽配信。ソニーはまず、ソニーグループを大事に思った。

⇒ソニーはグループ企業の利益を優先しゲームより映画配信を考えた。

⇒ソニーは、PS3で提供していた試遊を更に加速。

⇒「古い」とは言うがPS3のソフトをDL提供可能にし、タイトル不足を補いつつ

中古市場を潰しにかかっている?のかもしれない。

 

⇒音楽と映画は置いておくとして、新タイトルがスマホのように無料化していく

兆しが見え隠れしますね。特に、試遊で使ったデータを引き継ぎ

プレイをしていくようになるのだろうけど、ゲームは基本タダ。っていう新常識

コンソールゲームにもやってくることがほぼ決まっていそうですね。

あと、中古市場といっても、中古ではゲーム制作会社は直接儲からないので

制作会社にカネが落ちるならいいのかもしれません。

懸念されるのは、過去のタイトルを軽く遊べる中古の良さが

なくなってしまうことでしょうか。

中古ソフトの様な柔軟な価格決定がなされればいいのですが

あと、権利問題でDLできないソフトが出てきそう

そういった場合は、中古ソフトが流通できるプラットフォームの方が

いいのかもしれませんね。

(権利擁護はいいが、ゲームが権利のゴタゴタでなくなるのは良くない)

 

 

◆ソニーによる5つのキーワード…

 

使いやすさ(Simple)

サクサク(Immediate)

ソーシャルとの融合(Social)

様々なデバイス/サービスとの連携(Integrated)

ユーザー体験の最適化(Personalized)

 

面白さ、遊び、なんてことはどうでもいいのか?

⇒最近の技術を盛り込みスマホのライバルに成ろうとやっき

⇒少なくとも、家においてあるデバイスなのだから、もう少しくらい別な

価値観の提供はできなかったのだろうか?(とても疑問)

⇒ゲームをするデバイスではなくなるのかもしれない

⇒ゲームはもう、メインではない?

⇒ニコ動やニコ生などの生主専用マシンになるだけでも確かに良いのかも。

⇒そういう意味では、最新のデジタル遊具ではあるが、

ゲームに特化したゲーム機という幻想はもう金輪際出てこないのかもしれない。

 

⇒4万を超える金額でどれだけ売れるのかは疑問だが

それでも、遊びの間口が広がるからということで受け入れられる素養はある。

⇒テレビも面白さは疑問符がつくようになってきたし、大画面化したモニタを

席巻するには高性能なこのハードはある意味必然であり

任天堂にもスマホにもできないことをやろうとしているのかもしれない。

(PlayStation2がもたらしたDVDプレイヤーとしてのゲーム機が拡張するのかも)

 

Main Processor Single-chip custom processor

CPU : x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores

GPU : 1.84 TFLOPS, AMD next-generation Radeon based graphics engine

・メモリ GDDR5:8GB(176GB/秒の帯域幅GDDR5メモリーを搭載)

・ハードディスク内蔵

・光学ドライブ(読み出し専用)BD 6 倍速CAV・DVD 8 倍速CAV

・入出力 Super-Speed USB (USB 3.0)ポート、AUX ポート

・通信 Ethernet (10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T) IEEE 802.11 b/g/n

Bluetooth 2.1(EDR)

・AV出力 HDMI 出力端子 アナログAV 出力端子 光デジタル出力端子

 

★で、買いなの?

 

買ってみては?

 

テキトーにいいたいところだ、ちょっと待った。

ブルーレイプレイヤーとして買ってみる、ってのも実は得策ではなく

(PlayStation2とは時代が違う)そもそも円盤で流通するコンテンツが

少なくなってきたので、自分にあった動画再生プラットフォームがあれば

買う必要はない。

  <ブルーレイ危うし?

 

PS4を買うべき人は、生主、ブログ主などのキャプチャが必要な人々だと思う。

そして、それが何らかのステータスや遊びにつながるなら大いに活用できると思う。

活用できないなら、買わない方がいい。

 

Fbやスマホ関連のメリットは正直開発陣の意図したものにはならないだろう。

特にゲーム関連の動画がオモシロイと思って流す人と

ゲームに関係ない人の温度差拡大を招くツールになるかも。

 

メカ的には数年後まで耐えられる仕様を標榜して作っているでしょうから

HDDレコーダなどより、シャキシャキ動く可能性があり

意外とストレスなく色々扱えるようになるのでは?とおもいます。

その割に、入出力系がちょっと貧弱なので、色々心配。

 

ソニーがテレビをはじめ家電に本腰を入れたり、様々なグループ企業の

思惑を凝縮させ、登場させたプラットフォームという感じもするので

このデバイスがどうなの?ってのは一般人よりソニー社員にでも聞いたほうが良いかも。

 

僕はとりあえずNasneとiPadの運用をする事を考えているので

次のバージョン、薄型PS4が出た段階で買おうかな?と考えると思います。

なんせ、今回は標準的なアーキテクチャを使っているので、CELLを使った

変わり種PS3とは別に、早い段階でコストカットと縮小化が望めるのでは?って思う次第。

 

といかく、薄くなるか安くなるまでサナギマンの用に物欲に耐えるとします。

 
 <初期ロットには手を出すな!

 
ネタ元

「PS4」はプレイヤーにとって一体何が新しいのか、新機能や仕様詳細まとめ

GIGAZINEさん.

記事を共有