【コラム】Appleは自社の良さに気づいたのかもしれない。 #apple #iphone #mac

記事を共有

Appleさん、ココに来て足取りを変えてきましたね。

コモディティ化を望むそうにはそこそこの品質を保ったiPhoneとiPadを安価に提供。

iPhoneSEと最近出たiPad。

Macに関しては、発売時期やロードマップを公言してしまう。

で、今回のコラム。

iPhoneでAppStoreを作り、アプリ本数競争ではAndroidに軍配が上がっているが、収益プラットフォームとしてはいぜん光るものが有る。

で、ココで考えたiPhoneやiPadの良さをAppleは煮詰めたのでしょう。

ココ数ヶ月、出てきているアプリの発表やサービスの発表が中々ステキ。

Swift Playgrounds

小学生からプログラムってのは時代を感じさせられるが、僕もいじってみたらとても面白い。
まだ、若いアタマに問いかける。
何かおもしろい発想はないかい?ってね。
日本語版もあるから、iPad持ってる人は入れてみるといい。
とても面白い。

 

App Accelerator Bengaluru

インドでのスタートアップ支援も面白い取り組みだ。
インドのバンガロールに設置するAppleのApp Accelerator
審査を通った企業にはAppleのスタッフがメンターとしてついてくれて
プロジェクトの支援や進捗管理をしてくれる。

『【コラム】Appleは自社の良さに気づいたのかもしれない。 #apple #iphone #mac』…の続きを読む 【コラム】Appleは自社の良さに気づいたのかもしれない。 #apple #iphone #mac

記事を共有

Appleの新言語「Swift」の生みの親のひとりがテスラの自動運転プログラム開発担当へ #自動運転 #テスラ #Apple #Swift

記事を共有

Appleのプログラミング言語「Swift」を作った際の責任者Chris Lattner氏がアップルを退職したそうだ。

転職先はテスラ。

自動運転ソフトウェアを統括する予定だそうで。

Swiftのプロジェクトマネージャーは現在のシニアマネージャーTed Kremenek氏に引き継がれるそう。

(シニアマネージャーが受け持つということで、コミットが上がるのかも?)

 

『Appleの新言語「Swift」の生みの親のひとりがテスラの自動運転プログラム開発担当へ #自動運転 #テスラ #Apple #Swift』…の続きを読む Appleの新言語「Swift」の生みの親のひとりがテスラの自動運転プログラム開発担当へ #自動運転 #テスラ #Apple #Swift

記事を共有

IBMに続きSAPもAppleと提携。iPhone、iPad用ビジネスアプリを強化へ。

記事を共有

ERPの雄、SAP。

業務分野でエンタープライズ向けパッケージといえばSAPがぱっと思いつくのですが、

そのSAPとAppleさんが提携

を発表しましたよっと。

 
説明本の触りだけでこの厚さww

この提携で何が起こるか?というと、SAPが「HANA」という分析・予測システム(インメモリDWH)をiPhoneやiPad向けに提供するそうです。

また、その他にも新しいiOSソフトウェア開発キットと「トレーニングアカデミー」が提供されるそうで。

業務分野での提携というとIBMとAppleの提携が頭に浮かびますが、IBMの方はSI志向が強く「KPIを見たりする閲覧インターフェイスを各企業向けにSwiftで軽快に作っていこうぜ!」という雰囲気を感じてます。

対する今回のSAPさんの方は「複雑な作業をSAPのアプリで実行できるようにする。」ということで、設備の故障時期予測など、業務サポートをする専門のアプリ群を提供するようです。言い換えると「システムを構築していくことには興味を示さず、SAPが提供するアプリを使い業務を遂行していこうぜ!」という感じっすかね。

両社とも積極的な作業環境、入力インターフェイスというよりもやはり、アラートの通知や閲覧インターフェイスがメインに成る様子。

『IBMに続きSAPもAppleと提携。iPhone、iPad用ビジネスアプリを強化へ。』…の続きを読む IBMに続きSAPもAppleと提携。iPhone、iPad用ビジネスアプリを強化へ。

記事を共有

IBMがSwift、GitHub、VMWAREを猛プッシュ。 #IBM #Swift #apple #GitHub #ipad

記事を共有

iPad Proはツバメと一緒に青く染まるのか?

さっくりお伝え。

最近iPadやiPhoneを積極的にビジネスに活用しよう!と
Appleと協業しているIBMさんが発表会を開催。

んで、

『IBMがSwift、GitHub、VMWAREを猛プッシュ。 #IBM #Swift #apple #GitHub #ipad』…の続きを読む IBMがSwift、GitHub、VMWAREを猛プッシュ。 #IBM #Swift #apple #GitHub #ipad

記事を共有

AppleさんSwiftのベンチマークツール『Swift Benchmark Suite』をGitHubで公開 #ios #swift

記事を共有
記事を共有

IBMのWeb上お試しSwift実行環境「IBM Swift Sandbox」がちょっぴりバージョンアップv0.4へ。iPhone、iPadでも快適に☆ #ibm #swift

記事を共有

以前に紹介してましたIBMのSwiftのサンドボックス実行環境がちょっぴりバージョンアップ。

iPhone、iPadで活用できるよう、レスポンシ対応。

また「Clear Code」ボタンや、書きかけのコードを自動保存する「Draft Autosave」機能も追加。(もちろんAutoSaveは無効にもできます)

また、新機能のチュートリアル「What’s New?」も追加。

Swift使ってみたいって人は、iPhoneやiPadでもってことで触ってみては?

 

情報源: What’s New in the IBM Swift Sandbox v0.4 – Swift

情報源: IBM、Web上でSwiftを実行できるテスト環境「IBM Swift Sandbox」をv0.4へアップデート。iPhoneなどでも最適に利用できるようレスポンシブデザインを採用。

情報源: IBM Swift Sandbox

記事を共有

IBMさんWindowsでも「Swift」をお試し可能な環境をCloud上に提供。 #ibm #apple #swift

記事を共有


サトヤ・ナデラがマイクロソフトをオープンな会社で今風に収益を上げるモデルにシフトしようとやっきになってるが、何もマイクロソフトだけがオープン化をしようとしているわけではない。

Swiftをオープンソースにするぞ!

って話をAppleもそう叫んでいた。

で、久しく時間が経って遂にこの時が。

iOSデバイス、つまりiPhoneやiPadそしてMac、AppleTV、Apple Watch用のWatchOSだけでなく、Linuxも開発の対象とする開発環境として

また、ソースコードをGitHubに置くといったオープンソース化を図ったそうだ。

で、更にたたみ掛けるようにIBMが青い色のSwiftを公開。

青いっていっても、何もIBMが独占した訳じゃない。

お試し環境としてクラウド環境にSwiftのサンドボックス環境を作った訳で。

開発をしない僕、さとーには中身はわからないけど、IBMがApple製品および、Appleのテクノロジーに対して結構本気だってことが伺えた次第。

IBMがコミットしたからってなんだょ?

って話でもなく…。

『IBMさんWindowsでも「Swift」をお試し可能な環境をCloud上に提供。 #ibm #apple #swift』…の続きを読む IBMさんWindowsでも「Swift」をお試し可能な環境をCloud上に提供。 #ibm #apple #swift

記事を共有